• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 44 ページ 「恩返しと裏返し」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 32 号)

Green means...keep out? (by Darwin Bell) (by Darwin Bell)

今週号の『バクマン。』は、急展開の連続でした。

──って、毎回、そういう感想になるマンガですが。しかし、今回は いつもとは違う終わり方で、不安になりました。次回、どうなるんだろう……?(これも毎回のように書いている気がする)。

自分は、感想を書くときに「初めて読んだときの思い」を大切にしています。

月曜日にジャンプを買ってきて、1 コマ 1 コマ目を通していく──。そのときの「ハラハラ・ドキドキ」や「──えええ !?」を大事にしたい。

感想を書き始めるときには、当然のように作品を何度も読み返します。しかし、初めに読んだ状態へ頭をリセットしてから、キィをタイプする。それが一番、自分にとって面白い感想になるのです。

「44 ページ」(不吉な数字だ……)は、ラストが分かっていると、1 ページ目からサイコーに「違和感」があることに気がつく。すこしわざとらしいですが、今回の感想では、その違和感を気にしつつも、ラストを知らない自分の視点から書きました。

見くびらないで くださいよ

何度も書いていますが、港浦と並んだ人は、漫才師みたいになるようです。シュージンと港浦がコンビを組んで新ネタを披露している──ように見えました(オレだけ?)。

サイコーとシュージンが新妻エイジを追い抜く──。服部が かつて言ってことも、現実味を帯びてきましたね。

2 人が原稿を持ち込んだときの服部は、編集者としての力量が未知数でした。どちらかというと、まわりの編集者に茶々を入れられて、勢いで出たのが「3 年後──」だったようにも思います。久しぶりに「当たり」そうな新人を引いた、という喜びも あったのでしょう。

すべて結果論ですが、作中に出てきた将来に関する言葉は、ほとんど実現しているんですよね。じつは、「意外な展開」は あまりない、のだったりして。

本当に追い抜く事

いままでも「格好いいことを言っているサイコーの顔は、すこし変」だったのですが、ちょっとヤツれているような……。

ここで、サイコーのファンから「サイコーくんは、変な顔などしない!」と怒られそうですね。思い出は、美化されるモノなのです……。

「笑えばいいと思うよ」の綾波レイも、昔は、こんな感じでした。

【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´):【ヱヴァ】ヤシマ作戦終了時のレイの笑顔の比較

コミックスの発売と巻頭カラーが重なることは、スゴいらしい。新人では珍しいのでしょうね。

しかし──。大場・小畑コンビで何度もカラーを見ているせいか、そのスゴさが実感できませんでした。まぁ、小畑先生は ともかく、大場先生を「新人」と呼ぶのは問題かもしれませんね。『DEATH NOTE』がデビュー作のはずですけれど……。

『疑探偵 TRAP』の コミックス 1 巻は、10 万部も発行されるそうです。2 人は部数に疑問を持っていますが……。

それではここで、2 人が手にする印税について計算してみましょう。

ところが、印税には不透明なところが多いです。森博嗣さんが(いまはなきウェブ版の)『MORI LOG ACADEMY』で「売り上げとは関係がなく、印刷された時点で作家には印税が入る」という感じのことを語っていました。

印税 - Wikipedia

コミックスの価格が 420 円(『バクマン。』の 1 巻と同じ)で、印税が 10% としてみます。すると、2 人に入ってくる印税は、下の通り。

420 x 100,000 x 0.10 = 4,200,000(420 万円!)

2 人で割っても、高卒の新入り社員がもらえる年収くらいは ありますね。ここから さらに重版出来!(読めますか?)になると、さらにリッチに なれます。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 声に出して読めない日本語。

サイコーは、仕事場にしているマンションの家賃や光熱費を、そろそろ家族に返せるでしょう。しかし、シュージンは何にお金を使っているんでしょうね? ──毎日、ジャージとヘッドホンを使い捨てにしていたりして。ついでに愛人も使いs(ry

50 万部も夢じゃない

ジャンプ編集部のバクロ・コーナ! の時間です。

港浦によると、50 万売れたら アンケートが悪くても 打切りはない! とのこと。

なるほど、そんなカラクリがあったのか……。どおりで、ヒット作でも「──あれ?」と思うような、好き勝手なことをするマンガがあるのですね(『銀魂』とか)。

ところで、50 万部売れて アンケートが 取れないマンガって……。

第 2 部の『ボボボーボ・ボーボボ』のことかーーーーーーーっ!!!!

(注意: ボーボボへの愛情から、こんな事を書いています)

発行部数が 50 万なんてマンガは、現実には少ないのでしょうね。マンガ作家と編集者の思い入れだけが先行したり、ベテラン作家だからと安心して描かせたらスベったり……。

チャゲチャ』のことかーーーーーーーっ!!!!

(注意: 澤井啓夫先生への・以下略)

休んでる暇なんて ないよ

サイコーの体調について、シュージンが心配している。たしかに、すでにサイコーは かなり疲れた表情をしていますね。まさか「あんなこと」に なろうとは……。

それでも やる気を出して原稿へ向かうサイコーが素晴らしいのは、服部への恩返しで がんばっている、というところです。

正直に言うと、もう「亜豆との結婚」などという浮ついた夢は、「なかったこと」にしたほうが……。というか、マンガがヒットすることとは、切り離して欲しいです。アニメ化まで行って、その結果、結婚するのならいいのですが、「結婚のためにアニメ化」というのは、どうも受け入れがたい。

サイコーもシュージンも、非常にストイックな少年で、いまどき珍しいです。そこから考えると、どうも「魔性の女・亜豆ミホ」にタブラかされた、ような感じ。

──結婚してからも、きっと大変だぞ、サイコーよ……。

[2] このページの一番上へ戻る