• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 35 ページ 「嬉しさと寂しさ」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 22・23 合併号)

赤煉瓦とハイヤー (by nodoca) (by nodoca)

週刊少年ジャンプ編集部のバクロ話が好きな人も多いだろう。これから編集者を目指す人や、マンガの投稿先を集英社と決めている人にも、『バクマン。』は参考になる。

しかし──それよりも、ジャンプで連載しているマンガ家さんの逸話を知りたい人のほうが多いはずだ。

ジャンプの新年会へサイコーとシュージンが参加する。このマンガでは、学園マンガにアリガチなイベントごとは省略されるが、新年会の様子は描かれるだろう。そうすると──ほかのマンガ家も出てくるかもしれない。

想像するに、「名前は同じだけど、すこし本人とは違うマンガ家」が出るのではないか。服部哲は名前のモデルと顔の参考が違う──それと同じように。

週刊少年ジャンプ編集部: バクマン。 - Wikipedia

もしくは、本当に実名入りでジャンプ作家が登場するのだろうか。小畑健先生が描く冨樫義博先生が見てみたい! ──あ、もうジャンプで連載をしていない人は新年会に来ないのかな(※休載中です)。

僕達も 行くんですか

上で書いた事は 100 万回言われているネタである。冨樫先生と言えば休載、休載と言えば冨樫先生だ(?)。

ところが──連載してる先生は全員が出席するらしい。冨樫先生は、この条件に当てはまるのかが疑問だ。

別に非難しているわけではなくて──。「どうして休載しているんですか?」と純粋な目で冨樫先生へ質問する新妻エイジを想像した。それに近い事が描かれそうで、すこし期待していよう。

ハイヤー廻すけど

亜城木の 2 人が面喰っている。連載の一話目が始まってもいないのに、ハイヤーを手配して新年会へ向かう話を聞いたからだ。

ただただ面白いマンガを描いていればいい──というところから、急に高校生には現実離れした話を持ってくるところがウマい。たとえば、なんとか連載も続いて、コミックスの 1 巻も発売された──というときに新年会が来たら、これほどのインパクトはないだろう。

別名は強制連行会と呼ばれる新年会を開くところを見ると、やはり、ジャンプの編集部は体育会系のノリだ。自分には、ツラそうな感じがする。

惜しくも連載を逃したので参加できないが、この会に福田・中井・蒼樹がいたら、もっと面白くなりそうだ。それこそ、大御所の先生と福田との口論が始まったり……。あ、それで福田の連載を見送る展開にしたのかも(考えすぎ)。

男の仕事場!

見吉が仕事場に来る事を高木が止めている。元々は見吉を快く思っていなかった真城のほうが、彼女をかばっているのが ほほえましい。

このやり取りには、すこし疑問がある。シュージンが見吉の出入りを禁じたのは、どのような理由なんだろうか。

見吉が言うように、雑用係は いたほうがいいと思う。すべてをアシスタントと作家がする必要はない。トーンやペン先が切れそうなとき、締め切り間際で食事を作る時間もないとき──見吉がいれば助かるはずだ。

そうなると、「カレシとして」男ばかりのところに見吉がいる事をイヤがった、とも取れる。──が、どうもそんな感じでもない。

考えられるのは、「男の職場に女は不要!」ということだけだ。シュージンって、そんなに古い感性の人だったっけ?

今が 1 番 大事な時

シュージンの女泣かせ属性が炸裂する。イケメンで(かつては)勉強も運動もできる彼に頼まれれば、たいていの女子はイチコロだ。

今のところ、高木がマンガにしか興味がないことは、見吉にとって幸いである。仮にスノーボードやサーフィン・モデル・音楽などの世界でプロを目指す話だったら、カノジョの見吉は気が気でないだろう。

さらに、シュージンの世渡り上手ぶりが見られる。すぐに港浦とも和んで打合せをしているのだ。服部のときも、打ち解けるまでが早かった。相棒のサイコーには、この対人スキルが欠けている。本当に、うらやましいほどの相性が良いコンビだ。

自分は、たいていの人とウマく付き合えない。かつての友だち・恋人たちは、どこかへ行ってしまった。そして多くの人から、「○○(asiamoth の本名)は人をバカにしている」と言われる。自分には、そんなつもりは ないのに……。というか、正直、バカにするほどヒトに興味がないし期待もしていない。

かつて真城から「クラスの奴 みんな馬鹿に 見える?」と高木は聞かれた。そして、ハッキリとは否定していない。人当たりのいい高木だが、心の中ではどう思っているか分からないのだ。

それなのに、港浦に軽口を叩いても、シュージンは好感を持たれている。──そ、そのマテリア、どこにあるんだ? オレにくれ!

ファイナルファンタジーシリーズ - Wikipedia

女性が来るなんて

チーフの小河とほか 2 名のアシスタントが仕事場にやってきた。ひとりは女性である。一波乱がありそうだ……。

港浦が言うように、シュージンに彼女がいるからといっても、だから何? である。まぁ、それはそうなのだが──彼女が、アレだからな……。

さんざん出入り禁止を言い渡し、クリスマスイブも会わなかったのに、「話が違う!」と見吉から(愛の)キックが飛んできそうだ。ワクワク──いや、ドキドキする。

港浦と高木が話している間、アシスタントと真城は──にらめっこをしていて笑った。4 人とも、コミュニケーションが苦手なのだろうか。──同士よ!

アシスタントの 3 人は、見るからに濃い面々だ。女性も経歴からすると、根性がありそう。さらに、やっぱり「年下の先生」というのを気にする人もいるのでは……。

いろいろと不安だが、この先が楽しみだ。来週──はジャンプが休みなので、再来週が早く来て欲しい!

[2] このページの一番上へ戻る