• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.304 『魔法』 (週刊少年ジャンプ 2010 年 19 号)

Winking Bambi (by Delicious Monster)

今回は、各キャラクタの現在位置が、見開きのページで描かれています。よくもまぁ、こんなにも同時進行の話を描けるものだ……。

このマンガの場合は、人物がいる場所は非情に重要です。ある人物とある人物が現時点で出会うとマズかったり、あるいは遠すぎると話が進まなかったり。どこぞのマンガみたいに都合よく瞬間移動してきませんから、配置を決めるだけでもタイヘンでしょう。

作者の頭の中では、いったい、何手先を決めてからネームにするのでしょうかね?

2010-04-14T18:39:52+09:00 ごろ、パームの能力について本文に追記しました。

戻って 来た… !!

前回までの会話からすると、討伐隊の切り札は、メレオロンの能力らしい。今回のナックルのモノローグと合わせると、「神の共犯者」で接近して王に「天上不知唯我独損(ハコワレ)」を仕掛ける──、となりそうです。

──それだけだと対ユピー戦と同じことだし、メルエムを「飛ばす」までの策はあるのだろうか。さらに、ネテロ会長とメルエムとの戦いを見て分かるとおり、オーラなしでもメルエムに勝てるかどうか……。

もう一つ分かったこととして、王を狙うにはプフの ポットクリンを 解除する必要がある。つまりは、ポットクリンは一体しか出せないようですね。意外と、初めて出てきた情報のハズ。さすがに、これだけ強力な能力だけあって、何体も出せたらオカシイですよね。

あと気になるのは、イカルゴの役割です。「死体と遊ぶな子供達(リビングデッドドールズ)」に使えそうな「材料」を探していますが、特定のキメラアントを決めているわけでもない。いまさら雑兵を操っても意味がない気がしますが……。

一体どう なってんの

パームの能力・「淋しい深海魚(ウィンクブルー)」の詳細が説明されました。どうやって「視えて」いるのかが不思議でしたが、ようやく分かってスッキリです。

TV 画面を分割して見ている感じは、脳がかなり疲れそう。──と思ったけれど、ゲーマだったらすぐに慣れるかも。「風来のシレン」シリーズや FPS など、同時に複数の情報を見ながらプレイしますからね。

また、「なぜ、パームはゴンの居場所をキルアに聞いたのか」の疑問も、今回で解決しました。以前に自分が推測したとおり、「ゴンの姿」を見ただけでは、場所が分からなかったからでしょう。宮殿内の見取り図は把握していても、部屋の内装を斜め上から「視て」いるだけでは、どこか分からなかったはず。

HUNTER×HUNTER #293 『変貌』 彼女の殺意 : 亜細亜ノ蛾

繭から「生まれた」あと、パームがノヴ(の今の姿)を「視た」かどうかは、まだ不明です。いまのパームに「視」えるのは「ゴン・キルア・プフ」の 3 人分ですが、もともとは「ノヴ・ゴン・プフ」だったかもしれない。ノヴの姿にガッカリしたあと、キルアを右目で見たのでは、と思ったり。

「パームは現在のノヴに幻滅説」を、しつこいくらい自分は言っています。じつを言うと、本心では「パームとノヴは、姿が変わっても、ずっとお互いを求め合って欲しい」と思っているんですよ。パームがノヴを捨てる場面を見るのは──、ツラい! だから、ショックを吸収するように、逆の説を唱えています。

2010-04-14T18:38:36+09:00 追記

スミマセン! 致命的な見落としがありました !! 下のように、パームはハッキリ言っているじゃないですか! これは恥ずかしいミスです。

もし右眼だけで もう 1 人誰かを 見てしまったら 古い順…まずプフが 「視」えなくなる…

──ということは、パームは繭から生まれたあと、初めて「ウィンクブルー」の能力を手に入れた。そして、右眼だけで見たのは、次の順番でしょう。つまり、ノヴを「視」ることはできなかったはず。

  1. プフ: 繭になる前
  2. キルア: あの廊下
  3. ゴン: ペイジンへピトーと向かう直前

ところが、もう一つの面白い説を思いつきました。

そもそも、「ウィンクブルー」の能力を身につけていない状態では、王や護衛軍を見たあとで、あの「人魚」が必要になります。でも、ビゼフ長官に怪しまれないように持ち込む必要がありますよね。さて、パームはどうしたか?

──たぶん、パームの「たいない」(なぜか平仮名)に、あの水晶付き人魚を入れていたのでは。そしてそのまま繭にされたため、生まれ変わった時に一体化したのです! けっこう、当たっていそうな感じ。

この説が正しいとすると、パームが人魚を「取り出して」ノヴを見られた可能性はゼロではありません──、が、これ以上の推測はこのサイトの品格を著しくファッ■しかねないので、このへんで……。

文字通り ひねり潰せる

パームがプフをこのまま 「視」続ける必要は ないかも、とキルアが言っている。これは、ちょっとキルアにしてはヘンな気がします。

まず、直後にパームが気がついた、プフの分身に惑わされ ないというメリットがある。

そして、それよりなにより、プフ・ユピー・王の 3 人の動向を同時に「視」られるのです。これは大きい。右目で王を直接に見たほうが早そうではありますが、一番目を離せないのは、プフです。

ありがと

キルアがパームに礼を言う場面はいいですね! 久しぶりに、キルアの「年相応」な顔が見られました。

仲間には礼を言わない、というのはキルアの持論です。以前には、イカルゴにも同じことを言っていました。仲間だから助けるのは当たり前──、とはいえ、たまには感謝の気持ちを伝えてもいいと思いますケド。

ところで、このところ「きれいなパーム」のターンが続いています(「きれいなジャイアン」的な意味で)。でも、パームは初対面での容姿と性格が強烈でしたからね……。いつか、「あの」パームに戻るのでしょうか。それとも、初期の(鼻が高すぎる)パクノダみたいに、「なかったこと」にしたりして……。

参考(?): なんと「きれいなジャイアン」がフィギュア化されて販売決定 - GIGAZINE

ポケットに 忍ばせたまま

asiamoth が所有している携帯電話は、いまだに SH900i である……!(ゴゴゴゴ……)

この携帯電話を購入する予定を書いた記事なんて、2005 年の正月ごろですからね。しかも、最近になって本体だけをヤフオクで落札して、SIMカードを入れ替えて使っている、という……。どんだけ好きなんだよ! という感じですが、操作感が変わるのがイヤなだけです。

2004年に一番売れた携帯はどれ? : 亜細亜ノ蛾

なぜ自分の携帯電話のことを書いたかというと、SH900i は「閉じた状態」では電話に出られないからです。ネフェルピトーは、どんな携帯電話を持っているのだろう? 「HUNTER×HUNTER (No.22)」 p.187 でピトーがレオルに電話をかけていますが、いまいち形状が分からない。

──あ、そうそう、ついでに「ピトーが音を聞く耳は、どっち?」というのも、上記の場面ではウマく隠しています。「猫耳」で聞いているとすると、ジマンの聴覚で聞き取ったか、電話の形が異常に長いか、どちらかですね。

プフ殿…?

なぜコムギが !? ──と、また作者にダマサレる。ページをめくった瞬間は、本当にドキッとしました。

このシーンは、いろいろとツッコミどころがあります。

まず、まったく前置きなしにシャウアプフが「他者に変身」しているのは、ちょっとズルい気がしますね。「蝿の王(ベルゼブブ)」で「プフの姿」以外になったことは、一度もなかったはず。せめて、「武器に変身する」とか「壁と同化する」みたいな描写があれば良かった。

次に、声帯レベルから声をマネられるほど、コムギのことをプフは観察していたのでしょうか。──まぁ、ここでは、音質が悪くなる電話越しの声なので、「似ている」程度でもピトーに魔法はかけられたのでしょうね。

カイトを 治せ

もう、だいたいの事情は分かっていましたが、ハッキリとピトーに言われると、ツラいですね……。

ここからラストまで、ピトーの心情がイマイチ読めません。

ここに来てようやく、カイトと戦う場面と、そこにゴンがいたことを、ピトーは思い出している。おそらく、いままではカイトのことなど、ピトーは考えていなかったと思う。王の命令が最優先で、ゴンのことも「やっかいな障害」としてしか認識していなかったはず。

だから、ピトーがゴメンね、と言う気持ちが分からないのです。

ゴンがお願いを 聞いてくれたから、その分だけはピトーも正直でいようとする。それは、ピトーの本心だと思う。しかし、以前のピトーであれば、コムギが開放されたと思った時点で、ゴンを殺していたはずです。そうしなかったのは、王やユピーと同様の心境の変化でしょうか。

もしかして、ピトーは本心から謝っているわけではなく、形だけの言葉なのかも。宮殿を出発する直前に、気持ちがこもっていない表情で、ピトーを信じるとゴンは言いました。その仕返しなのかも。いずれにせよ、なんとも罪深い謝罪ですね……。

オレが

ウェルフィンからの電話を切った瞬間から、ゴンと一緒にいる理由も、ゴンを生かしておく意味も、ピトーにはない。また、ゴンには先ほどまでの気力もありません。ゴンの仲間も近くにいない。いまだかつてない、ゴンの危機です。

どう考えても、明るい展開が見いだせないのですが……。

[2] このページの一番上へ戻る