• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 29 ページ 「文学と音楽」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 16 号)

Spicy (by doozzle) (by doozzle)

人気大爆発御礼巻頭カラー !! ということだが、カラーページは女子率 1% くらい(デフォルメされた見吉と背景のクラスメイトだけ)だったのが『バクマン。』らしいところだ(イヤミ)。

まぁ、カラーページに合わせてムリヤリにお色気シーンを挿入する、というマンガでもないけれど(別のマンガへのイヤミ)。

それに、見開きページのサイコーは迫力がある。手が込んでいるように見えるが、ごくあっさりと塗っているのだ。ジャンプ以外にも絵の仕事をこなす小畑健さんらしい、効率の良さを感じる。

内容も面白かった。新キャラクタの登場に新展開・我らが服部の七変化(表情がコロコロ変わるだけ)も見られた。

そもそも、この作品を読み始めて、「あれ、今回はイマイチだな……」と感じたことはない。なので「今週も面白かったです」と書けば終わるのだが、また 3 日間くらいかけて、ネチネチと感想を書く。

学校で寝とく

今回は、いきなり男臭い・汗臭いカラーページから始まって、笑える。

ここ数年、ジャンプの人気マンガからは、ひたすら男臭さ・汗臭さが消されていた。スタイリッシュな主人公たちが、オシャレな敵キャラたちと、お互いのダンディズムをぶつけ合う。そこでは、戦闘中に吐くセリフのセンスも勝利に影響する。

そんな中に投入された『バクマン。』は、「一見おしゃれなイマドキの若者が主人公のサクセスストーリィ──に見せかけた、時代おくれの男尊女卑な思想が満載のヤロー臭いマンガ」なのだ。

『バクマン。』に男尊女卑のニオイがプンプンすることは、自分の中では当たり前のことと思っている。ウェブ上では あまりそういった声は聞かないが、読むのをやめた女性の読者もいるらしい。

──まぁ、ハッキリ言って、この日本でそんなことを気にしていたら、読める作品がなくなると思う。ハルキとかハルヒとか、ね。

この作品に脈々と流れている「根性」「努力」といった汗臭い感覚は、今の読者には受け入れられないと思っていた。それに、地味なマンガ家の話だ。売れるマンガ家を目指す主人公の作品が、売れない、ではギャグだ。

それは、とんだ勘違いだったようだ。もう、「格好いい奴が勝利」という展開に飽き飽きしていたのだろうか。なんだかんだ言って、「頑張った奴が成長していく」ほうが好きなんだよね。

ただ、親の七光りが成功するというパターンは、『バクマン。』にも当てはまるんだよな……(サイコーの場合)。そう考えると、新妻エイジは、本当に天から才能を授かり、自分でモノにした天才かも。

ジャンプキャラは親の七光り : 亜細亜ノ蛾

そういえば、このマンガには、友情・努力・勝利・天才・そしてラッキー(運)という要素が出てくるな……(さんざん言われ尽くしているとは思うが)。

とっても! ラッキーマンの登場人物 - Wikipedia

おめでとー

見吉が かわいすぎる

──と何回も書いてきたが、今回は とくに萌え死にそうになった(本当に昇天したら、どうやって報道されるのだろう?)。

まず、デフォルメの描写が面白い。

金未来杯のエントリィを喜んでいる3 人は、まるで人形劇みたいだ。カラーページの見吉なんか、ウサギか何かを擬人化したぬいぐるみのようにも見える。『DEATH NOTE』では ほとんど見られなかった表現だ。

さらに、お祝いの発想が良い。

お祝いに手作りのカレーなんて、パーフェクトじゃないか。見吉が料理をつくるのは意外な感じもするが、部活の合宿の時などは、部員同士でご飯を作ったのだろう。それにしても「ケーキ買ってくる」でも「どこかに食べに行こう」でもなく、「カレー作ってあげる」なのである。最高だ。

そして、最後の笑顔である。

──この笑顔は、自分には複雑な表情に見えた。

サイコーが冗談で「見吉 愛してる(ハート)」と言い、シュージンが(もちろん冗談で)怒る。そして、笑いに包まれながら、カレーを作りに行く途中での見吉の笑顔なのだが──。

このコマは、記号的に「爆笑する 3 人」で良いはずだ。人形のように。それなのに、このページは このコマだけ、リアル絵の見吉になっている。そして、「ハハハ」とは笑っていない。

これは、今の今まで、どこかサイコーに遠慮する気持ちがあったのが、ようやく 3 人──いや、亜豆を入れて 4 人の輪に入れてもらえた、と見吉が感じたのではないか。サイコーのほうも、見吉をジャマに思ったり、嫉妬したりする気持ちも完全に消えたのだろう。

いつもいつもこの作品には、「やっと、これから始まる」という印象を受ける。コミックスが 2 冊も出ているのに、新鮮な気持ちで毎週の連載を読めるのだ。

どこへ向かうのかフラフラしていた見吉だが、4 人の輪の中で本当の夢が見つかると、自分としても うれしい。シュージンの嫁、が夢でもいいのだけれど……。

──いま、イヤなことを思い出した。自分は一時期、スポーツジムに通った経験がある。運動不足のポッチャリ体形(笑)から、筋肉質なカラダに変わって、自分でも驚いた。しかし、やめてから半年もすると、二の腕が「誰の腕?」くらいにダルダルになり、それ以上に腹が出た。本当に「筋肉が脂肪に変わる」感じだ(実際は違うらしいけど)。

見吉も、もしかして……。

[2] このページの一番上へ戻る