• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.289『条件』 (週刊少年ジャンプ 2009 年 01 号)

マンガ作品を読んでいて「大前提を疑う」場面に感心することが多い。

例としては『カイジ』が分かりやすいだろう。読者は、作品の中でルールを読まされると、めったに疑わない。それを信じなければ、何も信じられなくなるからだ。『カイジ』では、前提となる条件を何度もひっくり返した。だが、それによって悪い意味で「だまされた!」と感じる読者はいない。そのバランスと発想が最高に面白かった。

我らが冨樫作品でも、大前提ひっくり返しで楽しませてくれる。とくに、『レベルE』から その芸風が色濃くなってきた。ただし、『レベルE』では「話の流れを壊す」ことがメインで、『H×H』では「キャラの設定を壊す」ことが主である。ヘタをすれば「キャラが安定していない」と取られかねないが、そう思わせないのが見事だ。

「不良が雨の日に子犬を拾う」のような(たとえは最悪だが)意外な一面を描いたり、成長の過程で心情が変化したり、さまざまにキャラが変化していく。それでも、その人物の芯は揺らがない。

今週号では、ユピーの変化が明確に描かれた。それが良いことかどうか、分からない。ユピー自身も戸惑っているようだ。彼の怒りは、思いは、そして生きるためには、どこへ向かうべきだろうか……。

モラウの叫び

ユピーが対等の条件を提示してからの展開が熱い!

モラウが叫んだあとのメレオロンが取った行動を、初めて読んだときには理解ができなかった。「なぜ、いま?」と。モラウを見捨てた、と誤読してしまった。すぐあとで行動の真意が分かり、納得できた。もし、この場面で「次回へ続く」となっていたら、メレオロンに不信感を抱いたまま一週間を過ごすところだ。

ただ、それでも気になる点がある。この時のメレオロンは、ナレーションによると我に返ったそうだ。それまでは正気ではなかったことになる。しかし──ナックルが登場する直前にしようと思っていた行為と、今の行動は変わりがない。ささいなことだが、ここが腑に落ちなかった。

命懸けの全て !!!

ふたたび、「何のために戦っているのか」が問われる場面である。

ここで、ナックルのハコワレについて、そして冨樫マンガの欠点と利点について、素晴らしい考察のページを紹介する。

そろそろ次のハコワレ算をしておくか(HUNTER×HUNTER・No.285『分身』) - フタゴ・フラクタ

そう、ナックルのハコワレって、本当に「一発当てたらあとは逃げ回るだけ」が最強の戦略になるのだ。「理に合わない戦いに身を投じるナックル」ではなく、クラピカやキルアあたりが習得するべき能力に思える。ナックルの逃げ足の速さには合っているが、性格には合わない。

とはいえ、この場面でナックルと違う決断をする人物は、討伐隊の中にいるのだろうか? メレオロンも、ハコワレの能力者が自分だったら、今と同じ考えは しないだろう。──そう願う。

ところで、相変わらず見開きの使い方が上手だ。──と思うのは冨樫ファンだけである。他の読者から見れば、たんにシュールで笑える絵か、手抜きかに見えるだろう。両方とも当てはまるのだが、それでも良い絵に見えるのが冨樫マジックである(オレ、だまされてる?)。

やなこった

もう、ユピーって仲間で良くね? と思った。「好敵手」と書いて「とも」と呼ぶ、みたいな。

本当の意味で、ユピーが仲間になる──ナックルたちと行動を共にすることは、ないだろう。それは、あってはならないこと──ネテロ会長と王との会話を聞いて、そう確信した。

──いや、読者のひとりとしては「和解して丸く収まる」終わりをいまでも望んでいるが、それはハンター世界の破壊を意味する。『幽☆遊☆白書』を繰り返す気は、作者にないだろう。

作者が残酷なのは、王と護衛隊を「完全な悪」と描かないところだ。その上で、なんとなくキメラアントと人間との共生の道を臭わせつつ──完全に否定してしまう。この作品が(完全超悪が出てくる)勧善懲悪ものだったら、こんなに悩ましい展開にならないのに……。

戦いを通して、ユピーは王と同様に生かすに足る人間がいる事を知った。王にとって大事な人間・コムギを救うことで、ピトーも同じ事を察しただろう。しかし、プフは納得できないのでは。それが、いま一番危険に感じる……。

[2] このページの一番上へ戻る