• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『007 慰めの報酬』 (Quantum of Solace)

Daniel Craig as James Bond CreativeCommons Attribution-NonCommercial-ShareAlike License, Matthew Leader

土曜日(2009/01/17)の夜、「007」シリーズの最新作を 109 シネマズで見てきた。正式な公開は 2009/01/24(土)だが、先行上映会をやっていたのだ。

じつに面白かった。いきなり派手なカーアクションから始まり、中だるみなしに最後まで進行していく。前作は 144 分と長かったが、本作はわずか 106 分である。しかし、物足りない感じはしない。むしろ「詰め込み過ぎなのでは」と思えるほどの内容だ。

迫力のあるアクションシーンが多い。何でも器用に乗りこなすボンドが、血と汗にまみれながら戦う。見応えたっぷりだ。

しかし、自分には静かな場面のほうが印象に残った。戦いが終わり、砂漠から帰ってくるシーンのしんみりとした感じが好きだ。

誤解を恐れずに言うと、「007 シリーズにしておくのが もったいない映画」と感じた。

これは、別に「007 は古いから もういい」といったシリーズを否定する意見ではない。そうではなく、「慰めの報酬」が新しいジェームズ・ボンドを描こうとしているのに、「007 シリーズだから」という「お約束」を入れている、と感じたからだ。

──つまりは、あまり 007 っぽくない。往年のシリーズ作品を懐かしんで劇場に足を運んだ人は、「オレが見たかったのはコレジャナイ!」と叫びたくなるかもしれない(アナウンス「館内ではお静かにお願いします」)。

ストーリィが前作の一時間後から始まる。復讐ならぬ復習が必要かもしれない。「組織内に裏切り者がいるのだな」とだけ理解していれば、なんとか話について行けるだろう。

『007 カジノ・ロワイヤル』 新生ジェームズ・ボンドに違和感 : 亜細亜ノ蛾

オープニングとエンディング

Bolivia self-portrait
CreativeCommons Attribution-NonCommercial-ShareAlike License, Ole Begemann

オープニングは、音楽のプロモーションビデオを見ているようだ。音楽と映像は 80 年代あたりのディスコという雰囲気である。正直、「──なぜ?」という感じだが、本作の重要な舞台である砂漠をモチーフにした、見応えのあるオープニングだった。

なんとなく、オープニングは「ボンド(男)はボンドガール(女)には敵わない」という映像にも見えて面白い。

エンディングも見逃せない。007 らしい、おなじみのアレである。オープニングで使わなかったのは、やはり新しい 007 を描きたかったのだろうか。

ボンドガールたち

ヒロインであるカミーユ役のオルガ・キュリレンコ(Olga Kurylenko)が良かった。バツグンだ。

オルガ・キュリレンコ - Wikipedia

はっきり言って、カミーユはベッタベタの設定だ。だが「戦うボンドガール」としては説得力があった。現代では、ボンドガールも守られるだけの存在ではダメなのだ。

もうひとりのボンドガールである、ジェマ・アータートンも良い。

ジェマ・アータートン - Wikipedia

画面に初めて出てきたときには「──大丈夫か、この女」と思ってしまった。ジェマが演じるフィールズは、それなりに重要な仕事を引き受けている人物だ。それなのに、手入れが行き届いていない髪型とコートが、アブナい女性に見えてしまう。不思議ちゃんというか、SF 映画に出てきそうな感じ。

──そうそう、ちょうど今週の『ピューと吹く! ジャガー』に出てきたアルト(劇場版のキャラ)が、フィールズに似ている。ここまでアブナくはないが、根っこは同じに見えた。

@nifty映画 - ピューと吹く!ジャガー ~いま、吹きにゆきます~ 真木よう子 インタビュー

そうかと思ったら、パーティでフィールズは一変する。これだから、女性には油断がならない。

残念ながら、フィールズは途中で退場してしまう。物語から彼女が去る姿は印象深い。もっと見たかった。ジェマは、この映画をきっかけに出演作が増えるだろう。これからが楽しみな女優だ。

ジェマ・アータートンの画像 - allcinema (左がオルガ、右がジェマ。まさに両手に花)

愛する、とは

新生ボンドは女性に冷たい、と言われている。友人に対してボンドが取ったある行動からも、余計に冷酷無比に思えてしまう。

そのわりに、前作のヒロインである「ヴェスパーのことを引きずっている」とボンドは言われ続けている。少し、しつこいくらい。もうちょっと、放っておいてあげたら? と思った。

さて、そのクールなダニエル・クレイグ版のジェームズ・ボンドは、本作のボンドガールのどちらを愛していたのか。

──というか、ちょっと下世話な話をすると、「一夜限りの関係を持った」のはどちらだったか、というのが興味深い。抱くから愛しているのか、愛しているから抱かなかったのか──解釈は分かれるだろう。

自分は、ベッドシーンがあった相手のほうをボンドは愛していた、と思う。なんというか、男性として。ボンドからすると、もう一人のほうへは保護者のように接していた、と見えたのだ。同じ「愛する」対象でも、違う意味という感じ。

オープンカラー対スーツ

ドミニク・グリーンという悪役が登場する。この男が くせ者だ。一見すると悪のボスには見えない。せいぜい、小さい組織の幹部くらいの小者に感じる。

なにより、ほとんどの場面でドミニクはラフな格好で登場する。そこがボスらしくない。パーティのシーン以外は、アロハのような、ゆったりしたオープンカラーシャツで通しているのだ。組織にとって最重要の取引の場面でも、「ちょっとツレとコンビニ行ってくる」感じ。

一方のジェームズ・ボンドは、つねにタイトでスタイリッシュな服装をしている。スーツは当然として、カジュアルなシャツでも「われわれ庶民が買う服より二桁くらい高い」と感じさせる。

そうか、これはオープンカラーとスーツとの戦い──つまり、ギーク対スーツの戦いを描いた映画だったんだよ!! な……なんだってー!! ──というのは冗談として。

それにしても、ドミニク・グリーンは服装といい、連れている部下の間抜けさといい、ボンドが倒すべき敵には見えなかった。途中の M と偉いさん(役職を忘れた)との会話を聞くと、ますますドミニクを倒す目的が見えなくなっていく。

砂漠に残る疑問

砂漠でのシーンで、思わず吹きだしそうになった。イギリス人らしい、ブラックなジョークである。しかし、周りからは笑いの空気が感じられなかった。これだからニッポン人は……(オーバーなリアクションで)。

すぐあとで M が補足してくれるので、このジョークが分からなかった人は少ないだろう。

Flickr で面白い画像を見つけた。何と言うことのない写真だが、本作品を見た人には この皮肉が伝わるだろう。彼が喉から手が出るくらい欲しかったものが、ここに映っている。

mobil
CreativeCommons Attribution-NonCommercial-NoDerivs License, Jo Hobbs

しかし、ほかの疑問が残る。いまさらだけど、ネタバレであることを注意して読んで欲しいが──自分で後頭部を二発も撃つことはできないはず。ということは、自殺ではない。では、誰が撃ったのか。おそらく、次回作でそれが明かされるのだろう。それとも、ボンドが引き返してきて撃った、とか? それはないか……。

復讐は誰のため?

死者は復讐を求めない」とボンドは語る。

このセリフを聞いて、「復讐は無意味だ。だからするべきではない」とボンドは言いたかった、と取った人もいるのでは。

そうではない。断じてそうではないのだ。ボンドが砂漠で何をしたのか、よく思い出そう。

復讐は死者のためにするではない。では、誰のためか? 慰められたのは誰か?

ジェームズ・ボンドは、孤独な男である。

[2] このページの一番上へ戻る