• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 74 ページ 「同級生と闘争心」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 12 号)

single's awareness day (by *sean) (by *sean)

いつも超高速で時間が流れている『バクマン。』だから、てっきり、もう『タント』の連載が始まっているのかと思いました。そうしたら、まだ新年会の途中です。これ以上、何を描くことがあるんだ?

この会場ではとくに新キャラの登場もないし、ジャンプの二次会はジャンプでは(大人の事情で)描けないし、面白いことは終わったんじゃないの?

──そんなことを考えていたら、エイジが決めてくれました! いやはや、『バクマン。』はエイジを中心に回っています。まだキモチがフワフワしている亜城木夢叶は、エイジに追いつけるのか?

お開きの時間となりました

久しぶりに新井先生を見ました。そういえば、『チーズおかき』がすぐに終わったため、自分の中では「新井先生のマンガは面白くない」というイメージがあったんですよね。

ところが、連載中の作品(『ハッスルミン A』でしたっけ?)も続いているようだし、ベテランの風格が出ています。たった一作品だけで作家を評価するな、ということですね。『てんで性悪キューピッド』だけを読んで冨樫義博先生を批評する、みたいな感じ。

亜城木夢叶と一緒に新年会へ初参加していた時の、クールは平丸はどこへ行ったのでしょうか。お酒を飲んで、完全にできあがっていますね。

不純な目的のために「福田組」の名前を何度も出す平丸が、組員から追放されないか、心配です。この人は、孤立したら何もできなさそうだからなぁ……。(しゃべってないときの)容姿からは想像ができない、寂しがり屋さんです。

どんなに酔っぱらっていても、直接はグラスに触れない平丸がツボでした。

二次会しましょ

余裕はありますケドと言っているエイジの表情は、最高ですね! 「悪(ワル)」な顔をしています。

このページを読んでいる時点では、エイジが実際にどこまで原稿を仕上げていたのかは、読者は知りません。だから、サイコーとシュージンのやる気を引き出すために、わざと多めに進行状況を言ったのかな、と自分は思いました。

でも、よく思い起こしてみれば、エイジがウソを言ったことはない──ハズなんですよね。いつでも正直に話してきた。いくら亜城木先生のためとはいえ、ウソまでついて挑発はしないと思うのです。

マンガ描くのが 楽しいんです !! ──エイジは、あれだけ毎日毎日マンガを描いてきて、こう断言している。おそらく、演技でも何でもなく、心の底から出た言葉でしょう。人間、そこまで何かに夢中になれるものなんですね。自分も見習いたい!

では シィーユー アゲインです

ウタゲは終わりました。

どこまでが計算なのか、どこまでも天然なのか、すべてをウヤムヤにしてエイジが走る! それに続いて福田組(平丸を除く)も帰ろうとしていますが──ハイヤって呼ばないと来ませんよね。このあと、会場の外で福田組の面々が並んでハイヤを待っている図、が思い浮かびました。

ひとまず、服部が考案した「エイジを使って亜城木たちのやる気を引き出す大作戦」は成功のようですね(平丸を除く)。最後のエイジのセリフは、演技だったらアカラサマすぎますが、本心だったのが良いです。

吉田にもらったネックレスを平丸は返していますが──もったいない! いつかだれかに渡す機会があるかもしれないのに。これはもう、蒼樹(と岩瀬)のことはあきらめた、という宣言でしょうか。

平丸と吉田との会話は、親友同士のようです。いや、もう兄弟みたいな感じですね。世話焼きの兄と、世間知らずの弟、というところでしょうか。普通の編集者は、こんなに親身になって作家のメンドウを見ないでしょうね。

新アシスタント

今回もまた、ひと言の説明でしか、高浜は出てきませんでした。いいキャラクタだし、個人的に好きな人物なので、もうすこしだけ扱いが良かったらなぁ……。

シュージンは服部の態度に疑問を持っている。気持ちは分かりますが、ちょっとコドモっぽい発言です。

新年会での、たったあれだけのことで、服部のことを冷たいと思うとは、シュージンらしくないですね。『タント』のアイデアが出てこないから、イライラしているのかも。

いちおう、亜城木に対して服部はアイサツを返していたし、「たまたま岩瀬のところへ行く途中だった」とも見えました。新年会では多くの人と会うのだし、いまの担当でもない作家とそんなに長く話せないでしょう。

サイコーはサイコーでドライすぎるから、シュージンとのコンビはバランスがいいですね。

ちゃんと寝てるのか?

エイジが服部のことを哲さんと呼んでいることに驚きです。じつは、2 ページ前で平丸も同じ呼び方をしていました。いつからそんな呼び名になったんだろう? マンガ家の間で、W 服部の呼び方を決める会議でもあったのでしょうか。

雄二郎が帰ったあとで、エイジが服部を呼ぶシーンは、なんだかドキドキしました。アフロがいたらできない話って、なんなんだ……?

[2] このページの一番上へ戻る