• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 84 ページ 「ワンピースとサプライズ」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 23 号)

M'lle Mauricia de Tiers' auto bolide thrilling dip of death, poster for Barnum & Bailey, ca. 1905 (by trialsanderrors)
(スリルどころではない)

オトコノコは、悪への道にあこがれるものです。そして、彼らに魅力を感じるオンナノコも多い(asiamoth 脳内調査による)。

──でも、犯罪はダメ。ゼッタイ。

ということで、オトコノコ(と呼びにくい年齢の男性)は、「悪」ではなく「悪戯」(イタズラ)に力を入れるのです。

イ・タ・ズ・ラ──、何とコワクテキなヒビキでしょうか!(でも、悪さをする相手の年齢に気をつけて!)

そんなイタズラをテーマにして描かれた作品は数多くありますが──、どうしても「読者の年齢がやや高め・登場人物の年齢がものすごく低め」という話ばかりです。──それ、「イタズラ」じゃないよ。

もっと純粋にイタズラを描いた、「悪の組織」ならぬ「悪戯の組織」が出てくる、森博嗣先生の『ZOKU』という作品があります。

この作品にも、「シリアスな笑い」が描かれていて、軽~く読めるのでオススメですよ!

──と、なんの記事を書いているのかよく分からないままに、ここからは『バクマン。』の感想を書きます。

試しにもう一回くらい

いつの間にか口癖となったこういうのは どうだろう か? と言いながら、シュージンがイタズラについて話している。──その目がヤバイ。こんなにメヂカラたっぷりで、うれしそうに語るシュージンは、かなり珍しいですね。

このシュージンはまるで──、温室育ちのお坊ちゃまが正義を語りながらも、だんだんと悪へと染まっていく──、という『DEATH NOTE』の主人公みたいです。

昨日の記事では「実際には実行がムズカシイ犯罪よりも、子どもが簡単にできるイタズラの方が、非難の対象になりやすいのでは」という批評を書きました。

──でも、じつは、これは「批評の批評」なんですよね。

前から書いているように、自分は、

「マンガなどの創作物をマネしてケガをしたり、他人に迷惑を掛けたりする人は、バカだ」

──と思っています。そんな人たちのせいで面白い作品を味わえなくなるなんて、無意味にもホドがある。

先週は 9 位

静河流が描く『True human』は、「上半分」の順位に入っているようです。作風が作風だし、初連載にしては上出来だと思う。

ただ、野心家の山久が、今の順位に満足するわけがない。

それにしても──、山久の本性が見えてきましたね。初登場のころのオチャラケタ態度は、演技だったようです。蒼樹紅と話している時にも、切れ味の良い言葉でリードしていました。

いまさらだけど、蒼樹は山久のことを、もうすこし男性として好きになってもいいのにな──、と思う。生理的にムリらしいので、ダメだろうけど。編集者として・男として、山久はかなり「いいヤツ」だと思うんだけどなぁ……。

そんな山久は、意外なことに女性関係の話が出てきません。ジャンプだから──少年誌だけにカットしているだけかもしれませんが、「山久が担当の女性作家に手を出して──」みたいな話がいつ来るか、なんて待っていたのに。

そして今回、山久は、静河をディズニーランドなどに誘っている。──も、もしかして、山久は、おと(以下省略)

もう 20 歳に なったん だよな?

このページが、今週号で一番ビックリしました。

しつこいほどに静河を誘う、山久のシュミに驚いた──のではなく、

「静河流がキャバクラに興味を持っているようです」(某掲示板のスレ風)

という事実に目が飛び出そうです!

ただ、照れるわけでもなく、サラッと言い切った静河は、ちょっと男らしい。逆に女性ファンは喜んだのでは?

まる 1 日 寝てたわよ

寝ていたことよりも、家を空けていたことの方が、カヤとしては気になるハズ。それなのに怒っている描写がありません。ここが不思議でした。

たぶん、「完全犯罪」のあとで始発に乗って帰ってきたシュージンと、ひとしきり心配したカヤとの会話があり、そして大げんかになる──、といったシーンは削られているのでしょうね。

──なぜかというと、そのあとの「濃厚な仲直り」の場面は、ジャンプでは描けないからです! そりゃ、ぐっすりと眠れるよなぁ……。

という、自分でも「おいおいオッチャンオッチャン」という考察ですが、セクシィなカヤの服装を見ていると──、あながち外れていないような気もする。

ハイ がんばって

仕事に向かうダンナサマに対して、応援の言葉をさりげなく言うオクサマ──いいですね! シアワセって、こういうことを言うのです。

この時、シュージンはポリ ポリとお尻をかく。──まさか、後半の伏線になっているとは!(たいしたことじゃないケド)

伏線モドキのついでに、カヤの寝室に忍び込む時には、シュージンは黒いジャージに着替えています。こういう細かい描写がタマラナイ……!

このページを初めて読んだ時には、どんな「完全犯罪」をタクランデいるのか、サッパリ分かりませんでした。サイコーまで話に乗っているくらいだから、カヤを悲しませるイタズラになるはずがない。では──、なんだろう?

[2] このページの一番上へ戻る