• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 68 ページ 「トイレとお風呂」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 05・06 合併号)

Fukusuke Doll (by t-miki) (by t-miki)

高浜の『BB ケンイチ』が不調らしいです。これは心配ですね……。

それを聞いて、中井(と加藤)のせいで『BB ケンイチ』の順位が落ちた、と思った人もいるのでは? 中井の仕事に対する態度がだんだんと悪くなって、その影響を高浜が受けている、と。

──たしかに、それは事実でしょう。しかし、その程度でつぶれるようなマンガ家なら、それはそれまで、なのです。

参考(?): 江川達也がアシスタントを首にした直後の仕事場の様子を描いてみた|ヤス&ヤッチーの面白画像サイト

元気ないっすね

アシスタントと言えば──。福田の仕事場は、あのモヒカンくん(安岡)がよく似合っているし、彼がマンガのアイデアを出すこともあります。(見た目はともかく)非常に優秀なアシスタントですね。

亜城木夢叶のところでは、今後のアシスタントは、どうなるのでしょう? いま思えば、小河・高浜・加藤──本当に良い人に恵まれていました。自分のところから巣立っていった高浜と、サイコー・シュージンとの交流がないことが、すこし気になります。けっこう、この 2 人って、冷たいような……。

「小説すばる」の(編集者?)谷中は、いい味を出していますね(たぶん、今回かぎりだと思うケド)。ただ、知人とはいえ、服部哲 いらっしゃいますかと呼び捨てで呼び出しを頼むのは、どうかと思いました。そのあたりは、出版社の独特なルールなのかもしれませんね。

ちょっと 面白いんだ

秋菜愛子──岩瀬は、谷中を通じて自分を「週刊少年ジャンプ」へ売り込むようです。これはイイですね! この積極性は、大好きです。

そういえば、『バクマン。』には消極的な・引っ込み思案な女性は、まったくいません。「いつまでも待ってる」と言う亜豆ですら、ガンガン会いに来ています。男性陣の方が、辛抱強く待っている人が多いですね。作者の好み、なのかも(そもそも、少年マンガってそういう男女が多いか)。

岩瀬と高木のことを谷中がこれだけ知っているのは、岩瀬自身が語ったのでしょう。一瞬、谷中のことを「──ストーカ?」と思いましたが……(あとの展開から考えて、岩瀬が言ったことは間違いない)。

これはちょっと、意外ですね。そこまで話さなくても、岩瀬だったら、もっと上手にジャンプに潜り込めたと思います。本当に、岩瀬は正直者なんですね。

一方、服部は策略家なのだった──。正直な岩瀬を、服部がどうやって料理していくのか、見ものです!

連載会議 ギリギリまで

港浦は、いつも楽しそうにネームを読んでいる。心底、マンガが好きなんですね。彼を見ていると、どの作品もヒットしそうな気がしてくる──のに、いまだに鳴かず飛ばずなのは、何か致命的な問題がありそうです。

港浦は楽観的すぎる、のでしょうか。たとえば、シュージンが自分では納得のいっていない部分でも、港浦は「面白い!」と笑って済ませている。

今回の会話を聞いているかぎりでは、たしかにノリで描いたほうがギャグマンガっぽいです。しかし、細部に気を配って描くほうが、亜城木夢叶には合っている気もしました。

そういった、細かい意識のズレが、シュージンと港浦との間で起こっている。いつか、大きな問題とならなければ良いのですが……。

副編がボヤいてて

港浦が言うには、とにかく 3 話作ってあれば 今回の会議は通るとのこと。どうにも虫のよすぎる話ですが、ちゃんとした根拠があるようです。

面白い事に、港浦からのアドバイスをいつも聞いているシュージンは、すぐに連載会議が通る話を信用している。その一方で、サイコーはそれが本当なら、と話半分に聞いているのです! この抜け目のなさが、「亜城木夢叶」を支えているのですね。シュージンは、けっこう流されやすいから……。

サイコーとシュージンにとって、「週刊少年ジャンプで連載を始める」ことは、すでに「目標」でも「夢」でもありません。そういう段階は過ぎている。これからは、アニメ化へ向けて、より確実に人気が出る作品を描くことが、最優先です。

ただ──、どうも、サイコーもシュージンも、自分の作品に愛着がないように見える。

シュージンと港浦は、ひたすら「低年齢層の読者にウケるギャグとお色気」を考え、サイコーは必死にギャグマンガの絵柄に慣れようとしています。しかし、そこには、作品に対する愛情が感じられない。

実際、週刊連載の作家さんは、こんな感じで描いているのでしょうかね? 自分の好きなマンガではなく、売れるマンガを描く──それこそがプロ、なのかもしれません。

アイテムから 決めていくか

フクスケ(福助)が下着も発売していることなんて、子どもどころかオトナでも男性は知らないでしょうね。自分は知らなかった。

福助 - Wikipedia

というか! 「下着が透ける」ってハイレベルなアイテムを出しますね!! 普通なら、「服は透けるけど下着はダメ」というルールにするでしょう。「裸カガミ」とか──少年マンガなのに……。

偉大なる先人、矢吹先生(『To LOVEる』)がハードルを上げすぎたのですね。

調子がいいことばかり言っている港浦は、本心では『BB ケンイチ』を見捨てて、『タント』に賭けるつもりでした。これはまた、「港浦が大暴走→失敗」という展開が見え隠れするのですが……。

[2] このページの一番上へ戻る