• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 3 巻 「デビューと焦り」

Broken Heart (by Gabriela Camerotti) (by Gabriela Camerotti)

とうとう『バクマン。』の単行本も 3 冊目である。

驚くべきことに、まだ連載が開始されてから 1 年も経過していない。もう 3 年くらいは この作品の感想を書き続けている気がするのだが……。

3 巻の見どころ

見どころは、表紙を見れば分かる。若き天才の(かなり変わった)言動に注目だ。

明らかに勝ち目のないライバルに立ち向かうサイコーにも着目して欲しい。

あとは、見吉の──胸とか……。

(見吉の胸の内・つまりはオンナゴコロを分かってあげよう、という意味)

大場つぐみさん・小畑健さんのネームが見られるのも、コミックの楽しみである。とくに、大場さんが描く見吉は小学生のようだし、最後のページでは「ネコ耳の亜豆」が見られるのだ。

大場さんが描いた亜豆を見て、昔からのジャンプファンは必ず思うことがある。

「これは──『とっても!ラッキーマン』のみっちゃん?」──いいえ、ミホさんです。

本サイトの記事一覧

3 巻には「17 ページ」から「25 ページ」までの話が収録されている。

このブログから、該当する記事を引っ張り出してきた。リンクの上にカーソルを合わせると、概要がツールチップで表示される。

──まとめてみて分かったけど、感想、書きすぎ。

[2] このページの一番上へ戻る