『バクマン。』 44 ページ 「恩返しと裏返し」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 32 号)

Blue Face Blowout (by The Ninja Monkey) (by The Ninja Monkey)

今週号のラストは、衝撃的でした。高校生のマンガ家を主人公にしたマンガで、ここまで描くのか……。

それでも、すこしだけ「マンガチックな展開」と思ってしまう自分が、悲しい。

本当の意味で作品を「素直に読む」ことが、だんだんと難しくなっています。ついつい、「どうせ次回は こうなるだろう」と思ったりして。

好きなモノは好きなままで、分析したり解読しなくても良いのだ! このブログでは、なるべく「解説」ではなく、「感想」を書いていきます。

どこの病院に

サイコーと一緒に病院まで付き添っていったのは加藤、というのが意外でした。ここはチーフの小河が行くべきだったのでは。

ただ、この状況でも「原稿を仕上げるのが最優先」ということかも しれませんね。それこそが、プロ。フラフラになりながらも、ほとんどペン入れを済ませていたサイコーの意志を受け継いだ、ということです。

──というか、恋する乙女を止めることができなかった、のが真相だったりして。

服部が港浦の異変に気付いたのはナイスですね。たまたま、なのかもしれませんが、普段から港浦のことは気にかけているのでしょう。

港浦は港浦で、誰にも状況を告げずに出ていこうとするのは、ちょっと問題ですね。あせっていたのか、それとも隠そうとする気持ちがあったのか……。

どうした?

港浦が言う高校生だけにという言葉が気になりました。たんなる揚げ足取りかもしれませんが、オトナだったら良かったのか、と。

ウワサだけですが、ジャンプの作家さんでダウンした人の話は よく聞きます。精神的にナントカ──になった人とか。

やっぱり、アンケートを気にしながら週刊連載を続ける事は、尋常じゃない精神力が必要なのでしょうね……。

そう考えると、ゆっくり休みを取ってでも、完結まで続けて欲しいです>冨樫先生

大丈夫か?

外見からするとクールに見えるシュージンですが、こういう急な状況に弱いですね。初めて集英社へ原稿を持ち込んだときもキョドっていました。

それを察してか、真っ先にシュージンへ大丈夫か?と声を掛ける服部が優しい。

サイコーの母親は思いの外、落ち着いていますね。無意味に編集者を責める人ではなくて、よかった。息子が選んだ道だから、という理由も素晴らしい。

ここで、服部・港浦とサイコーの家族とは、初対面であることが分かりました。2 人とも、サイコーやシュージンの家族に対して、あいさつをしに来ていなかったようです。同じ「高校生デビュー」をした新妻エイジとは違うところに違和感がありました。──いまごろですが。

保護者の 方は?

この終わり方は不安が残りますね……。どう見ても、すぐに良くなるフンイキではありません。

スポーツマンガやバトル物だったら、「このさき一生、戦えない」みたいな身体の故障を描くことがあります。『ジョジョ』で言うと「再起不能(リタイヤ)」状態ですね。主人公クラスの人物だったら、ケガを治して復帰する、という展開があり得ます。

サイコーの場合、シュージンの驚きようからすると、「マンガが描けなくなる」容体なのでしょうか。しかし、具体的には、どういう状況なのか……。

かなりエグい展開まで考えられますが、まさか──少年マンガだし──でも、『DEATH NOTE』を描いた人だしなぁ……。と、暗い発想しか浮かびません。

今回ばかりは「来週も楽しみだ」とは、言いにくいですね……。

[2] このページの一番上へ戻る