• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 6 巻「カイメイ・ロック・フェスティバル」

She is here ! (by il0vePullip) (by il0vePullip)

この世で一番恐ろしいことは何だろうか?

多くの人は自分の死を恐れるだろう。しかし、死は誰にでも平等に訪れ、命を失うのは一瞬で終わる。誤解を恐れずに言えば、「恐れるほどのことではない」(ややこしい)。──こんな事を書くと「じゃあ、強盗にナイフを向けられたり火事にあっても恐くないのか」と言われそうだ。しかし、それは「死そのもの」を恐がっているわけではない。痛みや苦しみを避けたい気持ちのほうが強いはずだ。

幽霊や妖怪・お化けは論題である。しかし、「人の頭の中だけにいる、実際には存在しないモノ」を恐れるのは興味深い。いわば、勝手に自分で自分を怖がらせているだけだ。

自分がもっとも恐れるのは、よく知っている身近な人間の急激な変化だ。簡単に言うと、いわゆる「ボケ」の症状が出たり、まったく知らない一面を見たりするのが恐い。信頼を裏切られることも、根本的に同じだ。「こんな人ではなかったはずなのに──」という感じ。

これだけを聞くと、「何だそんなモノが恐いのか」と笑う人もいるだろう。そういう人は、少し想像して欲しい──。ある日とつぜん、自分の親兄弟や恋人・友だちが、アナタの事を他人のように見てきたらどうする? 平気でいられるだろうか。自分には、考えるだけでたまらなく恐ろしい。ロボトミー手術のことを例に挙げれば、自分の気持ちが伝わるだろうか。

実際、女の子に振られたら同じような事が起こる。昨日まではカレシ、今日からは他人──以下の存在。女性って、どうしてあれほど簡単に過去を「なかったこと」にできるのだろうか……。

本当であれば、それ以上に、「自分が自分ではなくなる」ほうが恐いはずだ。しかし、そのような場合──自分がボケてしまったら、そのことも理解できないだろう。だから恐くない──正確に言うと「恐がれない」。

そのせいか、自分は ほとんどの人と一定以上の距離を取り、関係が変化することを避けている。その代わりに、本当に親しい人に対しては、好意を変えない。どんなことがあっても自分からは離れたり裏切ったりしない、と決めている。それだけ信用できる人としか、親しくしないのだ。

さて、6 巻ではモモカ・吉備津 百香(きびつ ももか)が変わってしまった話が出てくる。けっこうギャグが多くて笑える話に仕上がっているが、自分にはモモカの舎弟の 3 人の気持ちがよく分かるのだ。

ただ、ヒメコのように変化を受け入れる姿勢も大事だと思う。自分も、そのように度量を広く持ちたい。

photo
SKET DANCE 6 (6) (ジャンプコミックス)
篠原 健太
集英社 2009-01-05

SKET DANCE 5 (5) (ジャンプコミックス) SKET DANCE 4 (4) (ジャンプコミックス) SKET DANCE 3 (3) (ジャンプコミックス) PSYREN-サイレン 4 (4) (ジャンプコミックス) SKET DANCE 2 (2) (ジャンプコミックス)

by G-Tools , 2009/02/15

第 51 話「Funny Bunny」

いつものように、ボッスンと椿との つばぜり合いから始まる。安心して読み進めると、八木のロックフェス宣言で度肝を抜かれた。

ここでの八木の描写が見事である。多くの読者にとっては「──え、何が?」だと思う。できる限り語ってみよう。

まず、八木はいわゆる「ツンデレキャラ」ではない。断じて否! である。キャラ的にツンデレ要素はないし、作者もわざわざハヤりものを持ってこない。そんな借り物がなくても完成しているキャラクタなのだ。

だから、ここで八木が照れたり(////)、「べっ、別に(以下省略)」などと言う必要はない。または、言いにくいセリフということでドモったりしなくて良いのだ。淡々と台本通りに「始めるぜ クソヤローども !!」と叫んで終わり、である。素晴らしい。

「篠原ァ! ──よく分かってんじゃねェか(ニヤリ)」と作者にビールを勧めながら言いたいくらいである(実際に会ったら「ド、ドウモ、初めして。いつもでます(声裏返りながら)」みたいになると思う)。

この手の無口な美少女キャラというと、やはり綾波レイを思い出してしまう。あれも「分かってらっしゃる」キャラだった。「あ……アリガト」と赤面するのが最大限の感情表現、というのが良い。カントク(庵野秀明氏)自身の分身という一面も見え隠れして、非常にスリリングでもある(アヤナミが好きなのかカントクが好きなのか……ああ!)。

いずれにせよ、無口な人物は上品な人しか描けない、と思っている。二番煎じを狙うような人が描くと、イヤラシイ根性(「綾波・長門に続け!」)がキャラクタを通して伝わるのだ。現実世界の女の子と付き合うときに、わざわざ彼女の親兄弟のことを気にする人は少ない。しかし、たまに見せる行動から「親のしつけはどうなっているのか……」と冷めることもある。同じように、創作されたキャラクタから欲に脂ぎった作者の顔が見えると、萎える。「親の顔が見たい」の逆パターンである。

ダンテが初めてバンドでの姿を披露する。もう少し長く多くのコマで見たかった、というファンも多いはず。いま思ったのだが、ビジュアル系バンドのメンバとしての姿が、ダンテの素の姿なのかもしれない。むしろ、スケット団に依頼に来るときは、ダンテにとっての非日常なのではないか。おそらく、ビジュアル系の人間が普通の(?)高校生と会話をしたら面白いのでは、という発想から生まれたキャラだろう。

MC を勤める八木や歌うダンテを見ると分かるが、人は特定の状況で水を得た魚のようになるものだ。現実世界でもほかのマンガでも同じである。しかし、このマンガの強みは、本来の力を出せない状況も生き生きと描ける点だ。

なんとかキャラを崩さずに捜し物を伝えようとするダンテ・弱々しい内面をさらけ出して依頼に来る八木・依頼がなくて部室でダラダラしているスケット団(これが本来の姿?)──こうした場面を描くことによって、画一的ではない人物になる。ただし、軸はぶれない事が重要だ。どんなに緊張したり落ち込んだりしても、ボッスンが依頼を放り出すようなことはない。

作者のあとがき・「セルフライナーノーツ」によると、この話は次のような思いで描いたそうだ。

不安で踏み出せない友達の為に一曲だけのライブ。描きたかったのはそれだけです。

何のヒネリもなく、むしろヒネってはダメなんだと思って描いた青春ド真ん中エピソード。

少年向けマンガ雑誌でありながら、ジャンプには意外とこの直球は少ない。自分は、ちょっと読むほうも照れくさくなる──そんなマンガが大好きだ。

第 52 話「イメチェンしたにょら☆」

この記事の冒頭で、知人の変化について書いた。モモカを見て舎弟の三人組が感じたのは、恐さよりも戸惑いや悲しみだろう。──そりゃ、ビックリもするよな、というモモカの変わりようだった。

もはやアイドルとなったモモカと、何の違和感もなくスイッチはスゴい。オタクにとっては狂喜乱舞(本当に踊る人いるよね)するような状況だというのに、普通に接している。やはり、スイッチは男らしいオタクだ。

携帯電話でブログを更新するモモカに注目だ。更新の前後で笑顔を絶やさないモモカが、文章を入力しているときだけ素の表情なのだ。これは細かくて良い。いわゆる「芸コマ」だ。このコマも笑顔で通すか、省略しても良いくらいなのに、あえてこう描く。

おそらく、「しょこたん☆ぶろぐ」の中川翔子さんも同じように更新しているに違いない。──ところで、彼女の愛称で検索すると、見てはいけないモノを見た気がする結果だ。自分のブラウザ・Firefox 3 はカスタマイズされているので、Google の検索結果が人とは異なると思うが。

[これはひどい]「しょこたん」をググると…… (by asiamoth) (by asiamoth)

モモカが無理をしていることを察して、ボッスンが彼女にかける言葉が優しい。自分で望んだのではないにせよ、モモカは結果的に友だちを裏切る形になった。それに対して、ボッスンは叱るのでも怒るのでもなく、モモカ自身に気付かせようとする。なかなかこの状況で「そりゃ ちょっと 切ねーわな」と言いながら笑顔は出せない。ボッスンは格好いい──たまには(アレ?)。

面白いことに、モモカは元の自分に返ろうとするのだが──きっかけは「姉さんが 啖呵切るのを 見て」なのである。あれだけボッスンのいい話を聞いても、けっきょくはヒメコの姿をモモカは追っている。でも、ボッスンもそれで満足しているだろう。ボッスンの良いところは、人を助けても見返りを期待しないところである。

第 53 話「クイズ戦士エニグマン」

最後は軽く笑える話で締める。

クイズは大好きだ。マンガでも多く読みたい。最近ではうすた京介先生の読み切り・『W 豆田一』(ダブルマメダイチ)が面白かった。

クイズの面白さは、答えを聞いて「──なるほど」と言うときのスッキリした感じにある。スッキリするためには、ある程度のモヤモヤ感が必要だ。モヤが強くても弱くてもいけない。しかし、クイズの難易度は人によって感じ方が異なる。誰が聞いても面白い問題は、かなり難しい。

さらに、クイズを題材にしたマンガは、もっと難しいのだ。単純に問題が面白いだけではダメで、出題の見せ方の工夫が大事である。その上でキャラクタを動かしてストーリィにも絡めて──どれだけ考えることがあるのか、想像もできない。

今回の話は見事だ。スケット団の個性が十分に生かされたまま、クイズの出題も解答も上手に描いている。残念ながら自分には聞いたことがあるクイズばかりなので問題そのものは楽しめなかったが、間の小ネタで大いに笑った(「ライオンのエサ」や「スイッチの描くボッスン」など)。

助手のクエッチョンは、個人的にかなりツボにはまった。ぜひとも再登場して欲しい。変装を取るとおとなしい、という性格でどうかひとつ──(何がだ)。

そして、早乙女 浪漫(さおとめ ろまん)をもっと多く登場させて欲しい。そんなに多く出るとストーリィ進行に支障が出ると思うが、作者の力量ならばなんとかできるはずだ。それはそれで、また長い感想になりそうで大変だが……。

[2] このページの一番上へ戻る