• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 82 ページ 「ヒントとベスト」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 20 号)

Sticking [佐原の町並み] (by d'n'c)(トラックが突き破った──ワケではない、と思う)

今週号の『バクマン。』は、ほとんど「平丸の回」と言ってもいいくらいでした。

サイコーとシュージンは、いつか新妻エイジと競い合う日が来るでしょう。アンケートの票で、エイジを抜くかもしれない。

しかし、それでも、新妻エイジという天才の「才能に勝つ」ことは、亜城木夢叶にはできないと思う。才能のある作者が描いた作品が、人気のある作品になるとは限らないのです。

そして──、新妻エイジよりも平丸一也のほうが、「天才度」では上だと思う。平丸、恐るべし!

笑いだ

さんさんシュージンを苦しめた、『走れ! 大発タント』のギャグ出し。それなのに、またここで笑いを求める服部を見て、ちょっと信じられませんでした。

ところが、これまたいつものように、服部の話術なんですよね。「上ァげェ~てェ、落とし~て、それから上ァげ~るゥ~~~♪(演歌調)」(作詞作曲: オレ)

いきなり、亜城木夢叶に笑いを求めるような発言をして、服部に対してやや反感がこもった注目をさせる。そのあとで、キチンと意図を説明する──という、見事なまでの人心掌握術です。服部には「(イカサマくさい)あの始解」など不要なんですね。

シリアスな 笑い

服部が言う笑いを 取りにいかず 笑わすというテクニックは、いわば落語のようなものでしょうか。落語家は、面白い噺(はなし)であればあるほど、真剣な表情で淡々と語るようです。──まぁ、自分は一度も落語をキチンと見たことはないですケド。

ここから港浦は脱落していきます。サイコーとシュージンは、服部の話について行っているのに……。

おそらく、港浦が好きなお笑いは、いわゆる「エンタの神様」系の面白さなのでしょう。なんというか、「ヘンな口調と動作で妙なことを言えば、面白いだろう」という感じ。

新妻エイジに 勝てる

シリアスでしか 出ない笑いを、港浦は徹底的に理解できていない。これだからこの人は……。

とはいえ、たぶん、同じ感想の読者がいることを想定して、港浦を読者役にしているのでしょう。このサイコーの説明は、かなり分かりやすかった。

注目なのは、サイコーが去年のジャンプを取り出していることです。──つまりは、『ラッコ 11 号』のコミックスは、この仕事場にはないということ……。いやいや、同じ「福田組」として、サイコーとシュージンは個人的に単行本を購入して、自宅に置いているのでしょうね! さすがっ!!

ああ これは 笑った !

このページを開いた瞬間、本当に声を出して笑いました。自分でもビックリするくらい、「ぶふっ w」という、キモヲタ乙! な笑い声が出て、ちょっとブルー……。

あきらかに、『DEATH NOTE (3)』に収録の「page. 23: 激走」に出てくる、夜神局長と同じ行動をラッコ人間がしているワケです。だから笑えた……のか?

この場面を見た読者の多くは、『デスノート』を思い出して笑ったのでしょう。しかし、平丸は知っていたのか? あの平丸が、わざわざ他人の描いたマンガを読むとは思えないのです。だから、自分で考えてこの場面を描いたのではないか。

かりに平丸が『デスノート』を知らなくても、担当の編集者である吉田は熟知しているはず。ひょっとすると、吉田のアイデアなのかもしれませんね。マンガの案について吉田が手助けをする場面は、劇中では一度もありません。しかし、さすがに「天才平丸」とはいえ、何らかのアイデアをもらっているのでは……。

それよりなにより、もしも、『デスノート』を知らない読者がこのラッコ人間の突入を見たとして、笑えるかどうか。

──自分の中で「脳内読者」を作り出したところ、笑えたと思う。『デスノート』好きな読者ほどではないけれど、真剣なラッコ人間の姿に、すこし笑って・たくさん応援する。

後半でもう一度語りますが、初連載のマンガを(ボイコットの時を除いて)休むことなく、アイデアに詰まることもなく、トーンも使わず、平丸は二年間も描き続けているのです。──天才すぎる……!

大きく分けて 2 パターン

あのエイジですら、『CROW』の初期では、福田やサイコーの意見を取り入れていました。あの場面のやり取りを読めば分かるとおり、エイジも計算して描いているんですよね。自分はエイジを「努力型の天才」と思っています。努力の結果、とんでもなく早くネームを考えられるのでは。

「天才型の天才」である平丸のすごさは、計算じゃないという点に尽きます。

──まぁ、「平丸がネームを考える場面」が出てきていないだけで、本当は時間ギリギリまで悩んでネームを描いているのかもしれませんが。

とにかく、そんな天才たちと同じ舞台へ上がるために、シュージンは計算して話を作る。自然ににじみ出る笑いなんて、かなり難しそう……。

[2] このページの一番上へ戻る