シグマ DP1 マニアック・マニュアル

Live (by williamchu) (by williamchu)

「シグマ DP1」という、「超」が 256 個くらい付くマニア向けのカメラがある。コンパクトデジタルカメラの外見でありながら、中身は一眼レフデジカメの映像素子を持っているのだ。

そのほか、マニュアルフォーカス用にダイアルがあったり、JPEG で撮ると 460 万画素しかなかったり、3 連写するごとに 15 秒も待たされたり、とマニアックすぎる仕様である。「漢(おとこ)のカメラ」と言えるだろう。

さて、今回紹介するのは、その DP1 について書かれた唯一の本である。ほかの高級デジカメは何冊も(軟弱な)マニュアル本が出ているのに、この魅力的なカメラの本を出す勇気があるのは何人もいないようだ。

ところが、カメラと同様に、内容にはクセがある。

タイトルに「SIGMA DP1」とハッキリ書いてありながら、中身は「横木流・撮影術」という感じなのだ。

著者の横木 安良夫(よこぎ あらお)氏といえば、スナップショットの名手である。ここでいうスナップショットとは、「構図や露出などを考えず、お気軽に散歩道などで簡単に撮ること」──ではない。盗み撮りとか速写と言われる手法のことだ。

──念のために言っておくと、「盗み撮り・イコール・性犯罪」と短絡して考えるのはやめよう。むしろ、その思考には注意が必要だ。

本書では、横木氏のお得意とするスナップショットについて、多くのページを割いてある。「DP1 でタクのレオナルドちゃん(ウェルシュ・コーギー)でも撮ろうかしら」というマダムが、うっかりと本書を手に取るとビックリするだろう。

なんだか本書を読むと、氏と同じようなスナップショットの愛好家のために DP1 は作られた、というように思えてしまうのだ。──どちらかと言うと、スナップショットに最適なカメラは「RICOH デジタルカメラ GX200」だと思うが、それはまた書く。

とはいえ、DP1 を買って本書に手を出す人が、「子どもの運動会」や「ウチのペット」ばかりを撮るだろうか。もっといろいろな被写体を求めて街や野に繰り出す人には、本書の作例が大いに参考になる。すべての写真には、撮影データが明記されているのだ。

後半には横木氏が提唱する「CreCo(クリコ)」というレタッチ法も載っている。写真の良さを引き出すこの手法を、ぜひとも試して欲しい。自分も最近ハマっている。

滝口 はるな さん

本書で一番よかったのは、モデルの滝口 はるな さんの写真だ。一目で惚れた!

必死に調べたのだが、ウェブ上には情報が少ない。下記の事務所に所属しているようだ。

滝口 はるな - セントラルジャパン

名古屋の栄にある事務所なので、なんだったら行ってこようか──と思わせるほど美しい人だ(事務所に行っても窓口の人に「──で?」と言われるだけだろう)。

横木 安良夫氏について

自分の中で勝手に、横木氏を写真の師匠と思っている。

ALAO YOKOGI PHOTOGRAPHS HOME

横木氏の著作である『ベトナムGXトラベラー』には、Amazon で面白い書評(文句)がついている。ひと言で言うと「タイトルに偽りあり」とのこと。「RICOH Caplio GX100」の専門書と思って買うと、痛い目に合うというか、不快な思いをするらしい。

まぁ、愉快な意見ではある。『リコー GX100 使いこなしマニュアル』というタイトルでもないし、横木氏の単著だし、GX にはいろんな意味があるし──。この人は、『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』や『原稿用紙10枚を書く力』を読んでも「自分には できなかったぞ!」と怒るのだろうか。

GX - Wikipedia

それを言うなら、『DP1 ──』のほうがタイトルと違うよね、というのは上で書いた通り。下のエッセイ・写真集の続編といったほうが近いのだ。この本も、いろいろと紹介するのが悩ましい。表紙を見れば分かると思うが。

CreCo はオススメ!

しばらく前から、自分が撮影した写真を「CreCo(クリコ)」で加工している。

CreCo は、横木氏と hana さんが名付けた手法だ。

暗室で手をかざしてなさっていたような一連の焼きの作業を、明室でフォトショップを使って行っているんですよ。焼き込み、覆い焼きを行って作家のイメージを明確に出していく銀塩プリントと同じ処理ですよ。だから写真が良くなるというか、完成するというか。横木さんに処理の仕方を教えていただいて、一緒に名前をかんがえたのですよ!CReate Control(CReCo)なのです。

hanaの東京写真散歩  Photoing TOKYO --1/10エイ出版社より hanaの東京ご近所写真散歩 発売--

そう、デジタルカメラで撮影して終わり、というのではなく、もう一手間の愛情を注いで完成させるのが CreCo なのだ。

愛情と言えば、女の子の顔をアップで撮って、そのままデジカメ写真店でプリントして渡す──というのは愛情不足である。女性が出かける前に何分も鏡の前にいるのは なぜなのか、をもう少し考えよう。カメラの目は、女性の仮面を はがすのだ。

写真とレタッチについては一家言あった自分だが、「失われた 5 年間」のために、すっかりと写真の興味が薄れていた(たんに極貧状態でカメラが買えなかっただけ)。最近になって、カメラへの情熱が急に蘇ってくる。これからも、面白いカメラ・写真について紹介していきたい。

[2] このページの一番上へ戻る