• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 77 ページ 「大好きと否定」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 15 号)

鬼怒子 (by Shenghung Lin) (by Shenghung Lin)

身近にいる人が、悪い方向へ変わってしまう。──それが一番の恐怖だと思います。以前にも何度か書いた覚えがありますが、何度も書きたくなるくらいに、こわい。

『バクマン。』という作品は、人物の描写をコロコロと変えてくる。イケスカナイ人間かと思っていたら、面倒見のいいアニキ肌だったり。一見すると女性にモテなさそうなストーカ体質かと思いきや、──いや、なんでもない……。

サイコーやエイジ・福田あたりは、初登場のころはとくに印象が悪かった。ぱっと見は別人のようです。ところが、彼らを長い間見ていると、そんな一面があっても不思議はないな、と思えてくる(人間だもの)。

現実世界の人間も、印象なんてガラッと変わるものです。それでも根っこの部分は「三つ子の魂百まで」なハズ。

それがとつぜん根本から変わってしまったら、周りの人間はとまどうしかありません。──最近のシュージンが、まさにそんな感じに変わってしまったんだよなぁ……。

真城くんも ありがとう

電話で相談してくれたことに、亜豆はキチンと礼を言う。このあたり、カワイらしいですね。

このブログでは亜豆のことを「ヒロインにはふさわしくない」などとカラカッテいますが、なんだかんだ言って、亜豆が一番オンナノコしています。オトコノコの感情をくすぐるのがウマい、というか……。お母様の教育のタマモノでしょう。

亜豆も、もうオトナと言ってもいい年齢になったとはいえ、ちゃんと 愛は育ってるなんて、なかなか言えないですよ。恋愛の経験がまったくないハズの亜豆が、こういった言葉がスラスラと出るとは……。

子どものころから声優にあこがれていた、という亜豆のことだから、なにか影響を受けたアニメ作品があるに違いない。おそらく純愛ものでしょう。その作品のことは、いつか語られるのでしょうかね。──ああ、そうか。たぶん、サイコーと亜豆の結婚前夜あたりに、そのエピソードが出てきそうです。

大丈夫 なのよね?

せっかく亜豆に励まされたのに、シュージンを見ていると、なかなか「『タント』をやめる」とは言い出せない。サイコーのもどかしさを感じます。

シュージンは、「打切りにならないこと」だけを考えている。──なによりも、その事実がサイコーにとってショックです。かつて、一緒に燃えていたシュージンは、どこへ行ったのでしょうか……。

カヤとの会話は楽しそうだし、言葉は軽快なのだが、あり得ないくらいシュージンの顔がやつれている。見ていて痛々しいですね……。カヤが普通に接しているのは、シュージン(とサイコー)にツラい思いをさせないためでしょう。よくできた奥様です。

気持ち 分かるよ

シュージンは、港浦と同調(シンクロ)している。そう、「打切りをさける」「ギャグを描く」というのは、港浦の好みなんですよね。いつの間にか、シュージンは港浦のために作品を描いている。

そして、人気を取るためなら、バトル方向へ進むこともシュージンはためらわない。『疑探偵 TRAP』の時には、自分の色にあった「バトル」を描こうとしていました。しかし、いまのシュージンにはそんな工夫も思いつかないのでは……。

──と思っていたら、さらにギャグを増やすように、というのが連載会議での結論とのこと。『BB ケンイチ』は、ギャグマンガでもないのに笑いを増やして失敗しましたが、『タント』はギャグマンガだから笑いを強化してオーケー、ということですよね。──そ、そうかなぁ……。

現在の『タント』がどんなマンガになっているのかは分かりませんが……。発明品のアイデアを磨く(中高生・オトナ向け)とか、悪の組織の登場人物たちにもスポットを当てる(アンチヒーロー派・BL ファン向け)とか、いろいろとファン層を増やす努力をしたほうが良いと思う。

おじゃま します

相変わらず、山久と静河はゲームで対戦をしている。他人から見れば遊んでいるようにしか見えないけれど、少しずつ二人の仲は深まっているんでしょうね。

──よく考えたら、静河流も 24 時間ゲームをしているワケはないし、対戦ゲーム以外も持っているでしょう。つまりは、山久が来る時間帯だけ、対戦ができるゲームをやっている、ということです。

ここで、ワザとネームに気がつかなかったフリをする山久は、お見事! 港浦だったら飛びついて、原稿だけ持ち帰っていることでしょう。そしてもし連載会議で落とされたら、また振出しに戻るだけです。港浦も作家も成長しない……。

この場面では、見てもらえないままのネームが、ちょっとカワイそうに見えました。「静河が」というよりも、ネームが寂しそう。『バクマン。』を読んでいると、ネームの大切さがよく分かるので、ネームに感情移入してしまいました。「読まれないネーム」──なんだか詩的なヒビキです。

結婚式 2 日前

カヤと亜豆の会話は、「のび太の結婚前夜」を思い出しました。

のび太の結婚前夜 - Wikipedia

「結婚前夜」といえばお父さんですが、そういえばカヤの父親は全然出てきませんね。以前の登場で最後にするには、もったいないキャラです。いまのシュージンを見たら、カヤのお父さんはさぞかし心配することでしょう。

ただ、いまのシュージンに必要なのは、心配してくれる人ではなく、自分から描きたい作品を描く意欲です。エイジのライバル宣言にも心を動かさなかったシュージンは、いったい、何で目が覚めるのか……?

[2] このページの一番上へ戻る