• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 66 ページ 「猿と結婚」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 02 号)

sock monkeys in love (by sunsetgirl creations) (by sunsetgirl creations)

今回の見吉は、このドロボウネコなどと、作中の 2012 年 に生きる 10 代は絶対に言わないような古語を叫んでいます。

おそらく、シュージンの影響で、古いラブコメマンガのセリフが頭に残っているのでしょう。イマドキ、そんなセリフ、言わないよな……。

──あ、その前に、普通に生きていたら、そんな状況にならないか。

納得させてみせる

シュージンの必死な説得を聞いた見吉は、へーーっなどと言いながら、半分は許す気でいるのでしょうね。その証拠に、顔がもう、緩みっぱなしです。

そりゃ、ケンカ中とはいえ、大好きなカレシから俺は世界一 おまえを 好きだからななんて言われたら、グラグラくるでしょう。

そういえば、ここぞというときに、シュージンはいつも自転車で走っている気がします。なんとなくだけど、彼は車よりも自転車が似合いますね。今週号の後半で、自家用車くらいは楽に買えることが判明しますけれど……。

手回しを……

猿と見吉 見分けつけば いいけど、というシュージンのセリフは面白い。『タント』のためにギャグを勉強しているシュージンだからこそ、ポロッと出てきたのでしょう。あとあと、そんな軽口を叩いているヒマではない、という状況であることが分かると、余計に笑えてきます。

たいていの読者は、シュージンと蒼樹がバッタリと出会う、という展開が読めたでしょう。ときどき、こうやってベタなラブコメのノリを入れてくるから、油断ができません。でも、オッケーです!

先週までは、あんなに楽しそうだった蒼樹が、こんなにも沈んだ表情をしている。それというのも、中ナントカいう人のせいです。ホンマに、罪深い男やで……。

シュージンに気付いた蒼樹は、まるでラブコメのキャラクタのようです。このところ、蒼樹は表情が豊かになりましたね。以前のツンツンしていた彼女は、かなり損をしていたのではないでしょうか。まぁ、ヘンな虫が付くよりは、良かったのかも……。

たぶん、蒼樹のように、「運命の人」と出会うまではミリョクが半減している人も、多いのでしょうね。──あ、オレかも !?(えー)

どうしたら いいのか…

このマンガの主人公は、蒼樹で良いのでは……! ステキな蒼樹の表情を見ていると、そう思えてきます。

それにしても、泣き出しそうな知り合いの女性に抱きつかれる──などという状況が、本当にあるのですね……。「ラピュタは本当にあったんだ!」みたいな感じです(←?)(ヒント: マンガの中のできごと)

ところが、次のページをよく見ると、抱き合っているのではなく、「蒼樹が寄りかかっている」だけだと分かる。なんだか、蒼樹の手にナイフでも持っていそうな体勢です。なんだかんだ言って、シュージンも見吉が来ることを意識して、エンリョしたのでしょうね。

──でも、100% 見吉が来ない状況だったら、はたしてシュージンは……。

やっぱり !!

シュージンと蒼樹が「抱きついている」と勘違いした見吉の顔は、まるで少女マンガのキャラみたいです。今週号は変顔をした人が多いですが、この時の見吉がナンバ・ワンですね。

おそらく、小畑健さんは、少女マンガの絵柄を研究したに違いない。なぜかというと、蒼樹紅の絵柄を決めるためです。蒼樹は、少女マンガ出身ですからね。

──とはいえ、少年マンガと少女マンガの絵柄には、ほとんど差がなくなってきています。あと 10 年もしたら、G ペンでタッチを効かせた線も、見かけなくなるのでは。もしくは、Photoshop で付けペンの線を似せて描く作家が増えるでしょう。

めちゃくちゃ怪しいわよ

ばた ばた走りながら、私は怪しい者では ありませーーん !! と蒼樹は叫ぶ──。

──最高です! 今世紀で最強の女性キャラなのでは !? なんだか体形も「ラブコメ補正」がかかっているように見えます(すこし丸い気もする)。ホント、どこまで伸びるんだ、この人は……!

蒼樹は、根は素直だし、天然だし、相手が真剣であれば容姿も重要視しないようだし、どこも弱点がありませんね。たいてい、そういう女性は、ほかの女性から敵意を抱かれるのですが、はたして……(バレバレだけど、後半へ続く)。

[2] このページの一番上へ戻る