• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 82 ページ 「ヒントとベスト」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 20 号)

真武者頑駄無 (Shin Musha Gundam) (by RaymondChen)(「武者」といえば……)

今回は、サイコーとシュージンが武者震いをする場面が出てきます。

武者振いといえば、亜城木の 2 人が新妻エイジと初めて合った回(18 ページ)を思い出しました。大場つぐみさんのネームの段階では、エイジを見た瞬間にサイコーは武者振い(的なもの)をします。小畑健さんの清書でも変わらず(『バクマン。 (3)』 p.46)。

ところが、実際にはエイジを目撃しても、サイコーはすこし驚いただけでした。考えてみれば当たり前です。この時点では、サイコーはそれほどエイジの凄さを分からなかったはず。バトルマンガでもあるまいし、「エイジのオーラ(戦闘力・霊圧・覇気……)を感じて──」とはならないのです。

今回、今度こそ完全に「亜城木夢叶が描くべき作品」が見えてきて、ようやく体が震える思いをしました。それくらい、次回作に可能性を感じているのですね。

これしか ないな

服部は考え過ぎだとケンソンしたり、港浦を持ち上げたりしていますが──、たぶん、ほぼすべてが「計画通り!」に進んだのでは。後半を見ると分かりますが、エイジもやる気全開になっています。

『バクマン。』の世界にあるジャンプは、半分くらいは服部の策略によって作られている──のだったりして。

何かもったいない…

『走れ! 大発タント』の一場面を服部は回想している。──シュージン、シモネタはやりたくないって言ってなかったか? まぁ、下品な表現に頼るくらいに、話のネタが無かったのでしょうね。でもこれ、亜豆や蒼樹・岩瀬が読んで、どう思ったのだろう……。

服部が言うとおり、サイコーとシュージンが今まで やってきた事には 何ひとつ 無駄はない。デビュー作の連載がそのまま続いているという、エイジ・福田・平丸からは遅れているように見えますが、亜城木夢叶はこれからです!

野球の珍プレイ!

港浦ひとりだけが、まったく話について来ていない……。どうしようもないくらい、服部との会話がかみ合っていません。ものすごく不安です……。セリフのセンスを磨くことを思いついた時みたいに、勉強して追いついて欲しいですね。

この場面でも、服部の話術が光っています。

ここまで「亜城木夢叶にはこれしかない!」という空気を作り出しておきながら、これが絶対にベスト だとは限らない、と服部は言う。当然のように、亜城木の 2 人はシリアスな笑いを作る方向を選びます。そう、まるで 2 人が自主的に決めたように思わせるわけですね。

この服部が、まだ「ただの編集者」だというところがスゴい。ジャンプの編集部では、どうやったら出世できるんだろう?

楽しみに してるぞ

シュージンが服部に不信感を抱いている──ように見えて、ドッキリしました。

あれだけ良いヒントをもらったのに、シュージンはどうして不満げな態度なんだ……。と思ったら、服部の行動を冷静に振り返って、そこから次回作へと話をつなげようとしています。なるほど、それは面白い!

おそらく、自分の立ち振る舞いまでもがヒントになるとは、服部自身も思っていなかったはず。シュージンがそこまで頭を働かせなかったら、『疑探偵 TRAP』の続編みたいな作品で終わっていたかもしれませんね。

本当に どっちも 天才タイプ

とうとう『ラッコ 11 号』がアニメ化しました。さすが天才・平丸一也です。初めての連載が 2 年以上も続き、アニメ化になるなんて、ジャンプ作家の何人が達成したのでしょう(ちょっと調べれば分かると思うケド、それをしないのが asiamoth クオリティ)。

平丸の部屋は何度も出てきたと思いますが、こんなに大量にパンダのヌイグルミが置いてありましたっけ? デザインを見ると、「たれていそうでたれていない、すこしたれているパンダ」という感じ。

吉田が言うには、アニメが始まった以上はいかに多く描くかを考えるべき、とのこと。しかし、いつも思うのですが、週に一回しかジャンプ誌上には掲載できないし、どうやって原作のストックを持つのだろう?(これまた調べる気などありゃしない)

だんだんと休めない理由(マンションと車のローンなど)が積み重なっていく平丸ですが、きっと彼のことだから、苦しい苦しいと言いながらもラクラクとこなすのでしょうね。

平丸:
「天才ですから」

──『バクマン。』 (完)──

[2] このページの一番上へ戻る