• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 36 ページ 「沈黙と宴」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 24 号)

The end:-) (by blogsorbeta) (by blogsorbeta)

この作品を通してマンガ家を目指す人は多いだろう。そんな人の目に、今回の話が どう映ったのか、気になる。

今回は、「マンガ家のアシスタントになるにも、かなりのレベルを要求される」ことが分かった。──マンガ家を志望した人もあきらめるのでは、とすこし不安になる。

おそらく、小畑健さんのアシスタントは、もっともっと能力を要求されるのだろうな……(『さよなら絶望先生』でそんなネタがあったはず)。

こんないい条件の人はいない!

(イマドキお下げの)女性アシスタントは、加藤(かとう)という。シュージンは若い女の人と見ているが、年齢は明かされていない。

──気が付いただろうか? 無神経そうに見える港浦だが、女性の年齢を公言するような失礼な言動はしない。だんだんと、港浦という人物の内面が見えてくるようだ。

真城と高木とのやり取りは、不思議な感じがした。

シュージンの気持ちを察して、サイコーのほうから見吉を呼ぶように言う──これは分かる。

しかし、サイコーが女の人 1 人より見吉がいたほうがやりやすくなるというのは意外だ。なぜだろう。女性と一対一になるわけでもないのに。

ジャンプの主人公の大半に備わった属性である「本命以外の女性は苦手」が発動したのかもしれない。──そういえば、『シティーハンター』の冴羽 獠(さえば りょう)みたいな主人公は、もうジャンプには登場しないのだろうか……。

無口なアシスタントは、高浜(たかはま)という。一見して取っつきにくそうな、一癖も二癖もありそうなタイプである。

真城が心の中でツッコミを入れているが、たしかに、アシとして未知数の能力ってなんだよ! と思う。港浦は物事や人の良い面しか見ないのだな、と分かる場面だ。

すぐ手配する

港浦と小河は、テキパキと仕事場の環境の整える準備をする。

二人の格好だけを見ると、まるでお笑いコンビのようだ。港浦がボケて小河がツッコむ。あるいは逆か? ──自分は門外漢なので、BL 的な意味あいで書いているわけではない。ご注意ください(?)。

小河の横顔は、初期のころのパクノダに似ている。パクノダも初期と後期では、ずいぶんと表情も印象も(というか骨格から何から)変わった。初めて見た時には不気味な存在にすら見えたパクノダに対して、まさか、あんな感情を抱かされるとは……。

HUNTER×HUNTERの登場人物 #幻影旅団 - Wikipedia

本当に小河はファッションモデルのようだ。スラッとしていて背が高く、顔もこれくらい「濃い」ほうがファッションショーで目立って良い。「小河のモデル」となったモデルが実際にいるのではないか(ややこしい)、と思うくらいだ。

たぶん、大場つぐみさんからは「クールで仕事が早いタイプ。容姿はヒョロッとした典型的なオタクみたいな感じ」というような指定があったのだと想像する。それが、小畑健の手にかかればモデルになってしまう。

高浜だって、「無口で何を考えているのか分からない。不気味」みたいなキャラクタの設定だろうが、一昔前の「アフタヌーン」の読み切りあたりでは主人公が勤まりそうだ(「アフタヌーン」を低く見ているワケではなくて、ジャンプでは考えられないような人物が主人公になる、という意味)。

デッサンの狂い

「絵がウマい」真城でさえ、右向きの顔だけ 苦手であることに驚く。実際に描いてみると分かるが、本当に右を向いた人間は描きにくい。そして、一回でもそれに気が付くと、もっと難しく感じる。

そういう意識でこの見開きページを見ると、ほとんどの人物が左を向いているのだ。──そうか、小畑先生のレベルでも右向きは難しいのか、と安心したりする。

加藤と高浜に対して、小河は いきなり絵の仕上げを要求した。二人の実力を見るためだ。さらに、亜城木先生の絵に合った その他大勢の人物を白紙から仕上げまで描くように、という指示も出す。

小河の指示を聞いて、すぐに応えられる二人もスゴい。とくに、高浜はアシスタントの経験がないはず。それなのに、他人の絵柄に合わせて描けるのだ。

この数コマを読んだだけで、「自分には無理だ」とジャンプを放り出したアシスタント志望の人もいるのでは? それとも、マンガ家のアシスタントだったら、これくらいは当たり前なのか……。

我々は今日は これで

加藤・高浜の仕上げ作業を見て、即座に小河は役割分担を決めている。おそらく、高浜のほうが実力あり、と見ているようだ。もしくは、高浜の描くモブは、亜城木夢叶の絵柄に合っているのだろう。

それにしても、港浦も小河も話の進め方が早い。あっという間に、次の日からアシスタントが入ることになった。服部は じっくりと慎重に決める性格だったから、こうならなかったかもしれない。

連載が近づいてくるにつれて、じょじょに亜城木の 2 人だけで完結する話では なくなってきている。このあたりは、マンガ家によっては「自分が作った作品なのに、自分の物ではない」感覚になるのだろう。しかし、そんなことを言っていては、マンガの連載はできないのだ。よっぽどの天才ではないと……(冨樫先生とか)。

打合せ 少しやっておこう

3 話目までのネームに対して、港浦は何も言っていないらしい。シュージンが気にするのも当然だ。

「服部が良しとした話」だからだ、と港浦は言う。ダメだったら先輩の責任とまで言うのは意外だった。ただこれは、港浦が自分の責任になることを避けている、という意味ではない。あくまでも、連載会議を通過した話に手を加えられないというルールがあるのだろう。または、服部のことを先輩として立てている、ということか。

はたして、港浦は『疑探偵 TRAP』を、どう思っているのか──。

[2] このページの一番上へ戻る