• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 48 ページ 「生死と制止」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 36 号)

self explanatory. 16/365 (by -emmaphotos) (by -emmaphotos)

コミックスの 4 巻が発売されました。

リアルタイムで追い続けているときにも実感しましたが、なんというスピード感! 急展開の連続です。

並の作家だったら、「夏休みの終わり(タイムリミット)」から「金未来杯」までを 2-3 巻くらいに分けて描きそう。それが本作では、1 冊も使っていません。

大ゴマでスタイリッシュに決めることばかりに専念して話が進まない、某バトルマンガとは大違いですね……。

──『チャゲチャ』のことかーーーーーーーっ!!!!(違う違う)

日曜なのに 臨時会議

普通、一言「死なれては困る から」と聞いたら、服部のように疑問に思うはず。それを、相田はそう言われたで納得しているようです。──ああ、ダメだ。自分の中で、ガンガンと相田の株が値下がり中です。

連載会議で亜城木夢叶と中井・蒼樹を効果的にアピールしていた、あの「キレイな相田」よ、カムバック!(あるいは「金の相田」と「銀の相田」)

当たり前だろ

アップになった服部の顔は、ボケーっと故人に対して失礼な言動をする相田に対して怒っている、という表情に見えました。たぶん、実際には、たんなる真剣な表情なのでしょう。

以前には福田から「テキトー」と言われていた雄二郎が、珍しく熱くなっています。普段はグータラだけど、いざとなると情に厚い……。クセ毛の具合といい、『銀魂』の銀さん的な位置を狙っているのかもしれません。

雄二郎は、基本的に出世を目指している野心家くせに、上への批判もバンバンするところが面白い。この作者のキャラクタは ほとんど当てはまりますが、雄二郎を主人公にして作品を一本つくれそうですね。服部のスピンオフも、ぜひ見てみたい!

もし川口たろうが

ちょっとビックリしたのが、サイコーの問いかけに対する、編集長の答えです。アッサリと認めている。

──え? さんざん「高校生だからムリをさせられない」と言ってきたのに、それが理由? これはヒドいですね……。サイコーはもちろん、川口先生もカワイそうです。こんなところで自分の名前を使われるなんて。

話にならん

「あの」平丸が……! 編集長へ抗議した(というか文句を言った)上で、自らマンガを描きに行くとは……!!

平丸と言えば、典型的なサラリーマン体質であり、しかもサボり・逃亡のくせがあります。そんな彼が、態度を一変させる──。吉田にとっては、今回の一件はラッキィだったことでしょう。

まぁ、いつものように、平丸のやる気は長持ちしませんでしたが。そういう星の下に生まれたのでしょうか。

福田の態度は、じつに彼らしいですね。あまり面識がないはずの港浦にも、ズバッと言いたいことを言う。佐々木に対しては、話に ならねーとだけ言い、あとは無視に近い。自分の言うべきことだけを言ってから立ち去る。

──ヘタなマネはヤケドをするだけですが、男子たるもの、こうありたいですね。

もう一度言う

福田には さんざんなことを言われたが、たしかに港浦が何か言っても、何も変わらない。それでもこの病室に来たのは、2 人に謝りたかったのでしょうね。

ただ──、普段の港浦の態度からすると、どうもこの土下座も演技っぽく見えてしまう。僕の無力さ…と言っているコマなんて、とくに白々しく聞こえますね。彼なりに一所懸命なのですが。

日ごろの行ないが他人からの評価を決める、という教訓ですね。

[2] このページの一番上へ戻る