• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 65 ページ 「頑固と素直」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 01 号)

Théo's Friend (by Phlora) (by Phlora)

最近、急に冷え込んできましたが、体調を崩されていませんか? みなさん、暖かくして過ごしましょうね(←「いいひと」アピール月間)。

そうそう、蒼樹の部屋の場面で気がつきましたが、『バクマン。』の世界では、いまは夏のようです。しかし、サイコーもシュージンも、夏にしては、ものすごく厚着ですよね。仕事場の冷房を効かせすぎなのでしょう。

もしくは、作中の 2012 年には、「エコエコ」言わなくても環境問題が解決しているのでしょうか? 真人類(トゥルーヒューマン)によって……。

あと、蒼樹のような美人が窓辺にずっといると、ストーカが粘着してきそうで、心配です……(ヒント: フィクション)。

………… まずいな

シュージンのとばっちりで、サイコーまでもがピンチに落ち入っています。

まぁ、冷静に考えてみれば、小 4 から好きで 結婚の約束までしてるのにって──。そんなことがあるわけないですよね。まるでマンガみたいな話じゃないですか(──ん?)。

いや、本当に、そんな冗談みたいな約束事は、今回のような小さいすれ違いで壊れることもある──と思いました。

シュージンが言うとおり、亜豆は浮気とか 絶対許さないでしょう。もちろん、サイコーは浮気をしていません。しかし、亜豆が疑っていたら、それはアウト! なのです。

もしもし 真城です

怒って電話を切ったので、てっきり、亜豆とは連絡が取れなくなると思っていました。そうしたら、一ページめくるだけで、亜豆が電話に出ている。すこし意外です。

信じてるよ だから ちゃんと話して、と亜豆は言う。これは、絶妙なセリフです。

上記のような言葉をよく男子に向けて女子は言いますが、男子からすると「それは信じられていないのでは」と思ってしまう。なんというか、それくらいなら、「信じたいけど、きちんと説明してくれないと、信じられない」と言われた方が、まだ説明したくなります。

つまり、「信じている」と「話して」の間に段階がないと、「だから」がウソっぽく聞こえるんですね。──微妙すぎて、伝わらないかもしれませんが……。

サイコーと亜豆の意見がすれ違うのは、お互いに信用していないから──ではありません。それに、「信じている」の定義が異なるから──でもないんですよね。

今回に関しては、サイコーと亜豆の二人とも間違っていないし、両方とも悪い、とも言えます。

サイコーとシュージンは、最初から蒼樹との意見交換について、見吉へ説明するべきでした。現時点でも、まだ話すタイミングとしては遅くはない、と思います。

また、亜豆も亜豆で、「信じている──からと言って、他人同士のできごとを何でも話せるわけではない」ということくらい、理解するべきでしょう。なにかあるのだな、と。亜豆は、「話せないのは、悪いことをしているから」と決めつけているようにしか見えません。

サイコーと亜豆の論点がズレていることは、第三者から見ればすぐに分かります。しかし、当人同士には、おかしな点は見えないでしょうね。自分も同じ状況だったら、ケンカになりそうです……。

なんか 頭きた…

あの亜豆が、こっちの 台詞などというタンカを切るとは……。サイコーも、亜豆に腹を立てる日が来るなんて、思わなかったでしょうね。まぁ、夫婦になる前にケンカをしておくのは、あとあと良い思い出になるので、大いにしておきましょう。──別れない程度に……。

主要な人物(というかジャンプの主人公たち)は全員そうなのですが、自分のことで怒っていても、友だちに迷惑が及ぶと、自分の怒りを静められる。

シュージンは、見吉に謝まる気はありませんでした。しかし、サイコーと亜豆との仲を心配して、自分から謝ると言っています。友だち思いのシュージンらしいですね。

問題ないだろ?

蒼樹とシュージンとの電話は、今週号で一番たのしい場面です。この見開きページの蒼樹は、最高ですね。──話の展開的に、本当にここが蒼樹のピークで、あとは──という感じがします……。

シュージンからの電話であることを知った瞬間から、蒼樹はものすごくうれしそう。なにしろ、蒼樹のこんにちはというアイサツだけで、シュージンにはずいぶん明るいという印象を受けたのです。声のトーンが、いつもと違うのでしょう。3 オクターブくらい高いのでは。

……嬉しい…

こんなにペラペラと話す蒼樹は、初めて見ました。しかも、聞き方によっては、けっこうキワドイ内容を話しています。半分、愛の告白をしているのも同じですよね。

蒼樹は、周りに話しづらい人って 思われてることを自覚していました。それでも、自分自身を変えようとしてこなかった(はず)。それが、シュージンに対してだけは自分を素直に出せる

──もう、これは、時にはライバルとしてなんて関係ではなく、「墓場まで一緒に」と言っているに等しいですね!(──そうか?)

[2] このページの一番上へ戻る