• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 56 ページ 「大人と子供」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 45 号)

anti botox brigade (by emdot) (by emdot)

『バクマン。』という作品は、自分の人生をマンガに賭けている者の話です。マンガ家も編集者も、みんな、このバクチに命を賭けている(※ただし平丸は除く)。

そこまで情熱を燃やしている以上は、自分の覚悟を示す場面も出てくるわけです。サイコーとシュージンは、極限までの努力を何度も見せました。

今回は、港浦も決意を見せたのですが──。どうも、彼は空回りしているように描かれるようです。服部などと扱いが違い、ちょっとカワイそう。

上に相談 してみるが

吉田は港浦に質問していますが、内容がオカシイ。この流れで、港浦が読み切りを審査しろと言うはずがないのです。──ということで、やっぱり吉田は、亜城木夢叶の反骨精神を買っているのでは?

それにしても、この時の吉田はカッコイイ! 平丸と接しているときの彼とは、別人です。というか、平丸と一緒のときには表情が描かれていないから、「平丸をイジメている編集者は、誰?」という読者も多いのでは。

格好良さなら負けていないのが、服部です。話の展開的に、「班長の吉田でも収まりきらなかった場を、服部が静めた」みたいな感じに読めてしまう。うーん、渋いです。──ところが、絵的には「今まで吉田の後ろに隠れていた」ようで、笑えました。または、吉田の分身とか。

変わらないな………

服部は連載ネーム 2 作を見て、亜城木夢叶のやる気を再確認しています。服部を出し抜いて仕上げた『探偵 TRAP』(仮)の連載用ネームのことを思い出しているのでしょう。

よく考えてみると、じつは、編集者としての接し方を見れば、港浦と服部には違いがありません。どちらも、ある意味では自分のやり方を押しつけている。高校生でマンガ家デビューすることに慎重だった服部は、8 話分もの連載用のネームを前にしても、さらに条件を出しました。

それなのに、どうして港浦と服部で、こんなにも印象が違うのだろう? もちろん、この作品の作者が、そう仕向けているのです。読者である自分は、どこまで行っても作者の手のひらの上、なのか……。

編集を辞めます!

港浦は自分なりに覚悟を決めているわけですが、残念ながら、ズレていますよね。

数ページ前から読み直してみてください。──そう、読み切りの原稿を、港浦は読んでいないのです。これだと、読み切りの『Future watch』よりも、自分が推す『HITMAN 10』の方が面白いはずだ、という港浦の意志が伝わりません。

一部始終 話した…

編集長が出した結論は、亜城木の 2 人にとって、かなり望ましい結果でした。ただ、『未来時計』での連載は事実上消えたわけで、サイコーにとっては少し残念かもしれません。

ここで、どうしても気になることがあります。

じつは、現時点で 3 作品をすべて読んだ編集者は、誰もいない。とくに、連載ネームを読んだのは、港浦(と編集長)だけです。話の流れで仕方ありませんが、「なぜ亜城木夢叶と港浦が言い争っているのか」は、ほかの編集者には分かりにくかったのでは。

読者からすれば、3 作品の中で一番面白い作品を読みたい。今回のような揉め事は、読者には関係がないのです。だから、すべての作品を編集部内で読んで、連載会議にかける作品を絞った方が良いはず。

最後は港浦と服部にウマくまとめられましたが、ちょっと納得がいかない結末と感じました。

[2] このページの一番上へ戻る