• 更新:
  • 投稿:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 75 ページ 「新居と新連載」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 13 号)

canopy bed (by ellesil) (by ellesil)

読者側は「○○先生(の作品)が好きだから、一生ついていく!」という気持ちで作品を読むことが多いですよね。

ところが、作家側は「固定のファンを大事にする」という考え方はすくないのでは。すくなくともサイコーとシュージンは、そんなことを意識しているようには見られない。編集部の中でも、年齢層だけで読者を見ているようです。

(シュージンはともかく)サイコーは「ジャンプで人気のマンガを描いてアニメ化を狙う」のだから、一番読者が多い層に向けて描いたほうが良い気がします。──いや、『ONE PIECE』『BLEACH』『NARUTO』が好きそうな年代(中高生?)は激戦区なので、それよりも子どもの層を狙ったのは、正解かもしれませんね。

岩瀬に 負けちゃった

『+NATURAL』が人気を取っているのは、新妻エイジのネームと絵が良いから、という部分が大きいでしょう。それでも、シュージンとカヤからすれば、「岩瀬に負けた」という感想になる。サイコーも表情が優れません。

ストーリーと ギャグは違うとはいえ、どうしても『疑探偵 TRAP』が好調だったことを思い出してしまいますね。『この世は金と知恵』や『TRAP』で亜城木夢叶のファンになった層が、離れていくのでは……。

このページで高浜は、落ち込むシュージンたちをフォローしています。これにはちょっと安心しました。

てっきり、港浦のせいで打ち切られたウップンまじりで、高浜は「独自の理論」を長々と話したり、「もっとこうしたほうがいい」と忠告が多くなって、サイコー・シュージンとの間が険悪な空気に──という展開を想定していたのです。高浜がねじ曲がった根性じゃなくて、良かった。

形崩さないように

長い間、港浦は無表情でハキのカケラもなかったのが、急に B ダッシュしている。港浦にしてみれば、ギャグマンガで 5 位を取るのは上出来なんですね。

浮かれている港浦を見て、服部はなにやら考えている。「あの亜城木夢叶が 5 位で満足するはずがない」と思っているのでしょう。──この流れは、『TRAP』の時にも見ました。港浦は、まるで成長していない……。

サイコーが考えたとおり、港浦は「打ち切られないこと」を最優先に考えているのでしょう。自分が好きなギャグマンガで長く連載することこそが、港浦にとっての成功──なのかも。

信じられなーい

今週号の『バクマン。』には、予想外な展開がいくつもありました。本来であれば、この 2 ページ先・岩瀬の登場からが急展開でしょう。しかし、自分には、この見開きページも意外でした。

シュージンが不機嫌な理由は、カヤが購入したベッドがエロかったから──ということだけで 2 ページも使っている! 一コマ一コマの情報圧縮率が高い本作品からすると、信じられないくらいノンビリとしています。まぁ、たまにはいいか。

それにしても、ちょっとこの時のシュージンはよく分からない。ベッドのことくらいで、荷物をほったらかしにするくらい、機嫌が悪くなるものでしょうか。しかも 2 日間もずっとです。こんなササイなことで怒るなら、これから先、夫婦ゲンカが何度も起こりそうですね……。

ほら 素敵じゃない

カーテン付きのベッドを見て、ラブホっぽいとシュージンは感想を述べています。──が、こんなベッドはラブホテルには置いていないでしょう。足が弱そうだから、すぐに壊れそう。──どうして壊れるのかは、みなさんへの宿題です。

カヤのセンスに任せていると、イエス・ノー枕みたいなモノでも、喜んで置きそうですね。たしかに、シュージンが止めたほうがいいかもしれません。

どちらかが一方的に決めずに、ジャンケンで決める。そういうルールを早いうちに決めたのは、非常に良いことです。これからずっと、シュージンがジャンケンに負け続けそうな気もするケド。

ご結婚 おめでとう ございます

ここで岩瀬が登場ですよ!

個人情報の開示に神経質になりがちな昨今、よくカヤの家族はマンションの住所を教えましたね。というか、見吉の実家の電話番号を岩瀬が知っていることもコワイ。高校時代の卒業アルバムに電話番号が載っているのでしょうか。

岩瀬がここに来た理由は明白です。しかし、自分からは本心を告げずに本当に 祝福したかった だけなのでと言うところが心憎いですね。シュージンには、そのほうが余計に印象深い。

ソトヅラだけはキレイなままで、ココロの中はマックロな岩瀬の真骨頂が見えてきました。これからさらにエスカレートしていくことを期待──しましたが、それはなさそうです。なぜなら、岩瀬の心はすでに──。

[2] このページの一番上へ戻る