• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 25 ページ 「嫉妬と愛」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 12 号)

How to Make Temakizushi [Step 1] (by naokomc) (by naokomc)

今週号のサイコーは、少しばかり問題のある発言(独白)をしている。

探偵マンガは 「ジャンプ」で大ヒット作がないだけで 少年誌では王道中の王道 詐欺師というのもいまの流行りだ

詐欺師が流行している、と少年誌に書くのはいかがなものか……。

しかし、探偵物がジャンプで受けなかったことは事実だろう。Wikipedia を見て思い出したが、『僕は少年探偵ダン♪♪』や『人形草紙あやつり左近』、『心理捜査官 草薙葵』、『少年探偵Q』といった推理マンガがあった。面白いことに、この 4 作品の中にガモウひろし氏と小畑健氏の名前を見ることができる。──あ、そうか、大場つぐみ氏じゃなかった(白々しい)。

『少年探偵ダン』とは、このような話である。

主人公・一刀両ダンは、父親の仕事中の事故で、お酢のビンの下敷きになり、頭に穴が開く。それ以来、お酢を頭に入れると推理力が冴えるようになった。一刀両ダンはお酢とアタッシュケースに入っていた「7つ道具」で、次々に事件を解決していく。

僕は少年探偵ダン♪♪ - Wikipedia

どう考えても、文字だけだとグロい。この文章からギャグマンガとは読み取れないだろう。ガモウひろしの(ヘタな)絵だからこそ成り立つ作品だ。原作: 大場──もといガモウひろし・マンガ: 小畑健でリメイクしたら、とんでもないことになるだろう。頭に「酢入り」で「推理」などとギャグを言っている場合ではない。

ところで──。『心理捜査官 草薙葵』か『少年探偵Q』か、または別のマンガかは忘れたが、「頭に酢を流し込んで殺害する殺人鬼」の話を読んだ覚えがある。当時は「──なぜ、酢?」と不思議で恐かった。『少年探偵ダン』とその作品のどちらが先だったかは覚えていない。──どちらかがインスパイアしたのだろうか。

なんという作品でその殺人鬼が出てきたか、知っている人はコメントください。お願いします。

photo
少年探偵団ダン 1 (1) (ジャンプコミックス)
ガモウ ひろし
集英社 1999-03

by G-Tools , 2009/02/19

いろんなジャンル

携帯小説を配信しているサイト上で、募集しているジャンルの多さをシュージンは気が付く。

正直に言うと、このページは意味がよく分からなかった。最後のページにつながってくるのだとは思うが、このカテゴリィの一覧からどうやって「あのジャンル」を選んだのだろう。

あと思ったのが、「恋愛物」と「ノンフィクション」があること。これって、自分の恋愛経験を赤裸々に書いた小説は、ノンフィクションになるのでは(アダルトかも)。そうなると、恋愛物はすべて妄想と言うことか。

お金入ったから

エイジのアシスタントをした 2 日分のバイト代を、サイコーはすぐに母親へ渡す。直接おじいちゃんに 渡さないことが気になるが、もらった全額をそのまま置いているようだ。

自分も高校生時代にバイトをやっていた。ワケあって、途中で辞めることになったが。高校から歩いて 10 分以内の所にあるスーパで、学校をサボって、学校に無許可でレジを売っていたら──当然のように見つかって停学を食らった。いま考えると、なんと頭の悪い高校生だったのだろうか。とても自分のこととは思えない。

稼いだバイト代は、当たり前のように自分がすべて使った。物心がつく前からずっと貧しく、母子家庭で母親に苦労をかけてきたというのに、プレゼントのひとつも買わなかったのだ。

少しでも早く仕事場を借りているお金を返したい、とサイコーは思っている。ちゃんと実践しているのが偉い。なかなかできないことだ。そういえば、新聞配達などのバイトをしながら、自分で学費を払って学校に通っている人もいるのだな……。いかに自分がヌルい人生を送ってきたのか、時々こうして思い知る。

くだらねー

サイコーは自分が昔に描いたマンガを引っ張り出す。何冊ものノートに描かれたマンガを見て、サイコーはくだらなさや絵のヘタさを感じている。しかし、自分には面白く見えた。むしろ、これくらいのレベルで載っている読み切りもあったような……。

川口たろうの『超ヒーロー伝説』に影響を受けていることが、一見して分かる。はっきり言って、『とっても!ラッキーマン』丸出しに見えるのだが……。偶然だろうか(何を今さら)。

1 番好きだったキャラ

小学生のサイコーが描いた作品・『サギ師探偵 ヒカケ』は、本当に面白そうだ。証拠のない犯人を 引っ掛けて証拠を出させる 詐欺師が主人公とのこと。いまでは似た作品はいくつもあるが、サイコーとシュージンならば面白く仕上げるだろう。

それにしても、バトルマンガで連載を目指していたのに、またもや路線変更をすることになった。ジャンルを変えるのはこれが最後になるだろう。バトルマンガすら踏み台にするとは、末恐ろしい──。

[2] このページの一番上へ戻る