• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 64 ページ 「まんまと隠し事」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 53 号)

Flavia The Cafe of Choice (by Majiscup - Drink for Design) (by Majiscup - Drink for Design)

平丸と吉田とのコントが始まりました。2 人とも、じつに楽しそうですね。

──ここまで来ると、「そういうプレイ」なのではないか、と思ってしまいます。二人とも、イキイキしているもんなー。オトナの世界は、深いです……。

そもそも、平丸と吉田とのやりとりは、サイコーとシュージンたちと、いっさい関係がないのが面白い。「平吉コンビ」の描写がなくても、ストーリィ進行には、1mm も影響がないのです。だからこそ、作者も楽しんで描いているのでしょうね。

赤マルは読んだか?

「吉田氏」は二人(以上)いるのではないか、と以前に書きました。いま、その思いが強くなっています。

どう見ても、編集者で熱く議論をしている吉田と、この「吉田氏」は、別人のようですよね。珍しく、完全にシルエットではないコマが出てきますが、絵のタッチが異なるから、やっぱり違う人みたいに見える。

あと、ここをご覧いただいているような、ネットジャンキィ・マンガマニアのみなさんには言うまでもないことですが、平丸のセリフを見て、これを思い浮かべました。

MMR AAテンプレ集 > なんだってー(28種)

必ず気に入る

蒼樹先生以上とは、吉田も大きく出ましたね。というか、蒼樹紅に失礼です! ──あ、「以上」だから蒼樹と同じレベルの女性を含むわけですが、こういう場合は、「蒼樹よりも美人」と受け取ってしまう。

──吉田は、どうやって、そんなステキな女性を見つけてきたのでしょうかね? 集英社の社員・ジャンプの編集者ともなれば、人脈に困ることはない、ということでしょうか。それとも、結婚相談所へ勝手に平丸を登録している、とか……。

ウマい具合に吉田は平丸を丸め込んでいます。なんだかんだ言って、『ラッコ 11 号』をアニメ化させて、自分の出世を吉田は狙っているのだろうか。

吉田は、けっこうつかみ所のない人物ですが、意外と出世欲が高い野心家かもしれませんね。「ジャンプはオレが作る!」と思っていたりして。

それにしても──。そんなにも画力を求められないだろうし、環境は良さそうだし、なにより先生がアホだし、平丸のアシスタントは良い待遇ですね。

1 位 獲れますかね

港浦は山久へのライバル心から、『タント』が 1 位を獲ることを望む。相田は、連載を狙うなら 1 位は不要だと言う。

──どちらも、亜城木夢叶とは意見が合いません。こういう場面を見ると、亜城木夢叶の 2 人は、編集者に恵まれていないな、と思ってしまいます。服部、カムバッーーーク!

その服部は、仮にも先輩からお茶に誘われて、何ですか 気持ち 悪いなどと言っています。これって、逆に 2 人の仲の良さを感じますね。というか、そういうあからさまな拒否は、ベーコン・レタスが大好物なお姉さんからすると、タマラナイのでは?(『バクマン。』をそういう視点から見る人は少なそうだけど)

上手い事言いますね

ダブル服部によるお茶会です(雄二郎の姓も「服部」)。たいへん珍しい場面ですね。

先ほどの服部の発言からしても、こうして二人きりで会うことは、あまりないのでしょう。しかし、雄二郎からかたいよと言われたあと、服部は自分の気持ちを素直に語っている。ほかの人から言われても、服部は口を閉ざしたままだったはず。やっぱり、お互いに信頼し合っているのですね。

さて、ちょっと前までは、『走れ大発タント』も面白そうかな、と思っていました。しかし、こうやって過去を振り返ってみると、やっぱり服部と同様にストーリー それも 邪道が亜城木夢叶には合っている、と思えてきます。

なによりも、アンケート結果が出ていない──どころか、赤マルが発売されてもいない段階から、「亜城木夢叶のギャグマンガ」を疑問視する意見がいくつも出てくる。どうしても不安がつのります。仮に、アンケートで上位・1 位になっても、そのまま連載して良いのかどうか、気になる……。

班長くらいに 出世すれば

以前から雄二郎は出世がしたい、と言ってきました。本人からすると、堂々と意見もできるから上の地位に就きたい、ということらしいですね。マンガのこと・マンガ家のことを思いやる、アフロ心が見えました(←?)。

そう、どんなにマンガのことが好きでも、立場が下だと編集者はやりたいことができない。

──というか、『CROW』をヒットさせて、『KIYOSHI』の連載も(かろうじて?)続いているというのに、まだ雄二郎は出世していなかったのか……。やっぱり、勤続年数が物を言う、のかもしれませんね。

雄二郎と服部が、亜城木夢叶と新妻エイジとの差を語る場面は、今週号で一番好きです。

まず、雄二郎の運かな? という言葉からは、「亜城木とエイジとは、実力に差がない」という意味あいに取れます。ただたんに、サイコーとシュージンは運が悪かった、と。

しかし、服部は実力 ですよと否定的な意見を言う。

これだけを聞くと、服部よりも雄二郎のほうが、亜城木夢叶の実力を買っている、と読めますよね? でも、服部は亜城木のことを実力つけて 必ず上がってきますと言っている。これはどういうことか?

ようするに、「亜城木夢叶の実力は、まだまだこんなモノじゃない」と服部は思っているのです。短期間でデビューから連載まで持っていった成長性を、服部は誰よりも高く評価している。

だから服部は、サイコーとシュージンを信じて、黙って待っているのでしょう。2 人が人気マンガ家になる日を──。

[2] このページの一番上へ戻る