• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 72 ページ 「文句と一喝」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 10 号)

20091027 - kitchen - GEDC0449 - wiretapping (by Rev. Xanatos Satanicos Bombasticos (ClintJCL)) (by Rev. Xanatos Satanicos Bombasticos (ClintJCL))

「今週号から急に描写・性格が異なっている」シリーズは、まだまだ続きます。今回はまず、岩瀬がコロッと変わっていました。

岩瀬からすれば、素の自分を出しただけ。しかし、それにしたって急に変わりすぎです。服部も面食らっているのでは。

──そういえば、「面食い」と「面食らう」とで、意味がまるで違うのはなぜだろう?(関係ねェ!)

人気マンガ ですね

「MONEYS」が新妻エイジだと服部から聞かされても、岩瀬はアッサリとした反応です。服部が言うとおり、作画してもらえる 最高の作家をつけてもらったのに……。

言うまでもなく、岩瀬に自信がある(ありすぎる)から、こんな受け答えになるのですね。「私の実力からすれば、これぐらいの待遇は当たり前だ」と岩瀬は思っているのでしょう。

このツンツンした表情が、岩瀬の素の顔ですね。連載が通るまでは、服部の前で猫をかぶっていたワケです。よくよく岩瀬の言葉を拾ってみると、やっぱり素直に話している。これまでは「服部の言うことに素直」だったのですが、いまは「自分の気持ちに素直」に話す、という違いはありますが……。

ますます 楽しみですと言っている岩瀬の表情は、素敵に不敵です。なんとなく、夜神月に似てきているような……。もしかして岩瀬の急変は、「デスノートを拾ったから」ではないでしょうか。自分が以前から言っているように、服部はリュークっぽいし──

──! 見吉! 見吉は無事か !?

福田組の力

サイコーからの報告とお礼を聞いて、亜城木夢叶の連載のことを福田は知りました。福田はあえて、連載会議の結果を雄二郎に聞かなかったのでしょうか?

なにげない福田の言葉ですが、亜城木夢叶 復活 !! は深いです。おそらく、福田の考えによると、「ジャンプ」のマンガ家は連載をしていてナンボなんでしょうね。充電・休載中は、死んでいるに等しい。──つい最近まで永い眠りについていたマンガ家さんが、最近は毎週連載していて嬉しいです。

エイジが 2 本目の連載を始めると聞いた、福田の顔がスゴい。なんだか二流のザコキャラのようにも見えます。福田って、こんなに目つきが悪かったっけ? これまた、「今週号だけキャラが違う」感じです。

やる気満々ですね

『+NATURAL』の下描きを、連載が決まる前からエイジは仕上げてある。その意気込みはいいのですが、連載が決まったあとで、あらためて練り直したりしないのでしょうか? エイジだったら、たとえ 1 話まるごと話が変わっても、すぐに描き直せるからいいのですが……。

そんなエイジのやる気を、福田は知らない。どうやら、雄二郎をはじめとする編集者たちが、ムリヤリ描かせていると思ったようです。なるほど、普通に考えれば、その結論になるのか。

一瞬は驚いてもすぐに消化して「そういうことか」と納得してしまう亜城木と、師匠がオトナたちの食い物にされていると早とちりする福田との、温度差が面白い。最近とくに、サイコーとシュージンは冷めすぎ、福田は熱すぎ、という感じですね。

なんかズルいっスよね

亜城木夢叶の仕事場は、今日もコント劇場です。

──いやいや、このダラケっぷりはヒドい。気持ちは分かるけれど、連載に向けての準備は何もしないつもりでしょうか。もうすでに、大御所作家のような余裕です。

とはいえ、アシスタント探しにかけずり回るのは港浦の仕事だし、あせってもいいアイデアが出るものでもないし、これはこれでいいのか──な?

ヒドいと言えば、シュージンが輪をかけてヒドい。見吉家へアイサツに行く準備をしていた数秒後に、その約束を蹴っ飛ばしています。しかも、やたらと返事の威勢がいい。この場面を読んだときは、「本当は結婚したくないのでは……」と思いました。じっさいに、そうなのかも……。

し 信じられない

この見開きページでは、珍しく吉田の顔が描かれています。平丸と一緒に居るときの吉田は、いつも顔が隠れていたのに……。これまた、今週だけの特別仕様です。

なんだかんだ言って、平丸もキッチリと仕事をしていますね。あれだけ毎回のように執筆から逃げ出そうとしているのに、ほかの作家とほとんど仕事納めの日が変わりません。やはり、新妻エイジは努力の天才ですが、平丸は天性の天才です。

メンドウくさそうにしながらも、吉田はもう 蒼樹紅に アタックしてみたら どうだなどと平丸に言う。それを受けて、なぜかいいんですか !? と平丸は吉田に許可を求める。──ここでもコントが始まっていますよ! 最高に面白かったです。

蒼樹は押しに弱い、と吉田は評していますが、それは平丸も同じですね。吉田にそそのかされれば、なんでも平丸はやる。平丸は、どこまで落ちていくのか……。

この 2 人が男女ではなくて、本当に良かったですね。アブナすぎて、少年マンガでは描けない。──まぁ、すでにアヤしい関係ではありますが……。

[2] このページの一番上へ戻る