Panasonic HDC-HS300

IMAG8491 (by tomi_ta) (by tomi_ta)

昨日の記事に書いた通り、「レンタルボンバー」というレンタル店で 2 台のカメラを借りた。そのうちの 1 台が、Panasonic の HDC-HS300 というデジタルビデオカメラだ。これも今なら 2 泊 3 日で 990 円になっている。

HS300|デジタルハイビジョンビデオカメラ|デジタルビデオカメラ|Panasonic

1920 x 1080 というフルハイビジョンのサイズで映像が撮影できる。音声は 5.1ch だ。シロウトが遊びで使うには、ちょっとゼイタク過ぎる気もする。

本体に 120GB の HDD を内蔵しており、フルハイビジョンの映像を 31 時間分(!)も残せるのがスゴい。

これだけのハイスペックなのに、本体とバッテリィ込みで 520g しかないのだ。500ml のペットボトル入り飲料と同じくらいの重さである。HDC-HS300 はストラップでガッシリと持てるため、ペットボトルを持つよりも軽く感じた。

そういった技術的な話は置いておいて、とにかく簡単に誰でも使えるようにしてある。ボタンが少ないことが気になったが、液晶画面がタッチパネルになっているのだ。これも、直感的で分かりやすかった。

残念なところ

良いところばかりではなく、気になった点も書いておこう。

まず、ビデオの記録を HDD モードにすると、起動がかなり遅い。正確には測っていないが、10 秒くらいかかる。このあたりは、もう数年あとのビデオカメラでは解消されるだろう。

液晶パネルを閉じると待機モードになり、すこし起動が速くなるので活用したい。または、大容量の SD カードを利用するか、だ(自分は検証していないが)。

PC で動画を再利用

さて、ビデオを撮ったあとが問題だ。どうやって動画を利用しようか?

「愛情サイズ」で撮ったあとは|Panasonic

レンタルボンバーでは、ビデオと同時に付属の CD-ROM も付いてきた。しかし、「動画の編集くらいオレに任せろ!」と自分は根拠のない自信に満ちあふれていた。その CD-ROM は使わなかったのだ。──それが間違いとも知らず……。

動画ファイルを PC へ取り込むことは簡単だ。USB ケーブルでつなぎ「*.MTS」ファイルをコピーすればよい。問題は、再生や編集が難しいのだ。

ビデオの機種は異なるが、下記の検証ページが分かりやすい。結論がページの最下部に まとめられている。

PanasonicビデオカメラのMTSファイルの再利用

──しかし、現在、自分の環境では動画ファイルの再生も編集も正常にできない……。どうも、フレームレートが異常なのか、映像が遅いのだ。また解決したら記事にしよう。

まとめ

現時点では、PC 上で まともに再生が行なえない。これでは評価ができない状態だ。素直に付属ソフトの HD Writer で DVD にコピーしておけば良かった。

まぁ、ここをご覧いただいている みなさんは、同じ失敗をしないように参考にして欲しい。たとえば、上の Amazon へのリンクから購入して試す、とか……。

[2] このページの一番上へ戻る