• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 56 ページ 「大人と子供」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 45 号)

Eye of the Monster (by TCM Hitchhiker) (by TCM Hitchhiker)

数年前から、いろんな「モンスタ」が登場して騒がれています。ハンタが出てくるゲームの話だったり、親のことだったり……。

今回の話は、「モンスタ・エディタ」──つまりは、ちょっとやっかいな編集者の話と言えます。本人が良かれと思ってやっている所が、周りからすると、よけいにツラい。

そう、世の中には、明確な悪意よりも迷惑な、善意があるのです……。

両方 面白いな

亜城木の 2 人がこれほどまでに時間と熱意を注いでいるのに、港浦が言うことは変わらない。もう、なんというか、スガスガしいまでに「お笑いが好き」な姿勢を崩しません。編集部では小心者な彼は、作家の前では神経が太いです。

この時点では、港浦は『Future watch』(未来時計)のことを知りません。もしも、この場に『未来時計』の原稿があったとしても、港浦は『HITMAN 10』を選んだのでしょうか? ──たぶん、選んだのだろうな……。まったく態度を変えず、何十とネームを持ち込んでも、お笑いを取るでしょうね。

シュージンは、シリアスな SF 調の話が得意なだけではなく、笑いのセンスも持ち合わせています。普通に考えれば、原作者として強力な武器を持っている。それが、まさか悲劇の始まりになろうとは……。

戦うはずだった

サイコーが感じたとおり、何を言っても無駄という表情の港浦です。そうか、コイツがラスボスだったのか……!(←?)

たぶん、港浦は悪気があるのではなく、本当に『HITMAN 10』の方が良いと思っているんですよ。それが、逆にタチが悪い。少しでも、ムリに笑いを選んでいる感じがあれば、まだ反論ができる。しかし、港浦は心から良いと思ったことを言っているのです。

それに、あまり望ましくない作風とはいえ、なんだかんだ言ってシュージンが描いたネームなんですよね。否定するのもオカシイ。

マンガ家が持ってきたネームを、面白そうに読んでいる編集者を描いて、「恐ろしい……」と思わせる展開がスゴいですね。本来であれば、お互いに楽しい時間になるはずなのに。

原稿は返すから

とうとう、月例賞へ応募した『未来時計』が、編集部内で話題になりました。

面白いのが、この原稿を打合せの場へ持ってきたのが吉田、というところです。ちょっと叱るような口調と表情ですが、吉田のことだから、内心は楽しんでいるに違いない。こういった反骨精神は、大好きなはず。

港浦は常識で考えろと言いますが、「どうしても読み切りで試したい」、という気持ちは常識外れなのでしょうか。頑なに連載ネームを描かせ、しかも笑える作風しか受け付けない、という港浦には言う資格がないと思います。

賞はいりません

月例賞へ作品を送るかどうかを、港浦に対して吉田が聞く。ここは、ジャンプ編集部の象徴のような場面です。

まず、違反行為ではないから、亜城木夢叶の投稿をすぐには却下できない。そして、原稿をどうするのかは、担当の編集者である港浦に決めさせています。吉田は班長なのだから、彼が判断しても良さそうですが、あくまでも担当に任せているんですね。

まさに、この「マンガ家の将来は担当者が握る」というシステムが、今回の騒動となった原因です。すべての原稿は、担当者を通さなければならない。そのため、どうしても担当者と意見が合わなければ、今回のように抜け道を見つけ出す必要がある。

サイコーとシュージンのように、過剰なまでの根気がなければ、描きたいモノもろくに描けない──。そうやって消えていったマンガ家もいたのかな、と思ってしまいます。

やる気は あるんだよな

亜城木夢叶と港浦とを仲立ちさせるため、編集長は服部を向かわせる。──さすが編集長、分かっています。たしかに、この場を収める役目は、服部が適任ですね。佐々木や瓶子が出向いたら、大ごとになりすぎるし。

当の服部は、仲裁へ向かうことに納得していない様子です。それでも、編集長命令となれば、向かうしかない。服部は、見た目通りに体育会系で、自分の立場や上下関係を重んじているのです。

それにしても──。亜城木夢叶の担当が、ずっと服部だったら、どうなっていただろう。サイコーが倒れないような、体調管理も服部ならできたのか。もし入院しても、打切りにならないような「何か」を、服部ならやれたのでしょうかね。

そう考えると、あまり港浦ばかりを責める気も薄らぎます。ただ、服部が亜城木夢叶の担当者なら、今回みたいな騒ぎにはならなかったでしょうね。

[2] このページの一番上へ戻る