• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 44 ページ 「恩返しと裏返し」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 32 号)

The Lion Sleeps Tonight - HDR (by Peter Gorges) (by Peter Gorges)

ジャンプでは毎週、どれかの作品がカラーで掲載されます。自分が覚えている限り、「カラー原稿を落とした」とハッキリ分かる号は ありませんでした(でも、実際には存在するんだろうな……)。

ごく普通に考えて、カラーの回は大変な作業になりますよね。各作家さんは、頭が痛いところでしょう。

『バクマン。』の作画担当である小畑さんは、カラーの原稿を年に何枚も──いや、ジャンプ以外でもカラー作品を仕上げています。コピックを使っているから素早く仕上げられるとしても、ものすごい仕事量ですね。じつは、「小畑」と「健」という、二人組なのでは?(正解: 三人組)

ちょっと思ったのが、「カラーで仕上げるための専門家」は いないのでしょうか?

マンガ原稿の仕上げにはアシスタントが欠かせません。しかし、カラーのページを仕上げるのはマンガ家本人、と なぜか決まっています。これが自分には不思議で仕方がありません。

モノクロのマンガは上手でも、カラーのセンスが皆無──という作家さんもいると思うのですが……(誰かとは言わない・言えない)。

おまえのおかげだな!

アシスタント・安岡を打合せに参加させて、良いアイデアを出したらボーナスを出す、という話が ありました。そうしたら今回、安岡は友だちにもネタ出しを手伝わせていた、とのこと。

──天才現わる!

いや、当然の考えかもしれないし、ズルいと言う人もいるかとは思うけど、自分は素直に感心しました。なるほど、と。

これは、作者からの挑戦と受け取りました。前回の時点で「アナタが安岡の立場だったら、どうやってマンガのアイデアを考えますか?」という問題が出されていたワケですね。ボーッと読んでいて、思いつきませんでした(あるいは考えすぎ)。

吉田は「アメとムチ」の使い方が上手ですね。よく平丸を制御できています。

管理されることで実力を発揮するところと、甘ったれた根性から考えて、平丸はサラリィマンに向いていますね。キレイなオネーさんがいる飲み屋に食いついたところも、会社員っぽい。

自分は、マンガ家は芸術家や職人に近いと思っています。しかし、平丸のように、純粋に仕事として こなしている人もいるのでしょう。面白いマンガが描けるのであれば、どちらでも いいのですが、すこし悲しい。

徹夜する事にした

スケジュールが つまっているため、サイコーは徹夜で執筆作業を続けています。疲れのたまった表情なので、心配ですが……。

さて、今週号で一番のお気に入りである、「八草駅西口」のシーンです。

偶然にも同じ電車に乗り合わせた加藤と高浜。駅から仕事場へ向かう二人。そしていきなり、加藤が語り始める──。

この状況(フラグ立ちまくり)で、なんでサイコーの名前が出てくるのか! と思ってしまいました。

シャイで かわいい感じ

このところ、人の気持ちを察する能力を見せていた高浜ですが、女性の年齢をいきなり聞くことに驚きです。

そして、素直にトシを答えつつも、高浜に対してだめかな? と聞く加藤がカワイイ!

──このマンガのヒロインは、加藤です(決定)。

この 2 人のやり取りを聞いていると、極端なまでに親しい関係に見えますよね。これまでに、そんなに 2 人が会話をする場面はなかったはずですが……。

いい意味でも悪い意味でも、マンガ・アニメが好きな人たちの中には、距離感が読めない人が多いです。同好の士であれば、気安く話してもいいだろう、と。まぁ、お互いに気持ちよく接することができれば良いのですが。

というか──。

たぶん、読者の 8 割以上が思っていることを代弁すると、

「くっつくのは加藤と高浜だろ……常識的に考えて……」

死んでる

寝ているサイコーの脈を取った高浜が、スゴいことを言っています。いつもクールな高浜が言うと、説得力がありますね……。

この場面では、高浜が加藤を驚かせようとしたわけです。本当に、高浜は奥が深い人物ですね。

ところが……。

冗談ですよ

上げて落とす演出、ここに極まる!

この作者は、読者の感情をコントロールするのがウマすぎます。高浜の冗談に「なーんだ」と思わせて、一気に深刻な状況を描く。2 人が仕事場に入ってきた直後にサイコーの様子が変であることを示すよりも、効果的です。

考えてみると、週刊連載を続けながら、コミックスやカラーも仕上げて、高校へも通う……。これはムチャです。──なるほど、だからヤムチャ状態になったのか……(ウマいこと言った、みたいな顔で)

こういった時には、高浜よりも小河のほうが対応に慣れていますね。さすがチーフです。

サイコーは無事なのか……?

[2] このページの一番上へ戻る