• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 42 ページ 「笑いとセリフ」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 30 号)

[AnimePaper]wallpapers_Ghost-in-the-Shell_lil-dice_48350 (by nxtiak) (by nxtiak)

高浜には単純な疑問がある。『疑探偵 TRAP』は面白いのに、順位が上がらないのはなぜか?

このシンプルな問いは、あらゆる作品作りに関する、永遠の課題かもしれない。面白いだけでは人気に つながらなかったり、あるいは人気が出るほど駄作と見なされたりもする。

それにしても、『ドラゴンボール』以降はバトルマンガ以外に流行作が少ないジャンプで、連続殺人犯が主人公のマンガマンガ家が主人公のマンガをヒットさせている作者が、シレッと畑違い なんですかね? などというセリフを書く。これがたまらなく愉快だ。

ようするに、本当に面白い作品であれば、ジャンルを問わずに読者は支持する、ということである。大場つぐみ・小畑健コンビは、本作と前作で証明した。

──まぁ、まだ『バクマン。』は終了していないから、このあとの展開でバトルマンガになったり、お色気路線へのテコ入れが行なわれたりして、つまらない作品になる可能性はある。わけがない(速攻で否定)。

5 位でもいいくらい

読者の支持を集めるためには、どうすればいいか。それを素直に高浜へ聞くシュージンが素晴らしい。

以前、『CROW』が(本人は そうとは知らずに)伸び悩んでいる時に、新妻エイジは福田へ素直に意見を聞いた。その話がシュージンの頭の中に残っていたのかもしれない(サイコーから直接その状況を聞いた、という描写はないが)。

高浜の冷静な分析に、サイコーとシュージン(ついでに見吉)は驚いている。こういった第三者からの客観的な視点が時には必要だ(高浜は身内だが)。

高浜は すでに、「亜城木夢叶」の一員と言っていい。たぶん、作品には こういった「クレジットされていない人からの助言」で支えられている、という部分が大きいのだろう。

笑いか…

この場面でギャグセンスが あるかないか──と言っている見吉は、妙にカワイらしい。微妙に左右の目の位置がおかしい気もするが、それが逆に「萌え絵」っぽい・同人っぽいフンイキを醸し出している。──そうか?(聞かれても困るだろうが)

頼むから 黙っててとシュージンから言われたあと、素直に見吉は謝っている。ここはコント風だが、シュージンの反応が冷たすぎるのでは──と思った人もいるだろう。これはなぜか。

おそらく、シュージンと見吉が 2 人で会っている時には、もっと会話の様子も違ってくるはずだ。しかし、今は仕事場に来ており、仕事の話をしている。だから、「もう少しマジメに答えて欲しい」という意味でシュージンはツッコミを入れているのだ。そして、見吉も すぐにそれを察した。

見吉は、「空気が読める子」なのだ。どこぞの「カレシを放置プレイ中」のお姫様とは違う。

──まぁ、それでもサイコーと高浜からすれば、

「おいおい、夫婦(めおと)マンザイは今度にしてくれよな www」「そうそう、ツッコミはベッドの中までガマンしな YO!」「HAHAHA!!!!」

と言いたいはずだ(違うと思う)。

せめて一桁に

『TRAP』について、服部は港浦へ何も指導していないことが分かった。

服部が言うとおり、それぞれの作品には担当がついている。だから、ほかの担当者に対して何か言うことはない。──ジャンプでは、基本的に そういう方針で雑誌作りを行なっているようだ。

まぁ、「担当編集者」という言葉の意味あいと立場からすれば、当たり前のことだろう。しかし、もう少し担当者同士での話し合いがあっても良いのではないか、と思った。

前回でも「雄二郎と吉田が『TRAP』について激しく議論を交わす」ことを瓶子が注意している。より良いマンガ作りのためなのだから、もっと盛んに話し合いをすればいいのに、と思った。

心配は してるよ

港浦と服部との会話は、「一問一答」式になっている。そして、2 人の温度差がスゴい。

服部の言葉尻をつかまえる港浦には注目だ。ものすごい食いつき方だが、それよりも前後の流れを見るべきである。のらりくらりと会話をしながら、服部から何とか作品作りのアドバイスを引き出そうとしているのだ。

このあたり、港浦という男が、意外に食えない人物であることが分かる。熱血漢の単純バカと思いきや、奥が深い。──『HUNTER×HUNTER』に登場するモントゥトゥユピーを思い出した。

その港浦からの質問(尋問に近い)を受けて、それでも服部は明確に答えない。しかし、心の内では言いたい事が山ほどあるのだろう。

センス かな

『TRAP』が人気マンガになるヒントを、服部から聞き出そうとして、港浦は必死だ。

一方の服部は、しつこいな おまえと返したり、冷ややかな目で港浦を見たり、席を離れたりしている。

この姿を見て、「服部は何て冷酷な人間なんだ!」と思った人もいることだろう。そして、その印象のまま今週号を読み終えたのであれば──

──残念ながら、その人にはマンガを読むセンスがない。

さて、一度はセンスないって 言われたら 終わりだ…と あきらめかけた港浦は、どういう行動に出たか。もう一度、見直そう。

[2] このページの一番上へ戻る