『バクマン。』 43 ページ 「ボケとニュース」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 31 号)

Nippon budoukan 05f 日本武道館.JPG (by midorisyu) (by midorisyu)

自分の中で、編集者の吉田が好印象になってきました。平丸の取り扱いが上手だし、編集者としての発言も誠意を感じます。

「41 ページ」での各編集者の発言をまとめてみました。

  • 相田: 1 話完結で様子見
  • 吉田: 面白いトリックと推理を、確実に描いていく
  • 雄二郎: テコ入れするべし。ジャンプで推理物はハヤらない
  • 瓶子: 地道にy(答えになっていないので省略されました)
  • 服部: ……

あくまでも結果論ですが、実際にウマくいった方法を提案していたのは吉田です。

そして、(瓶子を除外すると)相田が一番テケトーな答えですね。相田の評価は「うなぎ下がり」(?)です……。

動きがない?

中井に対する相田の指示は、エラそうでテキトーな感じ。1 度 OK 出したから描き直しはダメ、君は黙って描けば いいんだという──。

連載会議で中井を持ち上げていた中井は、どこへ行ってしまったのでしょうか。

相田は、「普段は辛口だけど、たしかな批評が売り」という編集者だと思っていました。それが今では、ただ単に体格だけが立派な人物なのでは、と疑い始めています。

今回は話の流れ上、中井の能力を見せるために相田が悪役を引き受けた、というところでしょうか。これからの相田の言動に期待します。

なぜですか?

いつでもスタイリッシュな蒼樹が登場──ですが、今日は火曜日(速報の日)のはず。いまだに、大学にいる蒼樹が一度も描かれていませんね。大学は やめたのでしょうか。

窓際にイラストボード(カンバス?)とイーゼルが見えます。以前からあったのかもしれませんが、初めて気が付きました。公園の風景を描いているの かもしれません。ひょっとしたら、雪の日の中井も──。

今はマンガ原作者となった蒼樹も、「絵柄が少年マンガに向かない」というだけで、絵がヘタなわけではありません。いつかは自分で絵も話も手がけたい──と思っているのかも。

このページでの蒼樹は、中井の提案を聞いても、いつものように「自分が正しい」という態度で応じています。自分の意見を押し通す蒼樹には、相田からもっと柔軟にと言われていたころと変わっていないように見えますが──。

蒼樹さん お願いです

中井の僕の方を信じてもらえませんかというセリフにはシビれました。

口調は柔らかいが、力強い。

蒼樹にエンリョしながらも、作品のために自分の考えを伝える中井は、たしかに、頼もしいです。

──本来だったら、この時の中井が言ったようなアドバイスは、担当である相田が言うべきことなんですが……。

中井の説得を聞いて、以前の蒼樹では考えられない発言が出ました。中井も蒼樹も、格好いい!

この 2 人は、マンガに関して だけは、本当に良いコンビになってきましたね。──今後もこの平行線は、電話回線を超えて交わらなさそうですが。

仲間でありライバル

ここで、これまでに出なかったタイプの人物が登場しました。福田先生に師事する、パンクなアシスタントくんです。

彼を見た瞬間、「まぁ、今後は背景キャラと化すのだろうな……」と思いました。しかし──。

速報を伝えに来た雄二郎、というコマは、「バンドやろうぜ!」とか「チケット、完売だぜ!!」とか言い出しそうな感じで笑えます。なんで全員ロッカみたいやねん。

雄二郎:
「マンガを描くって──ロックだよな」
福田:
「決まってるっしょ!!」
安岡:
「ライブハウス集英社へようこそ!」

──といった性格付けが、勝手に脳内で形成されました。

参考(?): ライブハウス武道館へようこそとは - はてなキーワード

速報の結果を正直に喜びつつも、すぐに中井のことを心配している福田は、「福田組組長」らしい態度です。アニキな感じ。どう考えてもキョウダイがいそうですね。「意外なライバルとして、福田の妹が登場!」とか?

もう待てないよ

アシスタントを打合せに参加させる、というライフハック──もといアイデアは素晴らしいです。

マンガ家と編集者はとにかく使えるネタが増えて助かるし、アシスタントには勉強になる。三方一両損の逆で「三方一両得」ですね。

福田の誘いに即決する安岡の将来は明るそう。ノリが良くてやる気がある。彼みたいなアシスタントがいるなら、雄二郎も初めから連れてくれば良かったのに。あんなノリもやる気もないメガネくんじゃなくて……(名前を思い出すつもりも調べる気もない)。

さらに面白いことに、原稿の仕上げには雄二郎も参加するようです。これにはビックリしました。

時間がないとはいえ、ジャンプの編集者が原稿を手伝うことは、日常的にあるのでしょうか。いや、そもそも あの雄二郎が手伝う、というのが驚きです。当たらない読みとアフロだけが持ち味の、いい加減な編集者だった彼は、いつの間にか成長していたのですね。

福田を中心として、ものすごく雰囲気の良い仕事場になっていますね。やっぱり、このマンガの主人公は福田で良いのでは……。

[2] このページの一番上へ戻る