• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 52 ページ 「感想と疾走」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 41 号)

Cat on fax machine (by Secret Pilgrim) (by Secret Pilgrim)

今週号は「亜城木夢叶の迷走編」です。

冒頭でサイコーとシュージンが行なっていることは、作品をより良くするための努力──なのですが、逆に作品を悪くしている。それが、素人の目にも、すぐに伝わってくるのです。

おそらく、マンガ界の傾向に対する作者からの批判、でもあるのでしょうね。

ベストだよな

学園生活を もっと見たいという『TRAP』への要望が出てきます。たぶん、これは『バクマン。』に対する読者の声でしょうね。自分も、見てみたい。

『バクマン。』に何を期待するかは、人によって変わる。最初のころは、「ジャンプ編集部のバクロ話」や「大場つぐみのマンガ論」を読みたい読者が多かったでしょう。そういう人にとって、恋愛話はオマケ以下だったはず。

自分は、サイコーと亜豆との、ぎこちなくて純粋な恋愛が好きです。最初は「男の幻想」が入りすぎていて、妙にくすぐったかった。しかし、最近はじんわりと心にしみます。

せっかくの高校生活を送っているのに、あまりにも学校のシーンが少ない。あっても「サイコーの席から半径 3 メートル以内」の描写しかありません。これは あんまりだ!

せめて、サイコーたちのいる学校の学園祭に亜豆がやってきて、「あの『聖ビジュアル女学院高等部』の亜豆さんが!」とキモヲタどもが騒がしい中、サイコーと一緒に手に手を取って学校を抜け出す──みたいな、ベッタベタのドラマが見たかったです。──ベタ、大好き!

──とはいえ、ファンの意見を取り入れた『TRAP』のネームは、いかにもダメそう。作者の描きたいモノと読者の欲求との、バランスが難しいですね。

もう 午前 3 時だ

中井と蒼樹・相田──知らない人がこの 3 人を見たら、「──なんのオフ会?」と思うでしょう。なんか、アヤシイ。

蒼樹は『hideout door』を終わらせる気のようです。珍しく、先週号で書いた予想が当たりました。

最近のジャンプでは、潔く 終わらせた作品が思い浮かびません。なので、個人的には蒼樹に賛成です。誇りを持って作品を描いて欲しい。大場つぐみさんの──いや、すべての作家の理想像が蒼樹、なのかもしれませんね。

駄目だって…

中井と蒼樹の意見が、かなりズレてきています。それに、今週号の中井は、相田への文句ばかりを考えている。中井の印象が、かなり悪くなりました……。

作品に対して・蒼樹に対して、ある意味では純粋だった中井が、いまは消えてしまったようです。いつの間にか、「連載を続ける事」が最優先になっている。

構いません

なんと、中井は一人でも描いていく意志があったのでした。これは かなり意外です。てっきり、「蒼樹と二人なら描き続ける」のかと思っていたのに……。

サイコーと同じように、いつのまにか、好きな女性よりもマンガが大事になっているのでしょうか。──それはそれで素晴らしいけれど、サイコーのような純粋さは、中井には感じられません。

中井・蒼樹コンビは、離ればなれになっていくのでしょうか……。お互いの心は、すでにバラバラになっています。

──などと書きながらも、去っていく蒼樹を見て「ギャルゲーのヒロインみたい」と思ったのでした。

よくわからないぞ

シュージン描き上げたネームは、シュージン自身にも善し悪しが分からないモノのようです。──もう、イヤな予感がプンプンしてきますね。

カップラーメンを食べながらネームの FAX を読む港浦──の絵がシュールです。次の電話をかける場面では、なんだかちょっとコワい。

[2] このページの一番上へ戻る