• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

有頂天家族

Sake? Yes, Please. (by Jon Christall) (by Jon Christall)

「狸であったらだめですか」というまったく工夫のない台詞は、その頃の私が口にしたものだ。弁天は「だって私は人間だもの」と答えた。

さらば初恋。

『有頂天家族』 p.021

本書の主人公は狸(たぬき)である。──そう聞いただけで読む気を失う人は、はっきり言って損だ。

タヌキが人間に喰われそうになったり、タヌキ同士で争ったり、天狗(てんぐ)に恋したり──たくましく「うごうご」生きている面々の騒動が描かれている。タヌキ社会の何気ない日常が出てくるのだが、われわれ人間には特異に見える。

タヌキだけあって、主人公の矢三郎は人間によく化ける。そして、人間社会に溶け込む。同じように、天狗が普通にアパートで暮らしていたりする。

こう聞くと、よくある「タヌキの形を借りた人間ドラマ」に見える。しかし、そうではない。そういった一面もあるが、作者の「タヌキも天狗も大好き!」という思いのほうが強く伝わってくる。どちらかというと、「タヌキや天狗が描きたい」が主題で、分かりやすくするために仕方なく「人間ドラマを借りている」感じ。

矢三郎を始め、タヌキは「タヌキ的思考」をしていて、人間の感覚からすると異常に見えたりする。そこが面白いのだ。

まぁ、作者のブログ・「この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ」を見ても、「タヌキ好き」な一面は強調されていないので、自分が読み誤っているのかもしれない。それでも、面白ければ良いのだ。

photo
有頂天家族
森見 登美彦
幻冬舎 2007-09-25

きつねのはなし 新釈 走れメロス 他四篇 美女と竹林 夜は短し歩けよ乙女 四畳半神話大系 (角川文庫)

by G-Tools , 2009/02/09

有頂天家族 - Wikipedia

本書を読んだきっかけ

世に蔓延する「悩みごと」は、大きく二つに分けることができる。一つはどうでもよいこと、もう一つはどうにもならぬことである。そして、両者は苦しむだけ損であるという点で変わりはない。

『有頂天家族』 p.062

さて、本書を読んだきっかけは、友人に頼まれたからだった。人からの頼み事もまた、面倒なものである。

「人から勧められて借りたので、返すときに読んだ感想を聞かせる必要がある。でも、自分には読めない」と友人は言う。自分では読めない理由を聞くと、「タヌキが主人公で天狗が出てきたりして、現実的ではない」とのこと。友人は現実的な話しか読む気がしないそうだ。

なるほど、ファンタジィか……。自分もファンタジィものには詳しくないため、何となく読む前からイヤな予感がしてきた。

ところで、その友人というのは 9 歳も年下の かわいらしい女の子なのだ。「『推定無罪』ならぬ『推定 D カップ』」という謎の呪文も聞こえる。頼みを断わる理由は何一つない。それに、自分の説明を聞いて友人が感想を話せるようにできれば、「ごほうび」をもらえるそうだ。

──以上のような経緯があり、こころよく本書を手に取ったしだいである。なんだかハードカバーが輝いて見えるようだ。ページから面白さが漂っている。これは傑作に違いない。

冗談はさておき、本当に面白かった。それほどムチャクチャに現実離れしているわけでもないので、読みやすい。

読み終わるとすぐに、友人に説明しやすいように手書きでキャラクタの相関図を描いた。面白い場面を分かりやすく話して聞かせると、友人は自分でも読む気になったほどだ。

そのおかげで、ごほうびとして──ビールのつまみをもらった。ああ、ビールがウマい……。なんだか目を伝う塩水で湿気っているけれど。

ミステリィ読みとしては

Kanamara Festival・かなまら祭り・Tengu・天狗 (by triplexpresso) (by triplexpresso)

「俺はつくづく不思議だよ。なぜ俺は彼らを憎まないのだろうか。俺はあの教授がとても好きになってしまったし(……)」

「そりゃ、おまえ、阿呆の血にしからしむるところさ」

『有頂天家族』 p.170

本書はミステリィとしても読める。いや、ミステリィとして読めない本はない。

一番の謎は、下鴨家の大黒柱・矢三郎の父親だ。彼の不在が物語の中心にもなっている。父・下鴨総一郎は どこへ行ったのか?

徐々に真相に近づくにつれ、だんだんと不安になってくる。いざ真相が明かされても、なぜなのかが分からない。このあたりは、本当にミステリィ読みにはたまらないところだ。

一番のミステリィ──ミステリアスなのは、弁天の気持ちだろう。こればかりは、謎が解けない。たとえ、彼女が天狗ではなく人間でも同じだろう。

あとがき

私は言った。「面白きことは良きことなり!」

『有頂天家族』 p.312

森見登美彦さんのファンになったので、ほかの小説も読んでみよう。

読んだきっかけは不純でも、よい結果が得られたのは幸いだ。「ごほうび」も違う内容なら、もっと良かったのだが(たとえば、弾力性のあるたんぱく質の感触を楽しむ、とか)。

あと、唐突にアニメ版の『有頂天家族』を見てみたい、とも思った。『パプリカ』のスタッフならば、この不可思議な世界を再現できるに違いない。

『パプリカ』 アニメ映画らしい「悪夢のパレード」の映像 : 亜細亜ノ蛾

[2] このページの一番上へ戻る