• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.292 『思惑』 (週刊少年ジャンプ 2010 年 07 号)

There's a hole in my pants! (by elvis_payne) (by elvis_payne)

今週号も、概要を書くと 3 行・100 文字でまとまりそうな内容でした。「ネテロと王の戦いは続いている」でもいいくらいです。それでも面白い! 何だこれは!!

冨樫義博というマンガ家をひと言で言うと、「圧倒的にマンガがうまい」ですね。

この作者は、何でもないことを強烈に面白く描いたり、とんでもないことをアッサリと描いたり、緩急の付け方・コマの使い方が上手なのです。

冨樫先生に対して「(原稿を落とすくらいなら)原作をやればいいのに」という、皮肉めいた批判モドキをよく見かけますが、「3 年 ROM ってろ!」ですね。3 年後も、まだネテロと王が戦っていそうだけど……。

ある感情

王から敵への憎しみ無き 賞讃の見開きページは、ぶっ飛んでますね! さすが冨樫先生、『レベル E』の「娘の心の中」や『H×H』ユピー戦みたいに、狂った世界観へ突入するのか……。

──と思いきや、この絵にはモチーフがあるようです。

これはどうやら、冨樫先生の出身地である新庄市のお祭りに出てくる「山車若連」にヒントを得ているようですね。

2010-01-18 - 『幽☆遊☆白書』~仙水と樹の亜空間~

新庄市のお祭りと山車(だし)については、こちらをどうぞ。

まったく関係はないけれど、我が町・四日市市の大入道くんは、全高9m、からくり人形では日本一といわれているらしいです(関係ねェ!)。

第46回 大四日市まつり 2009 公式サイト

そんなことはさておき、ボスとボスとの大事な一戦の最中に、地元のお祭りネタをはさんでくるという、発想がスゴい! この、急に精神世界を描く表現は、ほかの作家さんではマネができないでしょう。太刀打ちができるのは、『銀魂』の作者くらいかな。

狂気にすら 近い感情

百式観音での攻撃には、両の掌を合わせる動作が必要です。それは明らかな弱点でありながら、王よりも素早い。

ゲンスルー対ゴン戦の直前に、ビスケの特訓を受けたゴンは、反射的に防御する技を身につけました。原理的には同じ事をネテロは行なっているのでしょう。ただし、ゴンよりも何倍・何十倍も動きが速いはず。

拳を通じて相手を知る。バトルマンガではおなじみの、熱い展開です。打撃を受け続けることで、ネテロの修行していた期間を王は見抜きました。生まれて間もない王が、その時の長さを感じ取るのは、やや不思議ですけれど。

予想通りだがな

ネテロの計画には穴が多い。今のところ、下記の条件を満たした敵にのみ有効だと思います。

  • ドラゴンダイブで素直に運ばれてくれる性格で、
  • 打撃による攻撃(百式観音)が効いて、
  • 飛び道具を使わない相手

つまり、もしも「シャウアプフが王」だったら、会長の計画は元から成り立たない。

百式観音の攻撃は「蝿の王(ベルゼブブ)」ですり抜けるはず。いま戦っている半・密室で鱗粉をまかれるのもマズい。それに、そもそも、おとなしく連行されないでしょう。「どうして、私が人間達(あなたたち)の言うことを聞かなければならないのです?」などと拒否する姿が目に浮かぶ。

また、モントゥトゥユピーの「爆発」なら、百式観音の掌打を食らいながらでも、反撃ができるでしょう。

そう考えていくと、会長が勝てそうなのは、「黒子無想(テレプシコーラ)」での攻撃が間に合わなかったネフェルピトーくらいです。ただ、ピトーのオーラの量と発想の応用が利くところ(「玩具修理者(ドクターブライス)」でブレーキ)からすると、まだまだ奥が深そう。

──というか、百式よりも高速に放てる技、例えば「目から光速でビームを出せる」という能力者が王か護衛隊にいたら、「アウトーー !!」だったと思う。

詰める もんなら 詰んでみな

王の分析どおりだとすると、すでに「詰み」を待っているだけの状態で、ネテロは王の余興に付き合わされているようなものです。しかし、ネテロも戦いを楽しんでいる。──なぜか?

百式の零という切り札をネテロは持っている。おそらく、この技(技なのか?)こそが、計画の要(かなめ)なのでしょう。

ネテロの自信からすると、これまでの打撃とは根本から異なる攻撃かもしれませんね。──ただ、そうすると、一撃目で使わなかった理由が分かりません。あの「壱乃掌」を放った瞬間が、王に一番スキがあったと思います。

もしかすると、いまの場所でしか使えない技なのでしょうか? または、発動に時間がかかる技かもしれません。

[2] このページの一番上へ戻る