• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.301 『記憶』 (週刊少年ジャンプ 2010 年 16 号)

Oh, what the hell... (by hebedesign) (by hebedesign)

このマンガだけは、展開が予想できませんね!(同じ事をほかのマンガの感想でも書いている気がする)

1 話ごとにひとつひとつ、石ころを積み重ねていくかのように話をつなげていくのですが、どっこいここはサイの河原なのでした。「犬のお面」をかぶった鬼がやってきて、ガラガラと石(いままでの展開)を壊していく……。「ケケケ」と笑いながら。

正直、今回は面白すぎて脳がフットーしそうですが、同時に「どうするんだ、これ……」と思ってしまいました。作者は話を終わらせる気は、ないのかな……。だとしたら──ものすごくうれしい!

明らかに…… !!

ネテロ会長の命を犠牲にしてまで王に負わせた傷は──完治してしまった。いや、爆撃を受ける前よりも強大な力を持ったらしい。

これは、ほとんど忘れかけていた、「相手のオーラを食して自分のものにする」という王の能力(体質?)のおかげですね。──オーラだけではなく肉体まで回復するのは、ちょっとズルいなぁ、と思ったケド。

モントゥトゥユピーとシャウアプフが、「女王の域」である「無償の愛」に目覚めた場面は、それはそれは大絶賛したものです。作者はきが■るっとる、と。そして、あの時の王は「赤子のよう」な姿だったため、こんな終わり方を思い浮かべたのです。

「──ということで、王・メルエムと護衛軍の 3 人、そして王のきょうだいは、みんな仲良くひっそりと暮らしました。めでたしめでたし。──キメラアント編・完──」

まぁ、コムギはどうするとか、カイトは無事なのかとか、モロモロの問題を「回想シーン」でまとめて、(おそらく連載ごと)終わるのだろうな、と。

ところが、全然まったくミジンもそんな終わらせ方にはしないようです。振り出しに戻った、どころか、余計に王がパワーアップしてしまった。「フリーザがトランクスを倒してしまった」みたいな感じです。──ど、どうするんだ、コレ。

先程の料理

プフには、分身がまだまだいる。王が望めば、本体さえもプフは差し出すつもりでしょう。最近は利己的な行動が目立つプフですが、あくまでもそれは「王のため」なんですね。

さて、プフは分身を「召し上がっていただいた」ため、またもとの姿に戻れると思います。しかし、単身のユピーは、今後も小さいままなのでしょうか。もしも見た目どおりの強さになっているとすると、いまのユピーは、護衛軍を名乗るほどの戦力は持っていないはず。

それとも、「大量の食料」──つまりは人間を食いまくることでユピーが元通りになる、という場面を作者は描くつもりなのか……(やりかねないよなぁ)。

御記憶が… !?

ここに来て、王に記憶喪失フラグですよ! そう来たか !! 今週号の『めだかボックス』とネタがカブっとるという気もしますが、気のせいです。

自分の名前が「メルエム」であることは覚えていたり、小さくなったユピーは初対面のハズなのに見た瞬間に認識 できたり……。なんだか都合の良い記憶のなくし方です。

そして、プフ自身がおそらく 爆発の衝撃による 一時的な記憶障害だと意見を述べている。にもかかわらず、コムギを殺って しまえば 後は どうとでも なるのです !! と思っています。これはすこし、甘い考えではないでしょうか。

現に、王は一対一で 戦っていた、と軍儀(ぐんぎ)でのコムギとの対局を思い浮かべている(ネテロの記憶はカケラもないのか……)。これは、コムギを思い出すのも時間の問題なのでは?

すぐにでも 飛べる

メルエムに翼が生えたのは、プフとユピーのオーラを食ったからでしょう。どうやら、相手の能力まで自分に取り入れられるらしい。──オーラを食べたのだから「念能力」を取り込める、のなら分かるのですが、運動能力や体質をコピーできるのは、どういう道理なのでしょうかね。

万次:
「てめーはウズラを 1 羽喰うごとに背中から羽根がはえてくんのか?」
メルエム:
「え、うん……」
万次:
「そうか」
メルエム:
「……」
万次:
「……」

それはさておき。ミニユピーとプチプフ(命名: オレ)が、メルエムのシッポにしがみついている場面、最高にカワイらしいですね。プフはウマい具合に空気抵抗を受けにくい場所にいますが、ユピーはモロに風が当たるはず。──そうか、腕力はかなり残っているということか……。

ひょっとして、体の大きさが変わっても強さはあまり変わらないという、『ドラゴンボール』に出てきた魔人ブーの変化ビームと、同じルールかもしれませんね。

いない… !? どこへ !?

宮殿に戻ってきたプフ(の分身)に、ナックルの「天上不知唯我独損(ハコワレ)」とメレオロンの「神の共犯者(かみのきょうはんしゃ)」とのコンビ技が命中です。この場面は、さまざまな謎をワレワレに与えてくれます……。

まず、対ユピー戦の時と同様の問いかけになるのですが、「『神の共犯者』によって『攻撃されたこと』自体を認識できないハズなのに、なぜ吹っ飛ぶのか」。──これはもう、マンガ的な「絵の表現」だと思うし、そもそも「ダメージ 0 で体が移動した」で通るでしょう。

次に、「プフの本体と王がポットクリンを視認できたのはなぜか」。これが一番ヤッカイな話で、この状況でメレオロンが息継ぎをして「神の共犯者」を解除するとは思えないんですよね。たったパンチ一発分の「貸し付け」くらい、すぐに「返済」されてしまうでしょう。

ムリヤリにひねり出した考えは、「攻撃を認識できないのは分身だけで、本体には『神の共犯者』の効果がおよばない」。く、苦しいですね。そもそも「分身を殴った分の貸しが本体に加算される」というメカニズムが、どこまで有効なのかが分かりません。

そう、そもそも、ナックルの一撃でたったの「233 オーラ」のダメージしか貸し付けられなかった、というのがオカシイ。死闘をくぐり抜けたナックルは、おそらく力を増したハズ(少年マンガ的に考えて)。

いかにも虚弱そうな外見に見える、さらには(たぶん)「堅(けん)」をまとっていない、しかも分身でしかないプフが、万全の体制で待ち構えていたナックルの一撃をまともに食らって── 233 オーラ。これはどう考えても、すくなすぎます。

もしかすると、しょせんは分身だから、プフの本体を殴るよりもダメージがすくなく計算されるのか? その変わりに「神の共犯者」の効果は届かない、ということかも。

この目で見ている…

パームの発言も謎めいていますが、逆にひとつ気になっていたことの答えが出ました。

「まゆから目覚めた」ばかりのパームは、キルアに対してゴンの居場所をたずねます。このことから、「目覚める前に見た者のことは、視(み)えない」と思っていました。ところが、今回のパームの発言によって、それは却下されます。

つまりあの時は、「ゴンは視えるけれども、それが宮殿のどの場所なのかが分からない」だけだったんですね。──ということは、やはり、「いまのノヴの姿」を視たから、パームはノヴのことを話題にしないのかも……(女って……!)。

ここでもう一つの疑問が出てきました。プフの「本体」と「分身」を、どうやってパームは「認識」しているのだろう。いまのところは、プフは 2 体だけになっているようです。それなら「テレビのチャンネルを変えるように」して、視られるでしょう。でも、分身が何千何万となったら……?

同じような事は、イカルゴがフラッタの能力「衛星蜻蛉(サテライトンボ)」を使っているときにも疑問に持ちました。複眼ではないイカルゴは、どんな風景を見ているのか……。

人間がモノを見るという行為は、ただ単に眼球に映った光を感じる、というだけではありません。脳が目などから受け取った情報を、どうやって処理するのかが重要です。脳の分解能が低かったこ原始人には、光景がモノクロに見えた、という説があるらしい(要出典)。

ということで、パームやイカルゴが複数の対象を「どう認識しているのか」は、われわれ非・念能力者には分からないでしょうね。それは、想像する楽しみとして取っておきましょう。

王は… 生きていた !!

さて、問題はここからです。あと数分で宮殿へ到着する王を、討伐隊はどうするのか。

その前に、プフの策略抜きで、生物統一こそ 唯一無二の目的と記憶が戻ったメルエムは思うのでしょうかね。やはり、コムギの存在が重要になってきそうです。

ゴンとピトーがどうなったのかも気になるし……。だれだ、「キメラアント編も終盤」なんて言ったのは!(オレオレ) 何一つとして解決していないし、もしかすると始まってもいないのでは……。

ゴレイヌ:
「オレ達の戦いはこれからだ!」

「長い間 ご愛読ありがとうございました。冨樫先生の次回作にご期待下さ

そんな終わり方はイヤだぁあ!(なぜゴレイヌ?)

[2] このページの一番上へ戻る