• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.305 『残念』 (週刊少年ジャンプ 2010 年 20 号)

Veronica Sawyer (by s.o.f.t.)(黒子──ホクロが特徴的なブライス人形)

先週号のラストはツラかった……! 「もしかして、主人公が■ぬのか?」と思ったものです。まだ園女は消えていないけれど……。

今週号の冒頭でも、まだツラい描写が続いていました。人ひとりの命は、それほどまでに重いのです。「たかがマンガだろ」といって笑う人は、現実世界でも泣けなかったりする。

とはいえ、ものすごくいいところで──ネテロの回想シーンを入れてくるような作者なのです。どんな超展開が起こってもいいように、心して本編を読みましょう……。

オレが カイトを

カイトは死んでいた。

──読者からすれば、もう、とっくに気がついていたはずです。自分も、たぶん治せるような状態ではないな、と思っていました。

それでも、今のゴンの姿を見ると、いたたまれない気持ちになります。まだ十代前半の彼が背負い込むには、あまりにも重い……。

もう一度、カイトがネフェルピトーと戦った場面を思い出してみる。たしかに、ゴンとキルアをかばったせいで、カイトは戦う前から片腕を失いました。でも、万全の体制で挑んだとしても、カイトがピトーに勝てたかどうか……。

だから、ゴンがそこまで「自分のせいだ」と思い込まなくても良いはずです。──いま、この瞬間に、そう言ってあげられる人──、キルアがいないことが、何よりも痛い!

助けて… くれるのかな

ピトーが「玩具修理者(ドクターブライス)」を出した時には、ドキッとしました。え、治せるの !? と。結果は、ご覧のとおり……。

この治療の場面は、いくつも残酷なスパイスが利いています。

まず、カイトの描写がヒドい。

あまりにも素っ気なく、無造作に、粗末に、ゴミのようにカイトを描いている。ここに『SKET DANCE』のボッスンがいたら「なんだよこれ、ワカメかよ!」とツッコミを入れるはず。それくらい、「生きていた者」ではなく、「物」のように描いています。たぶん、わざとそうしているのでしょう。

次に、ゴンを普通の少年のように見せています。

親しかった人の死を受け入れられない。──子どもとしては当たり前の反応を、ゴンにさせている。ほんのすこし前まで、宿敵を圧倒していたゴンなど、見る影もありません。連載開始当初のゴンですら、もっと大人びていました。このまま「壊れて」いくのかな、と不安になります。

そして、たんたんと自分の腕を治すピトーの冷たさ。

振り返ってみると、ピトーはずっと「いかに王の命令を忠実にこなすか」しか考えていなかったワケです。前回、ピトーはカイトの状態を正直に話しました。しかし、それすらもゴンの心をくじくための作戦かもしれない。そう思わせるくらい、ピトーからは冷酷さを感じる。

そう、ネフェルピトーはつねに、キメラアントだった……。読者が──自分が勝手に、人間らしさを求めただけだったのです。

なんでこんな事に !?

パームはゴンとピトーの様子を話す。それを聞いたキルアは、コムギがいるからピトーは 逆らえないはず、と考えました。キルアもパームも、まさか、ここに来て「カイトは治せない」とは予想もできなかったのでしょうね。

ちょっと思ったのが、「本当にピトーはカイトを助けるつもりだった(助けられた)が、手遅れだった」という場合は、ゴンとキルアはどうしたのだろう? その場合でも、「カイトを殺した仇」として、ピトーに戦いを挑んだのかな……。

立場逆転 ですね

この交渉は、シャウアプフのミスですね。ゴンとピトーに起こった異変は、プフのせいだと自分から言っているに等しい。その彼にコムギ──人質を渡すなんて、なんの取引にもなっていないのです。

ただ、本当にコムギと引き換えにして、ゴンを救えた可能性はありますね。

コムギをプフに渡しても、小さな分身が一匹では、どうすることもできない。ある程度の分身を集める必要があるわけです。分身を集めて攻撃する──その時間差のうちに、キルアの「電光石火」で大ダメージを与えられたかもしれません。

もちろん、実際にキルアが取った行動は、グーです! カッチョイイ…… !! キルアとパームのコンビも、しっくり来ていますね。──これって、将来はキルアとパームがコムギを養っていくフラグ?

オレが行くまで 待ってろよ !!!

ピトーにも、ユピーのような心変わりを期待したわけですが、それはムリでした。しかし、ゴンを殺すことを残念だけど、と言うのは、ピトーの本心でしょうね。ゴンが勘の鋭さを見せなければ、ピトーはゴンを放っておいたのかもしれません。

ただ、「ゴンを生かしておきたい」と思うピトーの気持ちは、ただ単に「壊れたオモチャ(カイト)の替わり」だったりして……。

何だ これは

さて、今回のラストですが……。ものすごく「週刊少年ジャンプにありがちなこと」な展開で、逆にビックリしました。まさか、『H×H』でこう来るとは……! まぁ、どちらかと言うと「スーパーサイヤ人」よりは、『劇場版エヴァンゲリオン』を思い出したケド。

ネテロもゴンも、すべてを振り絞って敵に挑むところは同じです。はたして、ゴンのありったけは、ピトーに届くのか……。

「ジャジャン拳」の「グー」によるダメージの大きさは、何度も強調して描かれてきました。しかし、あの素早いピトーに、どうやって当てるのかが問題です。ここで急に、「瞬発力を強化する能力」にゴンが目覚めるのでしょうか。

あるいは、最後のページのシルエットを見ると、「髪の毛が伸びた」みたいに見えるんですよね。ということで、「頭髪を強化して戦闘に役立てる能力」だったりして(パーム「……」)。

ピトーの「黒子無想(テレプシコーラ)」がどんな能力なのか、いよいよ見られそうです。もしかして、「黒子」だけに、「相手のオーラを高速でパスする」能力とか?(ないない)

ピトー:
「教えといたげるわ 黒子無想の出る速さ (パン!) ……届いた? 今の五百倍や」
ゴン:
「なん……だと…… !?」

[2] このページの一番上へ戻る