• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 72 ページ 「文句と一喝」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 10 号)

Matchbox Real Working Rigs Wrecker (by DioMakr) (by DioMakr)

オノレの邪悪な願いを早くかなえるために、平丸は乾杯しようとしています。

あれ? 平丸はご自慢のポルシェを運転してきたはずなのに、飲酒運転ですか……? ジャンプ誌上でまた、謝罪が載るのかよ……(また?)。

──と思って前のページを見てみると、デザインからして、お茶かジュースのペットボトルのようです。ああ、良かった良かった(ペットボトル入りの焼酎とかあるよね)。

乾杯しましょう

ようやく、福田が集会を開いた意図が語られました。エイジはなぜ、2 本目の連載を始めようとしているのか。その理由を聞き出すために、これだけの人数を集めたわけです。──福田にしては、回りくどい気がしますケド(話の都合上だろうね)。

エイジの人気に目を付けた編集部が、ムリヤリに 2 本目を描かせようとしている。それを福田は心配して、この会合を開いた──のかと思っていました。

実際には、福田が 2 本連載に反対する理由は、1 本駄目になっても 保険があるって事だから、とのこと。福田の言い方からすると、『CROW』の人気が落ちてきたから、安全策で連載を増やした、と思っているのでしょうか。

シュージンの発言がイタダケナイ。岩瀬に負けたくないから、(人気作家の)新妻エイジには作画をして欲しくない、という……。これは、マンガ家としては最低の発言なのでは? 最近の亜城木夢叶は、本当に応援する気にはなれません。

死に急ぐな…

蒼樹は以前から、編集側の作為に対しては、真っ向から戦う姿勢を見せてきた。近ごろはカドが取れてマロヤカになってきた蒼樹ですが、この場面ではキリッとした表情を見せています。戦う女性は美しい!

どアホウな理由でエイジの作画をイヤがっていたシュージンと違い、サイコーは正面から戦う意思を見せました。おお、これでこそ主人公です。だんだんとスイッチが入ってきた、という感じでしょうか。亜城木の 2 人が本格的に燃え上がるのは、連載が始まってから、ですかね。

編集に乗せられたから、エイジが 2 本も連載をすることになった、と福田は思っている。それは当たっているのですが、エイジが自ら進んで連載を目指したとは考えていないようです。

どうやって話を切り出そうかを、クールな表情でエイジは考えている。エイジのモノローグが読めることも、珍しい。この場面は、メチャメチャいいですね! 頭から服部が生えていることも含めて(←認識が間違っている)。だれか、このコマをソックリそのままコスプレしてくださいっ!

文句があるなら

本当にエイジは格好いい! マンガを誰よりも愛し、そして人にも優しくできる。ここに集まった全員の士気を上げるために、エイジはワザと憎まれ口をたたいたのです。そして、僕は 描きたいから 描くんですというのは、心の底からの本心でもある。素晴らしい!

エイジのオシカリを聞いて、だな、と福田が素直に受け取るのもグーです。たしかに、ここまで言われたら、面白いマンガを描いて応えるしかない。

もしも、ここでエイジが「じつは服部さんに……」などと普通に説明をしていたら、ほかの参加者は納得ができても、モチベーションには結び付かなかったでしょう。

岩瀬といいエイジといい、服部の思ったとおり──いや、それ以上の働きをしています。個人個人が自分のやりたいことをやっていて、結果的にジャンプ全体の利益にもなる。──服部のプロデュースが上手であるからですね(なんかもう一人、アフロっぽい人がいたような気が……)。

僕のポルシェで

平丸にしてはストレートに、蒼樹を誘っています。これにはビックリ。スンナリ受け入れる蒼樹も意外でした。蒼樹からすると、平丸は人畜無害(ペット?)、福田はお兄さんみたいな感じなのかもしれませんね。

──まぁ、お約束のオチが付いたところで、平丸の計画はオシマイです。

でも──、あれ? 吉田からもらったティファニーのネックレスは、そのまま車内に残っているのか。バレンタインデイに蒼樹から(義理)チョコをもらって、ホワイトデイに平丸がネックレスをお返しする──という気が遠くなる伏線なのかも。

いよいよ、見吉の親へシュージンが会いに来ました。

直前の翌日というコマで、12/26 がアップになっていますが、これは間違いですよね。福田組の集会が 12/26 で、アイサツに来たのは 12/27 のハズです。どうでもいいことですケド……。

シュージンは、見吉の両親から歓迎されるのだろうか? マンガ家という仕事がどうこうよりも、最近のたるんでいる態度に突っ込まれそうな気がするのですが……。

[2] このページの一番上へ戻る