『バクマン。』 22 ページ 「邪魔と若さ」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 09 号)

Night Park (by mrhayata) (by mrhayata)

最近、ジャンプが面白い。そう思わないだろうか?

ファンとしては、『バクマン。』の面白さに作家も編集者も影響された、と考えてしまう。島本和彦先生が「なにやってんスか www」(賛辞)な格好をされたのも、本作品に『あしたのジョー』が出てきたからでは──というのは こじつけ過ぎか。

島本の感想文 | ガイナックス忘年会(コスプレ)

マンガの面白さに限界はない──そうサイコーは言った。その通りである。今週号の『バクマン。』を読むとよく分かる。本当に、原作者の底が知れない。

先週号の続きから、今回の展開・とくに後半を思いついた人は いるだろうか?

たとえば、今週号の前半部分だけを読んで「後半のネームを考えろ」と言われたとする。本編と同じかそれ以上に面白い展開を思いつける人は、プロの世界でも少ないだろう。それでいて、読み終わると自然な流れ・少年マンガらしい話に思える。それがスゴい。

今週号のジャンプで『バクマン。』は表紙を飾った。そのカラーイラストと本編との内容が対照的だった。

わるいな

いつもは詰め込みすぎなくらいセリフが多く、絵も密度が濃い。おかげで、感想を書き終わるまでに一週間が終わってしまう。それは自分が筆無精なのが原因だが……。

そんな中、極端にセリフが少ない公園の場面は目立つ。登場人物たちの表情も、背景も寂しげだ。そう、寂しい別れを思わせる──。

恋は理由なく始まりは訪れ 終わりはいつだって理由をもつ、と浜崎あゆみは歌う(「M」)。恋だけではなく、人と人との出会い・別れのすべてに共通するだろう。

偶然に同じクラス・近い席になり、たまたま忘れ物をしたのがきっかけで 2 人はコンビを組んだ。非常に危うい関係が壊れるには、十分な理由(仕事・恋愛)ができた。このまま 2 人は 離れるのか──。

前回からの流れで、「シュージンはヤケになって恋愛に逃げた」「サイコーはそんなシュージンに嫌気が差してアシスタントを引き受けた」と読んだ人もいるだろう。

しかし、サイコーもシュージンも、お互いの信用と信頼は変わっていない。──そう信じたい。

サイコーは、自分が前を見て先へ進むことによって、シュージンの帰る場所を作ろうとしている──そう思うのだ。仕事場にこもってマンガの練習に明け暮れるよりも、新しい環境で多くの物を得てくる。そうすれば、シュージンが書き上げるはずの素晴らしいネームが生きる、とサイコーは考えたに違いない。

一方、シュージンは闇雲にネームを描き続けるよりも、普段とは違うことをして作品に生かそうとしている。それに、これまた偶然から始まったとはいえ、恋人を邪険にするような男ではない。見吉の携帯小説を手伝う過程で、作品作りの役に立つこともあるだろう。

──ほとんどが自分の希望であり、「サイコーとシュージンには こうあって欲しい」という独りよがりかもしれない。それでも、信じるに値する人物だからこそ、ここまで言えるのだ。自分も人からそう思われるようになりたい。

邪魔に なってない?

最後まで公園のシーンは良い。こういうシンミリした話が好きだ。

何度も感想に書いてきたが、見吉はシュージンと つきあい始めてから、あまり好い思いをしていない。サイコーに妨害をされている、と言ってもいいだろう。もう少し高校生の女の子らしく、見吉は不満を持っても良いはずだ。

それなのに、シュージンたちの邪魔をしていないか、見吉のほうから言い出すのは意外だった。ずっと、それが気がかりだったのか。

見吉に対して、シュージンが投げかけた言葉は、たった一言だ。乱暴なようでいて、文句の付けようのない模範解答である。それに、たぶん 100% の本心だろう。なにごとも素直が一番だ。サイコーと見吉との間でバランスを保ち続ける、超人のシュージンらしい態度である。

『バクマン。』という作品──マンガ家の頂点を目指す 2 人を描く作品としては、公園でのできごとは不安の残る終わり方だ。まさか、このままシュージンがマンガをやめるとは思わないが……。

[2] このページの一番上へ戻る