• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.299 『再生』 (週刊少年ジャンプ 2010 年 14 号)

At Peace (by Vermin Inc) (by Vermin Inc)

いやはや、今週号はスゴかった!

あまりにもスゴすぎて、「作者はくる──クレイジィになったのかと心配しました」(英語だと許される不思議!)とか「少年誌に載せる内容ではない」という感想をウェブ上で見かけたほどです。

HAHAHA! 何をおっしゃる! 昔からこうですよ!(最近の読者は『レベルE』を知らんのだろうな)きっと作者は、心の底から楽しみながら、ペンを走らせたことでしょうね。

ますます、「キメラアント編」がどう終わるのか、ますます分からなくなってきました。すでに終わっているような、これから始まるような……。今回、「新しく生まれた生命」がどう動くのかが見どころですね。

不吉な全て

シャウアプフはともかく、あのモントゥトゥユピーが泣くとは、よっぽどのことです(プフは玉座の間で踊りながら泣いていた)。ユピーにとっては、生まれて初めての涙でしょう。

そういえば、護衛軍以外のアリたちは、何人か「人間だったころの記憶」を持っています。過去の記憶を懐かしんだり、苦しんだり……。護衛軍の 3 人には、人間(ユピーは魔獣)だった記憶はあるのでしょうか? そして、王は?

ついでに以前から不思議だったことは、「キメラアント一体につき、人間は一人」で成り立っているのか、ということです。

アリたちは、明らかに「人間 +動物・魔獣」の姿をしていますよね。そして都合よく、同じ動物キャラは 2 人以上いない(ハズ)。これは、「女王がいままで食してきた動物たちの遺伝子情報と、人間とが合成された」と解釈できます。たまたまカメレオンと相性のよかった人間が、メレオロン(旧ジェイル)になった、と。

そうやって考えていくと、何百何千と食われていた人間の中から、たった一人だけが一種の動物と交わったのか、という疑問がわいてくる。つまり、たとえばメレオロンには、何人かの人間と何匹かのカメレオンとの「遺伝子と記憶・魂」が合わさっているのではないか、と思うのです。

このあたりを突き詰めていくと、それだけで一本の作品にできそうだし、少年誌で描ききれるのか、という問題も出てくる(冨樫先生ならできるだろうけど)。要するに、「キメラアント一体には、人間と動物・魔獣のペアが、一対ずつ組み合わされている」と見たほうが良さそうです。そうしないと、いろいろ混乱する。

──と書いてすぐに思い出したけど、レオルって「ライオンだったころの記憶」のほうが色濃く残っていましたよね。そうなると、「ライオンだったころと、人間だったころの記憶が混ざり合う」という状況が起こるのでは……。うーん、これ以上は、考えないようにしよう……。

息がある !!

王は生きていた! しかし、ほとんど「息をしている(だけ)」という状態です。いまの王の姿を初めて見たときは、とてもショックでした……。

そして、どうやったら助けられるのか、ユピーと一緒に考えたのです。ネフェルピトーのいる宮殿までは遠いし、なにより王の治療をジャマするでしょう。それこそ、本当に「ゴンが王を討つ」ことになりそうです。

私が王を 救う !!

モラウの「監獄ロック(スモーキージェイル)」をすり抜けるほど、プフの「蝿の王(ベルゼブブ)」は自身を小さく分散できる。それならば、どんな敵であろうと「体の内部から破壊できる」のでは? と思っていました。今回の描写を見る限り、それは可能そうですね。

ところがプフの分身能力を、治療のために使うとは思いも寄らなかった! プフ自身も(作者も?)、いままで考えていなかった事でしょう。

プフの細胞によって癒やされる王と、王を抱くユピーの姿は、まるで「天使と赤子」のようです。つい数分前までは、ともに化け物のような容姿をしていたのに……。

このように、同じキャラなのにまったく別の印象を持たせる見せ方は、冨樫先生の真骨頂です。ほんの数分・数秒前とは、ガラッとイメージが変わる。『幽☆遊☆白書』の仙水忍と樹には、シビレタなぁ……。

そしてそれは、現実世界の人間と同じです。いつでも同じ印象の人間なんて、そうはいませんよね。でも、冨樫先生くらいに「キャラクタを 120% 動かす」ことができないと、人物の印象を急に変えようとしたって、「キャラ違うやん!」と読者から突っ込まれて終わりです。

えもいえぬ 美味…

現在の王は、目が見えなくなっているのでしょうか。自分が「妖精の霧(ミスト)」をどうやって味わっていて、「材料」がなにかを分かっていないように見えます。

そんな瀕死の状態で、久しぶりのレアモノを食しているのに、まるで料理マンガのような「解説」をするとは──さすが、王のカンロクです(そうか?)。

王の御言葉を聞いたプフは、まるで『ハチミツとクローバー』に出てきそうな顔をしている。──あ、というかひょっとして、「作画協力: 武内直子(奥様)」なのでしょうかね?

さすがにこの絵柄と演出は、キャラ崩壊だろう──と思ったけど、そう、自我が崩壊するくらいにプフはうれしいのだから、これはこれで良いのです!

こちらも 御賞味 下さい !!

まだまだ「何のマンガやねん!」のターンは続く……。

ユピーの「アイデア料理」に嫉妬するプフの表情と解説・王の実況は、料理マンガ全開です! くっ… 考えたな ユピー !! というセリフなんて、料理マンガのノリそのままで笑いました。

「天使の雫」を出す直前の、プフの表情も最高ですね! カワイらしすぎる。

この上ない至高 !! 極上の歓び !!

ごく普通に見れば「沙汰の外」としか言いようがない場面が続くわけですが、素晴らしい! こんなの、正気と狂気の堺を何度も行ったり来たりしていないと、描けないですよ。

──いや、作者は、ディスティ・ノヴァ教授の境地に立っているのでしょう。

この世に 「正気と狂気」など 無い
あるのは 一千の貌(かお)の狂気 だけです

すべての精神状態は 狂気の別々の側面に すぎない
自己追求の 極限の果てに 限界を超えた 自由の地平がある

銃夢 8』 p.117

これこそが

さて、プフとユピーは、種の頂点 女王の域に到達したようです。王もまた、死と再生を経て、母の愛を知ったことでしょう。仲間はずれになりそうなピトーも、コムギを護る一心で、母親のような愛情に近づきました。

これは──どうなるんだ? ほんの少し前までは、(ごく一部を除いた)全人類を抹殺する悪魔が 4 体いたはずです。それが今では、種の頂点から全体を優しく見渡す、無償の 愛を学んだ。

いや、まだこの「種」というのが、人類を含む全生命体のことなのか、キメラアントだけを差すのかが分かりません。ネテロに対して王は、やはり人間は食料として見なしているように言いました。その考えが根本的に変わったのかどうかは、これからですね。

それにしても、ものすごい話です。全人類に害をなす悪魔として生まれ、人間の悪意という爆弾を食らって死にかけた王が、同じく悪魔たちの自己犠牲によって再生し、ともに愛を歓びを分かち合う──。何をどうやったら、こんな話が描けるのか、想像を絶します。

──などと言いながら、「これって『ラストハルマゲドン』だよなぁ」とも思ったのでした。

ラストハルマゲドン - Wikipedia

[2] このページの一番上へ戻る