• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 64 ページ 「まんまと隠し事」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 53 号)

One on One (by ElMarto) (by ElMarto)

『バクマン。』のコミックス第 6 巻は、2010/01/04(月)に発売されるそうです。もう、来年の話か……。鬼が笑い転げますよー(そろそろ、このコトワザが通じなくなってきている、と思う)。

そして、その前に、『HUNTER×HUNTER』の 27 巻が 2009/12/25(金)に登場です! これはうれしい。最高のクリスマス・プレゼントですね。というか、アレ……? 「くりすます」って何でしたっけ……。

そんな事はさておき、今週も 4 回に分けて感想を書いていきます。

ECO CAR もいらないし

ついに、亜城木夢叶は静河流の作品を目にしました。例によって最初の一ページのみの掲載ですが、それでも面白そう!

ECO ECO うるせーんだよとか地球に優しい殺し方とか、言葉のセンスがいいです。平丸の『ラッコ 11 号』に通ずるモノがある。

ただ、なんとなく、過去の亜城木作品よりかは、福田の作風とカブってきそうな気がしました。PTA を敵に回してナンボ、という感じ。シュージンのネームは、もっと品があるような気がする。

とはいえ、「赤マル」の読者は本誌・週刊少年ジャンプよりかは年齢層が高いらしいから、『True human』は人気を集めそうです。それに、赤マルの表紙で「亜城木夢叶」の名前を見た人が、『True human』をチラッと見たら、亜城木の作品と勘違いするのでは? そういった票も流れそうな気がする。

エグいな ……

『True human』を読んで、サイコーは、あせりを感じています。それはそうでしょう。かつて自分たちが歩んできた道を、さらに上回るような作品が載っているのですから……。

個人的には、静河流は亜城木夢叶の「敵」として活躍してほしいです。

エイジや福田たちのような「ライバル」みたいに仲良しこよしな関係ではなく、完全な敵対関係が希望ですね。だから、静河は『金と知恵』や『ふたつの地球』なんて完全に上回る──いや、踏みにじる気持ちで『True human』を描いた、みたいな。

サイコーのほうも、ちょっとイヤミったらしく批評していますね。いつものサイコーらしくない。それだけ、危機感を抱いているのでしょうか。

それにしても、サイコー以上にシュージンが驚いている。そこまで静河流を驚異的に見ているのか──と不思議に思いました。その答えは 2 ページ先に出てくるのですが、答え合わせの描き方が最高です! やられた!

ん 春一番

蒼樹紅が描く『青葉の頃』には、ビックリです。まさか、ここまでくだけたラブコメになっているとは……!

これは、アシスタントを雇わずに、蒼樹が 1 人で描いたのでしょうかね? では、このパンt──は、蒼樹自身がモデルなのか……?(まぁ、何かの資料が元だとは思うけど……でも……)

トチ狂った校則の高校ですが、(ジャンプ)マンガでは当たり前です! ヤンジャンだったら、「スカートの着用を禁ず」くらいは普通でしょう(──か?)。自分が一番気になるのは、この校則を作った校長よりも、おとなしく女子が従っている、という事実ですね。誰も反対せずに、この学校が成り立っているのです……。

これ ヤバイだろ

「あの」蒼樹紅の作品が、一ページ目からいきなりパンツが出てくる作品なのに、サイコーは軽いノリに なってるなと薄い反応をしている。ちょっと意外だったのですが、考えてみると、これは作家らしい反応です。作者と作品は切り離して考えるべき、ということですね。

たとえば、「福田組」の面々も蒼樹紅(あ、彼女も組員か)・岩瀬も、暗い作風を描くシュージンのことを、「本人も暗い性格」だとは思っていないでしょう。鳥山明さんを「(現実世界の)戦いが好きな人だ」なんて思っている人がいたら、ヘンです。

意外と言えば、蒼樹の作品の内容のほうが予想外でした。なんと、シュージンから聞いた恋愛話を、そのまま作品に織り込んできたのです!

『TRAP』の最後のほうで、ラブコメ路線を描いたときに、シュージンと見吉とのやり取りをギャグとして入れました。それは本人たちのことだから良いとして、蒼樹の場合はアウトでしょう。ちょっと、「元・カタブツ」の蒼樹からは、考えられない行動です。今回は、山久の入れ知恵でもないし……。

蒼樹は、いったいどうしたんでしょうか……?

結婚して ください…

シュージンはこっちから 連絡するなんて シャクだから、見吉に電話をしていないそうです。これにはガッカリだ! たとえ見吉の誤解だとしても、誤解されても仕方がない状況を作ったのはシュージンです。キチンと説明して謝るのは、シュージンのほうでしょう。

とはいえ、まぁ、見吉に──カノジョに説明するには、ちょっと難易度が高すぎる状況ですよね……。それでも、自分なら、正直に言う、かなぁ……。ごまかしきれる話でもないですしね。

何よりも致命的なのは、蒼樹のことを知的美人で 同じ原作やってて 何か感じるものあったと見吉に話していることです。見吉が自分ではどうしても手に入れられないモノを、蒼樹は持っている。──これは、見吉が一番気にしていることです。

そりゃー、シュージンくん、バッカじゃねーの ! ですよ……。

そう、シュージンが蒼樹のことをどう見ているのか、なんてドーデモイーことなのです。見吉が、どう思っているのか。それが、それだけが、見吉にとっては大事なのですね。

どうも、すでに取り返しの付かない事態のように思えてきました……。

[2] このページの一番上へ戻る