• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 51 ページ 「再開と下位」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 40 号)

TWO AWARD-WINNING FLICKr PHOTOGRAPHERS DUKE IT OUT (by Okinawa Soba) (by Okinawa Soba)

テコ入れと打切りは、悩ましい関係です。

良いテコ入れは あり得るけど、打切りに善し悪しはあるのか──。いまのジャンプは、「円満な連載終了」ができるのでしょうかね?

どちらかというと、「もっと続きが読みたかった」よりも「あそこで終わっておけば良かったのに」というジャンプマンガばかりを思い出します。ムリに人気を取りに行って、自滅するのがほとんど。

『バクマン。』で、テコ入れの良い方向性が描かれるのか、期待しています。

ジワジワ 上げていこう!

『疑探偵 TRAP』再開後の二話目は、一気に下位へ落ちました。『怪盗チーター』が似たようなジャンルとはいえ、こんなにアンケートの結果が変わるのか……。

このあたりの評の流れ方は、実際のジャンプでの状況を調べてあるのでしょうか? それとも、大場つぐみさんの完全なる創作? ジャンプ編集部に近い作者だけに、どちらも考えられますね。

いつものように港浦は心配ないと言っていますが──あんまりノンビリとしていられない状況です。それなのに、はるか先の話を描き続けている、というのも妙な感じですね。サイコーもシュージンも、次回のアンケート結果が気になって仕方がないでしょう。

縁起でもない事を高浜に聞かれたくない理由が、最初は分かりませんでした。──なんとなくこの場面は、『HUNTER×HUNTER』のグリードアイランド編で、「ハメ組」のリーダたちが「分け前の取り分を話し合う場面」を思い出しました。

そうではなくて、連載が終了すると高浜たちの仕事がなくなるから、でしょうね。余計な心配をさせたくない、ということです。

ところが、仮に『TRAP』が終わったとしても、ひょっとしたら高浜だけは大丈夫──かもしれないのでした。

おめでとう ございます

高浜の作品『BB ケンイチ』がジャンプに掲載される! これは おめでたい!! 高浜の喜びの表情が良いですね。憎たらしいのに憎めない感じ(?)。

ヒクツになっているシュージンが、ものすごく気になります。シュージンは本心から祝福しつつ、あせりを感じているだけなのですが、なんだかイヤミに聞こえてしまう。イカンなぁ……。

人間観察の得意な高浜のことだから、シュージンの心境を見抜いているはずですね。

順位が上がるはずの解決編でも、結果が振るわない──これは、マズい。早期の再開をするために苦労したのが、なんだかムダに思えてきます……。

宣告された

そしてついに、『TRAP』が打切りの可能性が出てきました。

もしも『チーター』と一緒に打切りになった場合、アンケートの評を取り合ったことになり、連載を決定した編集部にも責任がある──と思ってしまいます。もちろん、それはただの言いがかりで、『TRAP』が本当に面白ければ、下位にはならないはず ですよね。

さらには、『ハイドア』もアブナいらしい。いまのジャンプには似つかわしくないようなマンガだけに、コミックスが売れて期待されている、と思ったのですが……。そんなに甘くないようですね。

──いやでも、おかしくないですか? コミックスの売り上げは、目に見えて出版社へ利益をもたらしている。それなのに、雑誌での読者アンケートによって連載の継続を決めるとは……。アンケートって、何もかも無意味に感じてしまいます。

それしか ないだろ

テコ入れって、何なんでしょうね。

──いや、言葉の意味は分かりますよ。そうではなく、「本格的な推理マンガ」において、どうやって人気取りの展開にできるのかが分からない。港浦のなんでこれで 人気取れねー んだよという叫びに共感します。

はたして、「バトル要素」が読者の求める展開なのか?

どんな事をしてでも

さて、『ハイドア』は、『TRAP』よりもテコ入れがしにくい作品です。この危機を、どう切り抜けるのか……。

そもそも蒼樹は、連載を続ける意志はあるのでしょうかね。「作品をより良くするため」中井に合わせて展開を変えたことはありました。しかし、「人気を取るため」に望まない作風にするくらいなら、連載の終了を取りそうです。

シュージンからの電話は、「イヤな間」が不安にさせるのですが──。

[2] このページの一番上へ戻る