• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 85 ページ 「完全犯罪と第一関門」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 24 号)

Sonny, Floating Into Dreamland..... (by ~Jetta Girl~)
(みっともない姿も、カワイければ許される)

改めて考えてみると、亜城木夢叶が出した条件は、あまりにも難易度が高いですね。

サイコーとシュージンのように、

「この雑誌に載っている人気作品と、同じくらい面白い作品を描いたら載せてくれ!(キリッ」

などと言う新人作家が、ほかにいるのでしょうか。

──いや、いない!(反語) ──かもしれない!(二重否定) ──だらう!(文語)

そこそこの人気でも

相田から出た「タマシイの叫び」のような感想からすると──、あまり『KTM』の評価は高くないようですね。それとも、『+NATURAL』や『CROW』が、『KTM』とは比べものにならないくらいに面白い、ということか……。

港浦には港浦の考えがあるのだとは思いますが、上の人間にここまで言われても黙っている──という必然性が、どうも感じられないんですよね。

それに、相田に対する反論──駄目でも 自業自得 ですからという言葉も、使い所が間違っている気がする……。

「自業自得」マニアの吉田からすると、かなりムカついたことでしょう。吉田から港浦への仕返しが心配だ……。

直すところ ないよな

カヤの指摘で、今だにという誤字が、未だにへと直されました。

──が、自分の感覚からすると、低年齢向けの作品だから「いまだに」と平仮名で表記するほうが良い気がします。

さらに細かく見ていくと、1 話目のネームに、俄然 南の事が 気になり出し、というセリフがある。この書き方のほうが気になります。

ランドセルらしきカバンを背負って、給食があるくらいだから、(変わった校則の学校でもない限り)主人公は小学生ですよね。「俄然」なんて漢字を習うのでしょうか? ここは、「急に」が合っている。

──こういう確認は、編集者がするべきことだと思うのだけれど……。

「作者の作風」と言ってしまえば終わりですが、大場さんの描く話には、ムダな部分がほとんどありません。たまに「遊び」が入ったとしても、主人公を中心としたキャラクタをミリョク的に描くため、という狙いがある。

──ということで、亜城木たちと高浜が、

「今度の土曜日、服でも見に行きません?」「いいねー!」

という展開には、絶っっっ対にならない。万が一そんな場面が出てきても、買い物に行った先で、次回作のヒントをつかんだりするはずです。

──何が言いたいのかというと……。高浜が亜城木の仕事場へ来る時の、サイコーと高浜との会話は、どうも冷たい感じがする。お互いに、100% マンガ──つまりは仕事の話しかしないんですよね。

ごくたまに、息抜きの回があっても良いと思います。

たとえば、作中で合併号になる──休みが入るタイミングで、「福田組」の面々が遊びに行く、とか。なんとなくボウリングへ行く流れになって、なぜかエイジが天才的なプレイヤ(ストライク以外は投げられない体質)だったりして。

──あ、「福田組」のメンバが遊びに行くとなると──、また高浜は置いてきぼりか(誘えよ)。

港浦さんの 言った通りだ

高浜は、自分自身を納得させるために、亜城木夢叶の仕事場ヘやってきたようです。そして、サイコーやシュージンが高浜のネームを読んだ感想は、いっさい描かれていません。

さらには、高浜が連載会議へネームを出さない、と決める場面では──、高浜にエンリョしている空気が亜城木たちから出まくりです。

このあたりも、なんだかギスギスした仲に見えるんですよね……。

そういえば、『バクマン。』の作中には、「友だち」という関係や言葉が異常に少ない気がする。蒼樹紅とカヤ・亜豆が友だちになったくらいでしょうか。

『バクマン。』に出てくる男子たちは、

「友だち──というよりもライバル!」

と呼び合うことが好きなのでしょうね。それもまた良し──、と思っておきましょう。

すぐに 追いかけます

亜城木夢叶と高浜とのギスギス感をさんざん書いておいてなんですが……。

サイコーとシュージン・カヤは、わざわざマンションの外に出て、帰って行く高浜を見送っています。これは、なかなかできることじゃありませんよね! やっぱり、この 3 人は、高浜のことを大事に思っているのです!!

──「大事なお客さん」みたいな扱いだけど……。

さて、いよいよ連載ネームを提出する締切日がやってきました。自信満々の表情で港浦は『完全犯罪クラブ』のネームを相田に渡しますが──、

港浦の余裕が、逆に不安を感じさせるんですよね……。

メタな視点で見れば、どう考えても『完全』は連載になるはずです。まさか、連載会議に落ちるとか、そもそも会議にも出せない──そんな展開は考えられません。

問題は、新妻エイジの作品と同じレベルで戦えるかどうかですね。

──ハッキリ言って、『KTM』の元となった『この世は金と知恵』に比べると、『完全』は──インパクトが弱い気がする。あまり前例のない作品だから、面白さの基準が測りにくい。

最初のうちは、『完全』は「今後の展開によっては大化けするだろう」といった評価を受けそうな気がします。はたしてそれが、読者の支持につながるかどうか……。

[2] このページの一番上へ戻る