日の丸構図について

Hinomaru Koi (by merec0) (by merec0)

写真の構図は数あるが、いわゆる「日の丸構図」は良くないと言われている。本当だろうか?

たとえば、ウェブ上では悪い写真の例として、この構図が挙げられているのだ。

日の丸構図 - Google Search

──あまり深く突っ込まないで流して欲しいが、「日本の隣」では、もっと盛大に「日の丸」構図が嫌われているのでは、と想像する(想像は自由だ)。

ナショナル ジオグラフィック曰く

たまたま(図書館で借りて)手元にある 2 冊の本にも、日の丸構図を避けるように書かれていた。

まずこちらは、人物の撮影について書いてある。

画面中央の配置を避ける

(……)

顔を画面の真ん中に配置したために、頭の上と両脇に余分なスペースができ、足が切れている、といった写真をよく見かけるし、誰でもそういう写真を撮った経験があるだろう。

真ん中に被写体を置いた写真は、たいていつまらない。

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 人物写真 (ナショナルジオグラフィック「プロの撮り方」シリーズ) (単行本) p.12

もう一冊は、風景写真における構図の説明だ。

中央の配置を避ける

多くの人が犯すミスの中に、被写体を中央に配置した「日の丸構図」がある。被写体が中央に置かれていると、写真の中心に視線が真っ直ぐに向かうだけで、そこへ至るまでのおもしろ味というものがない。

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 風景写真 (単行本)』 p.24

世界のナショナルジオグラフィックが言うのなら、デタラメではないのだろう。

ナショナル ジオグラフィック 日本版 NATIONAL GEOGRAPHIC.JP

──これまた余談だが、そういえばアメリカの国旗である星条旗のデザインは、構図の「三分割法」(1/3 ルール)と似ている。まぁ、これも流していただくとして……。

それにしても、さまざまな構図があるものだ。いったい、どんな構図が正解なのだろうか。

自分なりの結論は、「構図は どうでもいい。好きなように撮れば良い」である。日の丸でも三分割でも、もっと変わった構図でも良いのだ。

ただし、ちょっと週末の二・三日か、もしくは数か月単位で写真について考える期間をとって、きっちりと構図について考えてみる価値はある。その上で「構図など何でもいい」と言い切れたら、なによりだ。

上の結論と矛盾するようだが、自分はまだ「好きなように撮る」段階ではない。アレコレと構図について迷いながら撮っている。いつかは、構図のワナから脱したい。

──ん、構図のワナとは?

日の丸を笑う人こそ笑え

世の中には、写真の真ん中に被写体があるだけでバカにする人がいる。または、見当外れの批評をする人もいるようだ。

日の丸構図写真・・・ - Yahoo!知恵袋

自分からすると、苦笑するしかない。人にはそれぞれ主張があってしかりだから、「私とは違う意見ですね」と聞き流せば良いのだ。

しかし、「日の丸構図だから良くない写真」と「良くない日の丸構図の写真」とを本当に見分けられる人からのアドバイスを聞けるのならば、幸せな環境なのだが。

たとえば、下の美しい写真を見て、「日の丸構図だから」という理由で批判する人は、いったい写真の何を見ているのだろうか。

写日好日 : 日の丸構図

GH1 のレビューの中で面白かった下の記事も、「日の丸ネコ」が写っている。これは、構図に凝ったら作為的な味気ない写真になるだろう。

【LUMIX GH1】今後デジカメには必要な機能かも・・・【可動式液晶モニター】 新宿徒然日記/ウェブリブログ

蜷川実花の場合

数日前に紹介した蜷川実花さんの写真集も、被写体がド真ん中にいる写真が多い。『LOVE フォト』の表示に写っている土屋アンナさんなんて、上に書いてある頭の上と両脇に余分なスペースができ、足が切れている、という説明そのままだ。

蜷川実花の写真集『EROTIC TEACHERxxxYUCA』『girls' holiday!』 : 亜細亜ノ蛾

ちょっと想像してみる。彼女を知らない「写真業界のエラい人」に蜷川さんの「ザ・日の丸」写真を見せたら、どんな反応をするだろう。

──たぶん、10 人中の 8 人は「選外。被写体の魅力は良く出ているが、構図が単純だ。次回に期待したい。」「いわゆる『日の丸構図』は避けるのが無難です。有名写真家の写真を見て勉強しましょう」のような批評をするのではないか。

構図のための写真?

構図とは何のために存在するのか。

──いや、「構図」なるものは「存在」しているのではなく、人間が勝手に見ているだけだ。人間の幻想の中だけに「ある」。つまりは、勝手な意味づけだ。

構図は、写真の要素のひとつでしかない。あくまでも主役はメインの被写体で、それを引き立てる役目が構図だ。

あまり構図のことばかり考えていると、シャッタが切れない。それに、「構図のために撮った写真」など、誰が見たがるだろうか。古今東西の写真の中で、「構図が素晴らしい──から注目された写真」は何枚ある?

まとめ

前述したとおり、「構図(だけ)に こだわるのは愚かだ」と言いながらも、自分自身が構図のワナにはまっている。

ひょっとしたら、あと数 mm レンズをずらせば、もっと良い写真になるのではないか──と。そうしているうちに、シャッタチャンスを何度も逃した。

良い写真を撮るためには、こういう期間も必要だろう。カメラが手足のように扱えるようになれば、考えなくても自然に被写体の魅力的な角度が見えてくる。──そう信じたい。

[2] このページの一番上へ戻る