• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 65 ページ 「頑固と素直」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 01 号)

No point crying... 144/365 (by //amy//) (by //amy//)

今回のラストはもう、ビックリですよ。

どうしても理解できないのは、中井の行動そのものよりも、なぜ作者がこんな中井を描いたのか。『ハイドア』に命を賭けていた中井には、応援する読者もたくさんいたでしょう。どうしてこうなった!

はい…… もう一度

今週号の中井には、(ウェブ上にいる)読者からの非難が集中しています。自分も嫌いになりました。それで、じつは今回で一番イヤな場面が、このページ──蒼樹と会う前の中井です。次のページ、ではなく。その理由は、あとで書きます。

再読の時に気がつきましたが、この時間(夜)に中井が蒼樹に会おうと言うのは、すこしオカシイですよね。最初に読んだときには、「なぜ、蒼樹は疑問に思っているのか」が分かりませんでした。

ただ──、一度は自分の方からコンビを解消し、中井の告白も断わったのに、とつぜん夜に電話する蒼樹も蒼樹です。これは、自分の次回作を一刻も早く始めたいという焦りと、山久の提案を素直に聞く気持ちから、急に電話をかけたのでしょう。それが裏目に出てしまった。──仕方ありませんけれど……。

迷ってるんです

もう、誰もが驚いたと思います。このページの中井には、おまえは何を言っているんだと言いたくなる。

まぁ、「中井は元からイヤなヤツだった」で済ませてもいいのですが、いくらなんでも変わりすぎです。それで困るのが、加藤の存在なんですよ。この展開だと、「加藤を好きになったことで、中井が堕落した」ように見えてしまう。加藤はさげまんなのか……? いやいや……。

マジで?

ものすごく悲しい場面のはずですが、どうも、蒼樹さんの胸部あたりに目が行ってしまう……。なんという画力だ……! そして、この上半身を支えられるだけの筋力があるからこそ、思い切りよく腕が振り抜けたのですね(何を分析しているんだ、オレ?)。

周りの反応も面白くて、たしかにこういうの って あるんだと思うでしょう。客からすると、蒼樹と中井は、どんな関係に見えたのか……。いまだと、「何かのオフ会?」と思ったりして。

付き合え?

人として 最低です!

──蒼樹に、そこまで言わせてしまった中井は、責められるべきでしょう。そして、つぐなう機会は、もうありません。たしかに、最低だ。

この場面で気になるのは、去り際に言った中井の言葉です。このページだけを見ると、「わざと蒼樹に嫌われるような態度を取って、後腐れなく去った」ように思える。加藤も蒼樹も──という煮え切らない態度を一掃するために、中井が自分から動いた。そう見えますよね?

でも、中井がそんな気持ちではなかったことは、3 ページ前を見れば分かります。……いける! というモノローグがなければ、まだ良かった。中井をかばう人もいたでしょう。でも、今回の中井は、完全に自分勝手なだけです。

「上げて落とす、落として上げる」という展開が多い『バクマン。』ですが、さすがに中井が上がってくることは、ないでしょう……。

[2] このページの一番上へ戻る