• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 41 ページ 「テコと我慢」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 29 号)

Telephones - Bangkok ; "City Of Angels" (by Sailing "Footprints: Real to Reel" (Ronn ashore)) (by Sailing "Footprints: Real to Reel" (Ronn ashore))

今週号の『トリコ』にはビックリした。表紙を見ると、ある女性キャラが描かれている。彼女が楽しげに笑っている表情を見て、「作者は残酷だなぁ……」と思ってしまう。マンガ本編を読むと、「そういうことか!」と納得した。

現象だけをみれば、最近の『NARUTO』に起こった「あるできごと」と似ている。

しかし、この 2 作品の見せ方には、大きな差があるのだ。

『NARUTO』の展開は、正直なところ納得ができなかった。御都合主義にも ほどがある。「あれ、このマンガって『ドラゴンボール』でしたっけ? それとも『ドラえもん』?」とファンレター(という名のイヤミ)を出したくなる。

自分とは逆に、『トリコ』のほうが都合のよすぎる描写で、『NARUTO』は許せる──という人もいるだろう。たんなる好みの差かもしれない(「サスケくんがいれば、それでいい」という人もいるはず)。

それでも、話を盛り上げる演出と、ぶち壊す展開があることだけは、意識したほうが良いと思う。バクゼンと読んで「マンガだから」と流すのは、あまりにも悲しい。

そんな無神経な読み方では、安易なテコ入れを許してしまう。そのおかげで、ほら、そこにもここにも、テコがゴロゴロと転がっている……。

永遠のテーマ

佐々木編集長からの指示を受け、瓶子は港浦に釘を刺す。しかし、編集長に言われた通りではなく、柔らかく言い直している。このあたりに瓶子の優しさを感じた。

先輩から「自分に自信を持て」などと言われれば、誰でも嬉しいものだ。たとえそれが「上司からの命令で仕方なく」だとしても、である。

しかし、港浦には、その気持ちは届いていないようだ……。

これは港浦が、まったく全然これっぽっちも人の気持ちなんか理解していない──というわけではない。人の心遣いを察することができないくらいに、あせっているのだ。──たぶん(普段からこういう人っぽいけれど)。

あせりなのか素なのかは さておき、空気を読まない港浦のツッコミのせいで、瓶子のマンガ論は「どっちつかずな意見」になってしまった。たしかに、答えになってないけど──相手は上司(副編集長)だってばよ!

新妻エイジの初登場の時には「どうみても元・ヤンキー」「仏像ヘア」だった雄二郎が、いつの間にやらスタイリッシュな味付けになっている。ほのぼの学園ラブコメ(ときどき霊も出るよ!)だった某マンガが、いつしかスタイリッシュなバトルマンガになったかのように……。

テコ入れを提案するアフロくんは、まるでスパイク・スピーゲルのようだ。すこし意識しているに違いない。しゃべりながら心の中で「服部雄二郎・CV: 山寺宏一」などと思っていそうだ。──たぶん、並べて比較すると似ていないだろうが……。

吉田の言うテコ入れの例が具体的で笑った。しかし、じつは、ここの場面は味わい深い。

真心刑事 HEARTというキャラ名が急に出てくる。「え? いままでの話で出てきたのか?」と一瞬おもったが、これは吉田がこの場で言い出しただけだ。たぶん、カワウソ女 2 号のほうは、作品に登場したのだろう。

しかも、その名前だけからいろいろと設定が思い浮かぶという、秀逸なネーミングだ。

──「熱血」「純情派」「TRAP(主人公)にホレちゃう」「じつは TRAP とは幼なじみ」「幼いころ両親を殺した悪の犯罪組織・PEACE を追うために刑事になった」とか……。

(犯罪組織は悪に決まっている)(悪なのにピース?)

さて、吉田は「真心刑事(まごころでか)」などというキャラを、いつ考えたのか。

この港浦を中心とした議論が始まってからだとしても、吉田が普段から『TRAP』のことを考えていないと、急には思いつかない。マンガ編集者は、自分の担当していないマンガでも ちゃんと読んでいる、ということが伺える一コマである。

経験を積ませる

編集部内で議論(口げんか)が続く……。

この時の雄二郎は、福田に かなり似ている。福田がアフロのヅラをかぶっているみたいだ。

雄二郎と福田は会うたびにぶつかり合って、電話でも我の張り合いになっていた。そこから「2 人は相性が悪い」と思っていたのだが、じつは似たもの同士だったのか。

ただ、雄二郎は編集部では「反骨精神の固まり」みたいに振る舞っているが、違和感のある人も多いのでは?

以前、福田はジャンプの現状に対する不満をぶちまけた。それを聞いた雄二郎は、「そんな事絶対 編集部で言うなよ」と口止めをしていたのだ。同じ人物の言葉とは思えないだろう。なぜ、雄二郎は違うことを言っているのか?

──この「編集部にいる時とマンガ家の前とでは、編集者の態度が違う」ことについては、明日あらためて書く。けっこう、重要な場面なのだ。

瓶子の忠告で話を締めくくっているが、編集者の人たちには、これからも熱い議論で面白いマンガ雑誌を作っていって欲しい。──もちろん、実際のジャンプ編集部でも、だ。

(現実世界のジャンプ編集者は こんなレベルではなく、もっと熱い議論が毎日繰り返されている──のだったら燃えるなぁ……。それならば見学・参加したい!)

連載 おめでとう ございます

電話をかけるタイミングは難しい。

自分は、どうでもいいような電話でも、時期を見計らってしまう。宅配の不在受付や商品の注文なども、まずは営業時間を確かめてから電話をするのだ。

相手が大切な人であれば、もっと電話がかけにくくなる。「いまはお風呂に入っているのではないか」「休みは週末だろうか、あるいは平日か聞けば良かった」「テレビ番組の終わるタイミングで電話しよう──あ、でも、録画した番組を見ていたら……」などなど。

そんな時には、見吉が言うように、まずは電話してみて相手の都合が悪ければ、かけ直せばいいのだ。

──と、分かってはいるけれど、でもさぁ……(分かってない)。

サイコーのお祝いを軽やかに受けて、すぐさま「苦戦してるな 大丈夫か?」と返す福田が格好いい! 普通だったら「一緒に頑張ろう」みたいな返事をするところを、まっさきにライバルの心配をする。本当に兄貴肌というか、サイコーのお兄さんみたいだ。

35 歳の新人

中井のオデコがテカってる。なんという分かりやすいワクワクテカテカ状態だ! 蒼樹と会う前は、いつもこうなのだろう。

蒼樹と会えること以上に、仲間と共に連載を始められることを中井は喜んでいる。「福田組」はかつて、「俺達がジャンプを変えるんだ」と話していた。正式にその一員になれたことが、中井は嬉しくて たまらないようだ。

──しかし、サイコーは中井の言葉を素直に喜べない。どうすれば人気マンガになるのか?

[2] このページの一番上へ戻る