『バクマン。』 25 ページ 「嫉妬と愛」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 12 号)

walkaway (by Meredith_Farmer) (by Meredith_Farmer)

サイコーはいつも強い意志で真っすぐ前を見て進んできた──と思っていたのだが、見方によっては流されているようにも見える。ふと、そう思ってしまった。

子どものころにマンガ家になりたかったのは、サイコーの意志だ。川口たろうの影響は大きいが、「おじさん」はサイコーにマンガ家への道を勧めなかった。

しかし、ふたたびマンガ家を目指したのは、シュージンの誘いからだ。亜豆との付き合いで「会わない」と決めたのは、亜豆である。さらに、描くマンガの内容をシュージンや服部が決め、エイジの影響で原点に帰ってきた。

それに、サイコーのおじいちゃん(と父親?)の意向で初めからサイコーはマンガ家になる道しかなかった、とも取れる。そうでないなら、何のために川口たろうの仕事場をそのまま残したのだろうか。

ただ、これは意地の悪い意見だ。それを言い出すと、ほとんどの人が他人の影響で人生を決められている。自分もそうだ。親と環境が違えば、違う人生を歩んでいただろう。

ある程度は周りに決められた枠組みの中で、サイコーは必死に自分の信じる道を行く。その道には、シュージンも一緒についてくるのだろうか──。

高木先生

サイコーとシュージンとの間では、すれ違いがまだまだ続いている。

4 週間もの間、シュージンがサイコーに連絡していなかった、という事実が驚いた。それを待ち続けたサイコーは、どんな心境だったのだろう。疑心暗鬼を生ず、の状態になったのでは。自分だったら、耐えられない。

2 人がすれ違っているやり取りは見事だ。シュージンはハッキリとネームを描いていることを伝えた。しかし、いまのサイコーには──公園で抱き合うシュージンと見吉を見たサイコーには、信じられなくなっている。前回の感想でも書いたが、自分は勘違いが中心の展開は好きではない。読んでいて「あー、もう!」とイライラしてくる。しかし、今回の 2 人のやり取りは、実際にも起こりそうな状況で納得できた。

今回のサイコーとシュージンは、お互いに まったく的外れなことを言っているわけではない。あとほんの少し、歩み寄りの姿勢があれば、すぐに誤解が解けただろう。いつもの 2 人なら、簡単にできたはずなのに……。こうして見ると、「見吉のせい」に思えてしまうのが(見吉が好きな自分には)ツラいところだ。

すっかりと秘書のようになっている見吉がかわいい。しかし──自分で小説を書くつもりは、まったくないようだ。それが少し残念である。小説家・見吉カヤを見てみたかった……。

一緒にいるのが普通だ

サイコーと亜豆が 普通じゃないんだって」とシュージンは言う。これは、いつもシュージンが言っていることだ。サイコーもいつもなら聞き流していた。どちらかというと、サイコーの中では普通ではない・つまりは「特別な関係」と思っていたはずだ。

それなのに、このような状況で言うと、険悪な雰囲気になってしまった。言われたサイコーも、亜豆との間を疑ってしまう……。悪いことは連鎖していくものだ。

とは言え──何度も何度も描いているが、中高生の恋愛で、ここまで耐える恋・しのぶ愛を続けられるのがスゴい。異常だとさえ思う。

たとえば、10 年以上も付き合った男女とか、夫が単身赴任中の夫婦とか、そういった強い結びつきや信頼の関係にあるのなら分かる。しかし、(小学校のころから好き同士とはいえ)付き合ったことのない男女が、ここまでお互いを信頼できるのは、普通ではない。

自分は「物語に共感は不要」と主張している。そうではない読者──共感を求めて本作品を読んでいる人は、サイコーと亜豆との恋愛を「うん、分かる分かる!」と思うのだろうか。もしくは、理想の恋愛として見ていたり。

自分は、「とにかく会えない人は、ダメ」なので無理だ。そういえば、古い友人がカノジョの条件に「会える・話せる・ヤれる」を挙げていた。生活の時間帯が合い、話題が合い、カラダの波長も合い──というところか。まったく同意である。「──それって、セフr(以下、自重しる!)

質問です……

サイコーからのメールを見た亜豆の表情が切ない。直前のうれしい笑顔との差が、余計に悲しく見える。

メールを出したあとのサイコーには、ものすごく共感できる。本作品を読み始めてから、一番サイコーに近づいた。いまのサイコーとなら、美味しく酒が飲めると思う(最近のネット事情からすると、架空のキャラでも「未成年への飲酒を勧めた」と通報・タイーホされたりして)。返事が気になって仕方ない・返信が遅い理由をアレコレ考える・挙句の果てに遠くへ行ってしまったと思う・返信が来ると光速で携帯電話を開ける──ものすごくよく分かる。

自分の恋愛も、そんなことの繰り返しだった。待つ側はツラい──が、待たせる側は決まって「ワタシも苦しい」と言う。「んなワケねぇーだろ! 待つほうがツラいに決まってる!!!!」──と 100 万回言いたかったが、涙を飲んで口をつぐんだ。生まれてから一生、「ブラウン管やモニタの向こう側の住人」にだけ恋をすれば良かった──というのは言い過ぎだが、たまには そう思う。

珍しく亜豆の心中が描かれる。しかし、難解だ。ガモ──大場先生、分かりません!

亜豆がサイコーと会わない理由は、本当に夢と約束を大切にしたいからなのか。夢はともかく、約束は亜豆が一方的に言ったものだしなぁ……。なんとなく、何かをごまかしているように見えてしまう。亜豆からすると、いまの付き合い方が自然な姿に見えるのだろう。しかし、サイコーに「強いる愛」になっている気がする。

恋愛マンガとして『バクマン。』を読んでいる人口がどれくらいいるか知らないが、女子の意見も聞いてみたい。亜豆って──どうなん? こういう恋愛は、アリ?

一人でマンガを描く!

サイコーがシュージンとコンビを組んで以来、はじめて自分ひとりでマンガを描く決意を固めている。自分は、これは良い決心だと思う。シュージンを信じる気持ちを持ちながら、それに依存しすぎない。必要であれば、自分が話を描く。そこには、ほどよい緊張感と厳しさを感じるのだ。

──まぁ、ストーリィ上、そんな展開にはならないと思うが……。

シュージンがネームを書いている場面は、少し違和感があった。いつもなら、シュージンが書くジャンルは次週で明かすだろう。そのほうが驚く。しかし──この場面で重要なことは、そんな どんでん返しではない。シュージンが描き上げるネームを、サイコーがどう評価するかだ。

会わない期間が恋愛を育てる。同様に、サイコーとシュージンとのマンガへの思いも、夏休みの間に熟成されただろう。2 人の描きたいマンガが一致した今、一番の傑作が生まれるに違いない。ただし、お互いを信じた状態で会えればの話だが……。

[2] このページの一番上へ戻る