• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 74 ページ 「同級生と闘争心」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 12 号)

kiosk (by loop_oh) (by loop_oh)

なんだかんだいって、『ラッコ 11 号』は順調に続いていますね。

自分の中では、『ラッコ』のモチーフとなった作品は、『ボボボーボ・ボーボボ』だと思っています。『ボーボボ』は一時期ものすごく好きでした。ちょうど、『DEATH NOTE』とコラボレーションをしていたころです。その『ボーボボ』も、後半はヒドイ印象しか残っていない……。

『ラッコ』のアニメ化は喜ばしいことですが、だんだんとグダグダになっていかないか、心配です。すべては、吉田氏の「アメとムチ」がカギを握っている……。

モチベーションが ないんです

昨日はスルーしてしまいましたが、平丸の席には、蒼樹紅の写真がたくさん貼ってありますね……。この写真は、どこから仕入れたのだろう?

以前、福田が蒼樹の連絡先を聞こうとしたときに、雄二郎は拒否しました。まぁ、当たり前ですよね。社会人としてのルールです。吉田だって、同じ反応をしたはず。

ということで、平丸のやる気を引き出すために、吉田が蒼樹の写真を入手した──とは考えられないのです。平丸の性格からして、「写真を撮らせてください!」と頼んだとも思えない。ということは──、

「もしかして: 盗撮」── !?

吉田は、平丸から長髪ナルシスト野郎と言われても、平然と受け入れています。──器、デカ! というか、平丸だから許したのかも。この 2 人のキズナの深さは、異常です。

ナルシシズム全開のロン毛といえば、平丸にも当てはまる。平丸と吉田は、よく似たコンビなんですね。

置いてかれるな

シュージンが危機感とアセリを背負っています。なんだか、遅いような気もしますが……。しつこいくらいにここで書いていますが、最近の亜城木夢叶は、「ずっとたるみっぱなしのターン!」という感じがする。

担当の港浦からして、後は天命を待つしかない、などと言っています。それも分かりますが、すでに決定しているネームも再チェックする、という余地はないのでしょうか?

そういえば近ごろの港浦は、根拠なく励ますことをやめたんですね。いまが港浦の素なのでしょう。パッと見は、服部っぽいんですよね。セリフも考え方も。ところが、服部が言ったことだったらスンナリと納得できるのに、港浦だと冷たく見えてしまう……。

あっ 負け…

今日も山久は、静河流の家でゲームをしています。第三者から見たら、とても仕事をしているようには思えない。しかし、山久と静河との距離は、着実に近づいていますね。ついでに、山久のゲームの腕も上達しているのが、笑えます。それくらい何度も静河の家へ通った、ということでしょう。

こんな根気のいる接し方は、港浦にはとてもできないだろうな──と思ってしまう……。

山久が帰った直後に、ジャンプをすかさずチェックする静河に萌えました。やっぱり、ほかの成功者が気になるんですね。

ただ、エイジ・岩瀬と静河では、作風が違いすぎるから、「読んで学ぶ」ことはできないでしょう。静河流の持ち味を生かしたまま、ジャンプで連載するには、どうしたらいいのか……。山久の中では、何か作戦があるのでしょうかね? 「少年誌らしく、表現を和らげる」なんてヌルすぎるし。

──ところで、ちょっと静河のことを調べようと思ったら、なんと! Wikipedia では静河流も山久も記述がない !!(2010-02-24T23:13:21+09:00 現在) いや、以前はたしかに書いてあったハズなんですよ。誰だ、消したのは !?

バクマン。 - Wikipedia

おはよう ございます 大変です

折原が息を切らして仕事場にやってくる。この場面は、『さよなら絶望先生』に出てきた「遅刻した生徒が、教室に着く直前にだけダッシュする」というネタを思い出しました。わざわざ、走って来る必要はないんですケド。

亜城木夢叶の仕事場は、いままでは見吉だけがサワガシイという感じでした。最近はカヤもおとなしくなってきた──と思ったら、折原が盛り上げ役を引き継ぐようです。そう、誰かウルサイ人間がいないと、ちょっと暗い職場ですよね。

昨日の感想では、高浜はたった一コマの登場と書きました。しかし、ここにもいましたね。でもなんだか「解説役」みたいな感じで、空気と化しているなぁ……。いまは高浜の充電期間であって、また連載を目指している──と思いたいです。

完璧だな

本ちゃんでも『+NATURAL』は 1 位ですよ ぶっちぎり! これは予想どおりですが、相乗効果で『CROW』も 3 位以内かと思ったら、4 位に下がりました。

いつも気になるのですが、『CROW』の上にいるマンガは、何でしょうか。『ONE PIECE』は確定として、もう一つが分からない。実際に人気があるのは、『BLEACH』と『NARUTO』のどちらだろう。それとも、違うマンガを想定しているかも。たとえば、『いぬまr ──ないない、あり得ない。

もう、『誰?』というくらい、港浦が素の表情です。服部の無表情が、港浦に伝染(うつ)ったのでしょうか。できたら編集者としての能力も、港浦に身についてくれたらなぁ……。

[2] このページの一番上へ戻る