• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 75 ページ 「新居と新連載」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 13 号)

marca (by alvazer) (by alvazer)

今週号は急展開の連続です。誰もがビックリするようなデキゴトが、最低でも 2 つはありました。

とくに 2 つ目──ラストのコマは衝撃的です。これってもしかして、例の「権限」をエイジが発動する予告なのでは? いや、そんなハズはないと思うケド……。

もったいないマンション

引っ越す前の部屋はいいモノです。自分がいまいるこのアパートの一室は、前の部屋よりもせまくて「えー、こんなところで暮らすのかよ……」と思ってしまいました。しかし、現在の圧迫感と比べると、越してくる前は広々としていたなぁ……。

別荘や別宅を持っている人は、この「本格的に生活する前の、広々感」が何度も味わえるのでしょうね。ウラヤマシイ……。と思ったけど、そうか、ホテルや旅館で何泊かすれば、似たような気分になる──のかな? 旅行をあまりしない自分には、よく分かりません。

このページでは、すでに「結婚 3 年目」みたいなシュージンと、幸せいっぱいのカヤとの温度差が気になりました。この 2 人は以前からこんな感じですが、シュージンがドンドンと「追い込まれている」感じにならないか、心配だな……。

手伝うってば

シュージンとカヤの気持ちの差は、言葉にもよく表われています。2 人とも目の前に迫り来る予定のことを語っているのに、カヤはすぐ 現実に戻るとシュージンに突っ込んでいる。幸せすぎて、現実味が薄い状態なんでしょうね。

ジャンプでの新連載と結婚・ゼイタクな新居──いい事ずくめのハズなのに、シュージンの顔は浮かない。そんなことでは、幸せを逃すぞ! ──と思いました。

しかし、シュージンは、自分の実力で新連載の『タント』を成功させて、カヤを幸せにするために、プレッシャを感じているのでしょう。そのためには、浮かれてばかりも居られない。どうしても現実的になってしまうんですね。

担当を ねじ伏せる作品

折原は、すっかりと亜城木夢叶の仕事場になじんでいます。自称・人見知りの激しいサイコーと、元・無口キャラの高浜だけだったら、重苦しい職場のままでした。カヤも落ち着いてきたし、折原が来てちょうどいいバランスです。

このページを読んでいる時点では、「高浜は、ひがみキャラが定着したのか……」と思いました。そのせいでトラブルが起きるのでは? と心配半分・期待半分です。どうなることやら……。

ギャグで押すべき

速報の結果しだいで、2 つのパターンを描き分ける。──そう考えている作家・編集者は多いでしょう。しかし、サイコーとシュージンは、ネームだけではなくてペン入れまで仕上げている! これにはものすごい意欲を感じました。人気を取るために、いろいろと考えているんだなぁ……。

高浜からすれば、あまり いいやり方とは 思えない。『BB ケンイチ』と『タント』との作風の違いを指摘しているワケですね。なるほど、そうか……。

高浜は冷静に、亜城木夢叶のことを思って意見を言っている。それで安心しました。けっして、港浦のせいで自分の連載が打切りになったことのヒガミを、シュージンにぶつけているワケではないのです。正直なところ、そうなってもオカシクはないと思う。

描きたいものを 描いてないん じゃ、と心配をしていたり、高浜は優しくて良い性格をしていますね。彼も早く、ジャンプの舞台に上がってきて欲しいです。

ファンタ爺の方で いい

まったくハキのなくなった港浦から、速報の結果がきました。なんとも、微妙な順位です……。いや、ビミョウどころか『+NATURAL』よりも下の順位なので、シュージンからすると「負けた」と言ってもいいでしょう。

なんだか、『疑探偵 TRAP』が『CROW』の順位に追いついたころが、大昔のようです。あれは、ユメマボロシだったのか……。いや、そんなハズはありません。まだまだ連載は始まったばかりだし、今後の巻き返しも期待できる──といいなぁ……。

これがまた、サイコーが倒れて以来、なぜかすっかり態度が悪くなって、やる気もないまま描いて順位を落とした──のなら分かるんですよ。でも、そうじゃない。入院の前後で、サイコーの気力は変わっていないのです。むしろ、鬼気迫るくらいでした。

そうなると、いまの亜城木夢叶の順位は、そのまま 2 人の本当の実力なのか、と思ってしまいますね……。

[2] このページの一番上へ戻る