• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 45 ページ 「病気とやる気」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 33 号)

BOSS to go (by t6mdm) (by t6mdm)

今週のジャンプはスゴかった。

『銀魂』の ぶっちゃけた叫びには、「とうとう作者が自ら言ってしまったか……」と笑いました。廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)は やり過ぎだが、面白い。

そう、マンガというモノは、数々のタブーを乗り越えてこそ、面白くなるのです。

今回の『バクマン。』では、まるで作品を飛び出して「ある先生」へのメッセージを送るような、そんな風にも取れる場面がありました。──ごぶさたしていますが、その先生は、お元気なのでしょうか……。

それで 間違いでは ありません

今週号の 1 コマ目が、目を開けたサイコーの絵から始まって、まずは安心しました。

しかし、サイコーは意識が もうろうとしています。顔も別人のよう。こんな容体になるまで、頑張っていたのか……。

この状態でも原稿を仕上げる気の彼を見ると、ほかの人たちと同様に、言葉が出ませんね。おとなしく寝ていろ、と言っても聞くはずがない。

最大のチャンス

いまの世の中、めったなことでは栄養失調気味に なりません。サイコーは、寝る間を惜しんだだけではなく、食事の時間も切り詰めて原稿に向かっていたのでしょうか。

そういえば、『バクマン。』では食事のシーンが ほとんど出てきません。

映画でもアニメでも、登場人物たちが集まって ご飯を食べる場面は、重要視されています。宮﨑駿監督の作品を見れば分かりますよね。新旧のエヴァも食べ物で人物の性格を表していました。

ところが、本作品では「サイコーの好物」すら読者は知らない。

──いや、ザックリと『バクマン。 1』を読むと、「サイコーはコーヒーが好き」ということだけは分かります。表紙の缶コーヒーから始まり、美雪にはブラックコーヒーを出してもらい、コンビニでは紙パックのコーヒーを買う──。

結論: サイコーが栄養失調になったのは、コーヒーしか摂取していないから

(意図的に『バクマン。 2』の焼き肉はスルーしています。これだけでは「サイコーは肉好き」とは言えないし)

いつの日か、サイコーとシュージン・亜豆・見吉の 4 人がそろって食事をする場面が見てみたいですね。

帰って 仕事します

人間 そんな簡単に 死ぬ訳ない、とサイコーは医師の制止を突っぱねます。全身がエネルギィの固まりの時期である、高校生らしい発言に聞こえますが──

「おじさん」のことは、サイコーの頭にないのでしょうか。

川口たろう先生が残した、膨大なネームの量を肌で実感できるようになり、「まだまだ おじさんの領域には達していない」と思ったのかもしれませんね。

その気持ちだけでいい

サイコーは叫ぶ。

真城:
「週刊連載は 休んじゃ駄目なんだ !!」

──冨樫義博先生、ご覧いただけましたか……?

サイコーの言葉を聞いて、すかさず平丸の事を持ち出す港浦のセリフも、冨樫先生へ向けたメッセージであると読んでしまいました。──よね?(聞くな聞くな)

病気だから休むことは恥ではない──と言う服部や、何年も続いた 人気マンガが 休載すると言うサイコーから、どうも「あの伝説」(黒歴史)を思い出します……。

冨樫犬:
「ぼくも 病気だよ」

2008年07月13日~ - ヤマカム

いや、あくまでも これは『バクマン。』の中だけのやり取りであって、原作者のガモu ──大場つぐみ先生が冨樫先生へ講義している、というワケではない。はずです……か?(弱気)

プロなんですから

港浦はサイコーのことを思っているのか、それともジャンプ(売り上げ・人気)のためなのか、ちょっと分かりませんね。ただただサイコーの迫力に押されただけなのでしょうか。

母親がここで止めたのは正解です。そうでなくても医師が止めたでしょうが、母親の口から言って欲しかった。「息子が言うんだったら──」とサイコーの言うことを受け入れてしまうのではないか、と前回の流れから思っていたのです。

もしも、倒れたのがシュージンだったとしたら、シュージンの母親は何と言ったでしょうね……。

[2] このページの一番上へ戻る