• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 25 ページ 「嫉妬と愛」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 12 号)

moleskine cover (by SlipStreamJC) (by SlipStreamJC)

今回も『バクマン。』は最高に面白かった! ただ、その核心部分を語るまではまだまだ先だ……。

サイコーは小学校の時 ほぼ 6 年間 暇さえあればノートに マンガを描いていたそうだ。「1 ページ」の冷め切ったサイコーからは想像することが難しい。

「どうしてそんなに打ち込んでいたモノをやめられるのか」と若い人は不思議に思うだろう。オトナになってからも同じことが言える人は、ちょっと、尊敬する。それだけ何かをずっと続けられた、ということだろうから。たとえその何かがゲームでもマンガでも。

自分は──そうか、中学生のころから「週刊少年ジャンプを毎週買う」があったか。それ以外には、続けていることはない。何も──ないのだ。

小学校の低学年のころ、当時は高級だったパソコン(正確にはマイコン・PC-8001mkII)を買ってもらってから、ずっとゲームが好きだった。ハタチを過ぎてもゲーム好きは変わらず、7 年もゲームセンタの店員として働いたほどだ。

それが──急にゲームへの情熱が冷めた。冷めてしまうと、なんと下らない時間を過ごしたのか──とさえ思う。ゲームに費やした時間やお金を、もっと有意義なモノに使えば良かった、と思った。「有意義なモノ」が何かは分からない(だからゲームをしていた)のだが……。

最近になって、急にゲーム熱が出てきた。なんのきっかけもなく、唐突に。去年の後半は、ずっと「DOOM 3」用の改造マップで遊んでいた。

Fragging Free - Doom 3 RoE を作り替えた Mod : 亜細亜ノ蛾 (何度もこのブログで宣伝しているが、日本でのプレイ人口は一桁なのでは、というくらいネットでも情報を見かけない……)

なるべく正直に語った(また自分語り)が、意図的にまるで「恋愛の話」に聞こえるように書いた。そう、好きなことに根を詰めることは、恋愛に似ている。だから──いったん好きになった以上は、そこから離れても無駄な時間とは思わないようにしよう。相手が物でも人でも、一緒に過ごした時間を大事に覚えておくべきだ。

あの頃好きだったキャラ

新妻エイジから学んだモノは、売れるマンガを描くためのコツや技法ではなかった。それが良い。自分は、てっきり、エイジから「週刊連載の感覚」を盗むのかと思っていた。まったく違う。

マンガをどれだけ愛しているか」──どこまでも、編集長・佐々木が言ったこの言葉を試されるのだ。ずいぶんと遠回りをしたが、ようやく自分の中に眠っていたマンガへの愛をサイコーは再確認する。熱い!

幼稚園以来かも……

一方、シュージンと見吉は──。まるでラブコメみたいな場面が展開されている。前回までのサイコーたち──男臭い仕事場とマンガ談義とのギャップがスゴい。しかし、よく考えると福田にはグッと来る展開なのだろうな、と思うと笑えた。

見吉の家は、ちょっと自分には奇妙な建物に見えた。なんというか──少し大きな地震が来たらすぐつぶれそうな気がする。「足下がお留守ですよ」な建て方では? 建築に詳しい人から、この家の構造に欠陥がないか教えて欲しいところだ。

意外だったことがある。見吉の部屋が女の子っぽいこと──は思った通りだが、シュージンは女の子の家に上がったのは久しぶりだったようだ。これは、見吉の前に付き合った子がいなかったという意味なのか、たんにカノジョの家に行ったことがなかったのか。どうでもいいことかもしれないが、気になる。

自分には、「シュージンが最近になって急にモテだした」というのが、いまだに信じられない。成績が優秀で運動もできて、ハンサムだ(マンガの場合、作中で容姿について描写がないと判断が難しいのだが)。「これでモテないのなら、じゃぁ何がどうやったらモテるんだよ!」と意味のない怒りがわいてくる。

しかし、小畑さんの画力を最大限に発揮して、シュージンを「勉強はできるけどキモメン」に描いても困るが……。こんな風に:

「そんな、し、深刻な顔するなよぉ、真城氏ぃ……デ、デスノートって訳じゃ ないだろ……フヒヒッ!」(いま、何万人もいろんな敵を作った気がする)

「あたしの携帯小説」

シュージンの邪魔になっていないかを聞いた見吉は、女の子らしくてかわいく見えた。しかし──今週号の見吉には、少し失望した。

周りに影響されたことは確かだが、見吉は自分で夢を決めた。(必要以上に)キラキラした目で語ったことは、ウソだったのか。

とはいえ──高校生の女の子だからね。おそらく、本格的なカレシはシュージンが初めてだろうし、いまは夏休みだ。これで、部屋にこもってパソコンの前で何時間もカタカタと小説を書いていたら──ちょっと怖い(たぶん、そういう人もいると思うので申し訳ないが)。会いたかったからと素直に言う見吉は、やはりかわいらしい。

積極的な見吉に対して必要以上に近づかないシュージン──ラブコメでは王道の展開だ。ラブコメは、たいていは「女の子が嫌い/ 苦手/ 怖い」という属性を持った男の子が主人公だ。しかし、シュージンは違う。自分(たち)の夢のために時間を無駄にできない、という姿勢なのだ。

抱きつく見吉からシュージンが離れるコマでは「弾力」の表現がスゴいことになっている。次のページの「ゆさ ゆさ」も──いったい何が揺れているんだあああ !?(答え: シュージンを揺さぶっているだけ) 「ここで やってよ」(何をするだァーッ)という見吉の声を聞いたあとの、ベッドを見ているシュージンの頭の中はどうなっているのか──!!?

ふぅ。さて──携帯小説の話は、たんに見吉がシュージンの足を引っ張っている、という描写なのか。それとも何かへの伏線なのか──意外な所へとつながっていく。

[2] このページの一番上へ戻る