• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 41 ページ 「テコと我慢」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 29 号)

20080608_001 (by radialmonster) (by radialmonster)

作品内で「バトル方向へ進むのは最悪」と繰り返し描かれると、ジャンプ内で連載されている作品を変な目で見てしまう……。アレとか、ソレとか。

そういえば、『遊戯王 』がヒットしたあとでも、安易に「カードバトルマンガが乱立」しなかったのは良い。低年齢向けのマンガ雑誌(コロなんとか・ボンかんとか)だったら、どうなっていたことか……。

まぁ、マンガから設定とキャラだけ抜き出して、いまもカードは売られ続けているのだが。

カードバトルの作品が増えなかったわりに、いまだに「人気が落ちたらバトル」へ移行する。ほかに手はないのだろうか──?

とはいえ、お色気路線が増えるのは雑誌の色ではないし、バトルってる『トリコ』は面白いしな! けっきょく、「マンガによる」ということだ。

このままじゃ駄目だと思う

高木が自らネームを描き直すのは、たいへん珍しい。それほどの危機ということだ。

小河は、『疑探偵 TRAP』ではアニメ化できない、と思っている。マンガを見る目がないと自嘲しながらも、他人の作品は冷静に見ているのだ。完全に仕事と割り切って描いているのは、プロと言えばプロらしい。もちろん、小河のような人、しかも仕事ができるチーフは ありがたい存在だが──、

でも、「マンガを描く」って、そういうことじゃねェだろう! ──そう思ってしまった。

ここで面白いことに、サイコーが「どう変えるんだよ」とシュージンに聞いている。ネームを変更する意見を最初に言いだしたのは、サイコーのほうなのに……。

これは、サイコーは話を作る立場ではないからだ。本作品を通して読んでいる人には、素通りするコマだろう。しかし、「主人公の 2 人はマンガ家」という設定からすると、違和感がある。2 人でマンガを作っているんだから、お互いに意見を出すべきではないか、と。

DEATH NOTE (13)』のインタビューを読むと、大場先生と小畑先生との間で、キャラクタの設定などを話し合ったことが分かる。L が完全な美形ではないのは、小畑さんからの提案だ(p. 62)。

おそらく、『バクマン。』では作品として分かりやすくするために、「話はシュージン・絵はサイコー」と完全に役割分担させているのだろう。

急がないと

上でも書いたが、高木は「最悪やっぱりバトル方向」という考えしかないようだ。ジャンプでは探偵物の大ヒットという前例がない。だから、ほかのマンガと同じような方向転換では成功しない、と思わないのだろうか。

そもそも、連載の当初と方向を変えて成功したマンガは、あまり覚えがない。

『トリコ』が「冒険物からバトル物へ変わった」と言えるくらいか。しかし、初めから戦いも視野に入れていたはずだ。まさか、「トリコが のんびりとフルコースメニューを完成させていくまでを描いた作品」にするつもりではないだろう。同じ冒険・バトル物である『HUNTER×HUNTER』が、初めは「ゴンがオヤジと隠れんぼする心暖まる家族愛の作品」のつもりだった、とか(ないない)。

挙がるとしたら

シュージンからの電話を受けて、港浦があせる。港浦は相田に相談するが、返ってきた反応は意外であった。

亜城木夢叶の連載は、次回の会議で打ち切りの可能性もある、と相田は思っているようだ。

相田の見解は、冷たすぎる。──そう感じた。

この場面で相田は、『疑探偵 TRAP』の方向性は間違っていないが、それで 駄目なら 仕方ないと言っている。ここだけを見ると、「いくらやってもダメな作品」と聞こえてしまう。

しかし、これまでの相田の言動からは、高校生の 2 人をプロのマンガ家として応援している様子がうかがえた。今週号を最後まで読めば、そこまで冷淡に『TRAP』を見ているのではない、ということも分かる。

このページでは、とつぜんのことに港浦が動揺している──という演出のために、「相田からも見放された」ような感じを描いたのだ。折り返しの電話も急がなければならない。本当に、細かいところまで神経が行き届いている。

明日でいいか?

結果論だが、打合せを明日に廻したのは、港浦の英断である。

さらに、打合せ通りの ネームを描くように、シュージンへ指示を出したのも良い。ネームの描き直しが間に合わない という保険にもなるし、代替案との比較もできる。

猪突猛進タイプに見える港浦だから、ここは「今すぐそっちへ行く!」となりそうなものだ。そうしなかったのはエラい。

これは、「判断の先延ばし」ではないのだ。決断のために必要な時間を取ったである。先延ばしとは、「決断する──ための時期は、また今度決める」ことを言う(その時期は永遠に来ない)。ここでの港浦は、打合せをするのは明日と明言している。

時期を決めて行動する、という話で面白いのは『捩れ屋敷の利鈍』での西之園萌絵だ。彼女の「思いつき方」は面白い。作者も同じように話を思いつくのだろう。以前にも記事を書いたので、そちらをご覧いただきたい。

「毎日ブログを更新する方法」 asiamoth(自分)流 : 亜細亜ノ蛾

港浦も雄二郎も溜息をついているが、両者の悩みは まるで質が異なる。

──このアフロは、担当する作品に恵まれすぎだ!

どんな風に

港浦からネームの変更について聞いた雄二郎は、それが当たり前という態度だった。アンケート結果が微妙な位置であれば、テコ入れするのは当然、というわけだ。

タイトルを見ても分かるとおり、このテコ入れの善し悪しが今週のテーマである。

『TRAP』の方針について、雄二郎と吉田が議論する場面が面白い。

雄二郎はテコ入れ推進派であり、吉田はテコ入れ反対派だ。編集者らしく、マンガについて熱く語っている。そこへ相田は「オトナの意見」で割り込んだ。服部はというと、「オレは港浦に任せたから余計な口を出さない」という態度である。

あたふたする港浦を含めて、キャラクタが勝手に動き出した──という感じだ。原作者の大場つぐみさんが、この場面はとくに描いていて楽しかったのでは、と想像する。

まぁ、マンガ家は全員、楽しんでマンガを描いている──と思いたいところだが……。

[2] このページの一番上へ戻る